車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

運転適性検査とは?結果パターンと心がけるべきポイントまとめ

教習所で最初に受ける運転適性検査とは運転に特化した心理テスト!自分が安全運転するために心がけるべきことがわかる重要な検査です。2種類の検査方式や、それぞれの結果パターンに対応する心がけるべきポイントをまとめました。

運転適性検査とは?

運転適性検査(※)とは、自動車教習所に入って最初に行うテストで、「警察庁方式運転適性検査K型」と「OD式(OD型)安全性テスト」の2種類が存在します。どちらを採用するかは教習所によって異なり、自分で選ぶことはできません。

運転適性検査は、運転に特化した性格診断・心理テストのようなもので、自分がどんな運転をするタイプなのかがわかります。導き出された自分のタイプから、どう気をつけて運転すべきなのかが見えてくるという仕組みです。

※免許取得の際の視力検査や聴力検査などの適性検査とは異なります。これらはこの記事では扱いません。

2種類の運転適性検査|結果パターンと心がけるべきポイント

警察庁方式運転適性検査K型

警察庁方式運転適性検査K型の検査は全部で7つ。

検査1~6は運転行動を診断するマーク式テストで、2~3分程度の短時間で終わります。最後の検査7は性格診断を目的とした、「はい」か「いいえ」で答える2択形式テストで、30分程度の時間をかけて行います。

現在はこちらの方式がオーソドックスに採用されているようです。

結果パターン一覧心がけるべきポイント
状況判断が遅い人常にいろんな状況があることを見抜いて、適切な行動をとる
動作は早いけど正確さに欠けている人周囲の状況に気を配りつつ、一呼吸おいて行動する
神経質な傾向のある人バランス良く周囲に気を配りながら、リラックスして運転をする
気分の変わりがある人気分が沈んでいるときはなるべく運転を控え、
気分転換をして気持ちを高めてから運転をする
攻撃的な傾向のある人相手に譲る・思いやる気持ちを忘れないように運転をする
自己中心的な傾向のある人自分の行動が他の人に迷惑をかけていないかどうか、
振り返ってみる癖をつける

OD式(OD型)安全性テスト

OD式(OD型)安全性テストは、1967年に開発されてから現在に至るまで全国の教習所で採用されている方式です。

「運動機能」「健康度・成熟度」「性格特性」「運転マナー」の4つの観点から、4つの運転タイプと88の性格パターンに分類し、その人の安全運転に関する適性を総合的に診断します。 このテストは、「はい」か「いいえ」で答える2択形式で、時間は30分程度を要します。

結果パターン一覧心がけるべきポイント
安全運転をするタイプ自分の考える"安全"を過信せず、さまざまな事態を想定して運転する
もらい事故の傾向があるタイプ複合操作が必要な場面での運転には充分に注意をする
重大事故の傾向があるタイプ自分の運転技術を信用しすぎない
事故、違反を多発させるタイプどんな心構えが大事になるのかを考えながら、
細心の注意を払って運転をする

試験ではないので落ちることはないが…

運転適性検査は、免許試験を受ける前の診断であって、試験ではないので基本的に落ちることはありません。だからこそ、きちんと受けて正しい結果を受け入れる必要があります。

自分の運転タイプや性格を理解した上で、心がけるポイントを意識して日々運転することが、交通安全につながる大事なことなのです。

運転免許取得についてはこちらの記事も

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す