車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【アウディ】ジュネーブモーターショー2019|現地フォトレポート

ジュネーブモーターショー2019のアウディブースのフォトレポート。現地時間3月5日から17日まで開催されるジュネーブモーターショー。現地から届いた最新画像をお届けします。

ジュネーブモーターショー2019 アウディ

世界5大モーターショーの1つ「ジュネーブモーターショー」は、毎春スイスのジュネーブにて開催される大規模な国際自動車見本市です。

アウディは日本未発売のTTSロードスターを筆頭に、A、S、そしてRSシリーズの幅広いモデルの新型を展示。そしてひときわ注目を集めたのは完全電気自動車の「e-tron」シリーズ。
「e-tron GT」だけでなく、SUVモデルの「Q4 e-tron」も展示されました。

アウディ TTS ロードスター

2019年1月に発表されたTTシリーズの上位グレード「S」のロードスターモデル。日本ではクーペのみ販売されています。

アウディ S3 カブリオレ

S3はA3の上位モデルで、日本ではセダン中心のラインナップです。カブリオレタイプは日本未発売で、海外でのみ取り扱われています。

カブリオレの外観は基本的にベースモデルに準じています。ルーフにはソフトトップを使用し、時速50キロ(31mph)までなら走行中でも開閉が可能です。

アウディ Q3 40 TFSI クワトロ

Q3はもともとエントリーSUVとしての位置づけでしたが、よりコンパクトなQ2の発売によって差別化が図られました。

2018年11月にヨーロッパで発売開始された新型Q3はかつてのコンパクトSUVとしてではなく、上級モデルを意識したサイズアップや高級感の付与が施されています。

展示されているQ3はTFSIと呼ばれる高性能エンジンを搭載したモデルで、クワトロは4WDであることを指しています。

アウディ A1 30 TFSI

A1はアウディ車の中で最もコンパクトなボディで、エントリーモデルとして位置づけられています。

2018年に初めてのフルモデルチェンジを遂げて2代目となったA1は、3ドアモデルが廃止され、5ドアモデルのみのラインナップになりました。

なお新型A1は日本での発売が決定しており、2019年夏頃に導入されると予想されています。

アウディ A3 35 TFSI

2018年12月にテスト車両の写真がリークされ、フルモデルチェンジが噂されているA3。

新型A3はデザインだけでなくパワートレインやモデル展開にも大幅な変更が加えられると予想されており、今後に注目が集まっています。

アウディ SQ2

2018年10月にパリモーターショーで初公開されたSQ2は、小型クロスオーバー車のQ2に追加されたハイパフォーマンスグレードです。QシリーズにSグレードが追加されるのは「Q5」ベースの「SQ5」に続き2台目。

デジタルコクピット「アウディバーチャルコックピット」をオプションで選択可能で、車をWi-Fiのホットスポット化することもできます。SQ2の販売は2019年3月26日から欧州で開始しています。

アウディ RS5

RS5はA5ベースに新開発のV6ツインターボエンジンを搭載し、随所に控えめながらも専用ディティールを採用しているスポーツクーペです。

サーキットでも通用する走行性能を持ちながら、長時間のドライブを快適に過ごせる乗り心地を実現しています。

アウディ TT RS

TTシリーズのフラッグシップグレードであるTT RS。ベースグレードである通常のTTの価格と比較すると約2倍の差があります。

2019年2月6日のマイナーチェンジで、クーペとロードスターの2モデルが設定されました。

新型TT RSには立体的なグリルが与えられ、LEDヘッドライトやアルカンターラ製RSスポーツシートを標準装備。最新のバーチャルコクピットも採用されています。

アウディ Q4 e-tron コンセプト

Q4 e-tron コンセプトは、フロントとリアに計2つのモーターを搭載する電動SUVです。

電気自動車ながら最高速度は180km/h、航続距離は450kmを超えると言われています。

アウディは2025年までに12の電気自動車を発売すると語り、Q4 e-tron コンセプトの市販モデルは2020年末にアウディの5番目の電気自動車として発売されます。

アウディ e-tron GT コンセプト

e-tron GT コンセプトは4ドアのEVスポーツカーです。

2018年11月に行われたロサンゼルスモーターショーで公開されたコンセプトカーで、2021年に市販モデルが発売される見込みです。

アウディ e-tron 55 クワトロ

e-tron 55 クワトロはアウディ初の市販EVにして、e-tronシリーズ1台目となるSUVです。

ボディサイズはアウディ最上級クラスのSUV「Q7」とそれに次ぐ「Q5」の中間です。

e-tronシリーズ共通のホイール、「バーチャルエクステリアミラー」などEV車らしい先進的なデザインや機能がふんだんに盛り込まれています。

アウディ Q7 50 TDI クワトロ

Q7は2005年に発表され、アウディのSUVの中で最も古い歴史を持っています。2016年1月に2代目へとフルモデルチェンジし、デトロイトモーターショーで発表されました。

アウディ A8 50 TDI クワトロ

2018年9月にフルモデルチェンジしたA8。欧州仕様には自動運転システム「トラフィックジャムパイロット」が採用されていますが、日本では運転支援システム「トラフィックジャムアシスト」へと変更されたようです。

アウディ A6 40 TDI クワトロ

2019年3月12日に日本国内でも発売された新型A6です。セダンに加えてステーションワゴンの「A6アバント」も同日に発売しています。

新型A6は外装に最新デザイン言語を採用、ボディサイズの拡大やエアロダイナミクス性能の向上などの変更点があります。

レベル3の自動運転機能やバーチャルコックピットといった先進機能も搭載し、今後e-tronモデルも追加される見込みです。

撮影:舟迫 洋平(ピーエイチ・プラス)
文:MOBY編集部

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す