初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【保存版】車の運転免許取得費用まとめ|合宿免許が安い理由も

運転免許を取得の費用は合宿か通学かによっても違います。教習所や自動車学校に比べて安い合宿でもそれなりの費用はかかります。運転免許を取るにあたり貯めるべき費用を取得方法別で総まとめしました。格安合宿免許の検索サイトもご紹介!

車の免許が欲しい!いくらかかるの?

車の免許を取得するには、大まかに分けて「合宿」と「通学」そして「短期通学コース」の3つがあるようです。

合宿は住まいを離れて合宿所で教習を受け、最終日に卒業できる方法、通学は空き時間を見つけて教習所に通い、自分の都合に合わせて試験を受ける方法です。
短期コースは通学ですが、集中的に授業を行うためその分期間を短縮できます。

では、それぞれにかかる費用は違うのでしょうか?相場を見てみましょう。

・合宿免許の相場

免許を取る時期によっても変化しますが、免許取得に必要な入学金、教習費、検定費、免許交付手数料などと、合宿に必要な宿泊費や食費を合わせて20万円から25万円がおおよその相場です。

・通学免許の教習料金

AT免許の場合、教習費や修了検定・仮免許手数料金・卒業検定料金などをすべて合わせると、おおよそ30万円前後が免許取得費用の相場です。

こうして見ると、合宿教習と通学教習では、大体5~6万円程度費用に差があります。

合宿教習の安いものになると、10万円以上違います。なぜ合宿教習は安くできるのでしょうか?

どうして合宿教習は安いの?

合宿教習と通学教習、比べてみるとどうしても合宿の方が安くなります。それにしても、なぜ宿泊費や食費がかかるはずの合宿教習の方が、費用がかからずに済むのでしょうか?

合宿免許が安い理由

合宿免許の場合には、入学から卒業までのスケジュールを教主所が決めることができます。教習所が混雑したり、キャンセルが発生することを避けられるので、教習所も効率よく教習のスケジュールを設定できます。

また短時間で集中して、教習を終えることができるので、生徒の回転が早いということもあります。教習生が早く卒業できれば、その分次の生徒を迎えるのが早くなります。

さらに休み期間や4月などに集中してしまう教習なので、5月から7月、10月から12月などはどうしても空きが多くなります。その空いた時間を、合宿免許で埋めていくという方法があります。

教習時間の管理をしやすく、生徒の回転が速いから、たくさんの人を呼び込めてその分お得になるのです。ちなみに上記のような閑散期は、合宿教習にも人が来づらいため、教習所の方も頑張って更に安くしてくれているようです。

時間に余裕のある方は、その時期を狙えば免許取得費用を抑えられます。


どこよりも安くて条件の良い合宿免許を比較して決めたいという人は、自分の好きな条件で全国50校から教習所を検索でき、「最低価格保証」という、他社よりも高い料金の場合は値下げをしてくれるサービスを行っている合宿免許ドリーム」で探すのがおすすめです。

どうして通学教習は高いの?

通学教習は、合宿教習に比べて宿泊費や食費などはかかりません。自分のペースで教習に通うため、数ヶ月ほどかかることはありますが、費やす時間は概ね一緒です。

なぜ通学した方が費用が高くなってしまうのでしょうか?

キャンセルが発生すると、その分の時間を他の人の教習に充てるということをいつもできるわけではありません。キャンセルが発生すると、効率が悪くなるのは避けることができません。

通学教習の場合には、どうしても用事があってキャンセルをしざるを得ないこともあるでしょう。結果として、教習期間が長くなったり、教習費用が高くなってしまうのです。

通学教習の場合には、1回の教習の時間が短いので、一般的に、1ヶ月~2ヶ月くらいかかってしまいます。教習時間が長くなると、どうしても費用がかさんでしまうようです。

教官のお給料や維持費もかかりますから、仕方ない問題でもあります。

補講や再試験のたび費用がかかる!

費用を貯める上で思わぬ落とし穴となるのが、この「補講や再試験にかかる費用」です。自動車学校には前払いで卒業までの代金を納めるため、スムーズに卒業できれば余分なお金はかかりません。

しかし、学習が追い付かず補講や再試験になってしまうと、最初の金額には1回分のお金しか含まれていませんから、その都度費用を出さなければならないのです。

補講や再試験の場合、費用の目安は以下の通りです。

普通仮免許試験

5,500円(受験料2,850円、試験車使用料1,550円、仮免許証交付料1,100円)

修了検定料 5,000円
(税込5,400円)

仮免許証紙代 1,700円
(非課税)

仮免許交付料 1,100円
(非課税)

補習料・・・普通車 5,000(税込5,400)/二輪車 3,000(税込3,240)

普通車の場合は、再試験や補講にその都度大体5,000円くらい必要になります。

一度ならまだしも、回数を重ねるとかなり痛手です……。

卒業後の本免試験でも、数千円かかる!

入学前は、自動車学校を卒業したら晴れて免許取得!と思いがちですが、実際はそうではありません。卒業が認められたらその資格を持って、所定の免許センター(住んでいるところによって決まっています)で「本免」と呼ばれる最終試験を受けなければならないのです……。

そして何と、その試験にもお金がかかります。一体いくらくらいかかるのでしょうか?

・普通免許試験にかかる費用

3,800円(受験料1,750円、免許証交付料2,050円)

試験に合格しなかった場合には、その都度費用がかかります。こちらも大体4,000円程度用意しておくと良いようです。

ちなみに取得後の更新料は3,000円~4,000円前後ですので、数年に一度は数千円かかることになります。無駄にしないよう、積極的に活かしていきたいです。

入学費用以外にもある程度のお金を用意しておこう!

自動車学校に20万円から30万円のお金を納めた後、さらにお金がかかるかもしれないなんて……と落ち込まれた方も多いでしょうが、1度の試験や補講のたびに教官のスケジュールや車を1台借りるわけですから、決して不当な金額というわけではありません。

一度も補講や再試験を受けない!という意気込みも大事ですが、誰にでもあり得ることですので、念のため余分にお金は用意しておいた方がよいでしょう。

最近の自動車学校は優しい教官が多いですし、1時間1時間丁寧に教えてもらえるので、何回も受けないといけないかも……?と悲観せず、自分のペースで頑張ってください!

格安合宿免許なら「合宿免許ドリーム」で探すのがおすすめ

格安合宿免許を探すなら、どこよりも安い教習所を探せる合宿免許ドリームで探すのがおすすめです。



★「合宿免許ドリーム」の特徴

・他社より高ければ値引きしてくれる「最低価格保証」があるので常にどこよりも格安
AT車最短14日間、MT車最短16日間という最短日数で卒業可能
・全国にある50校以上から教習所を選べる
・「夏休み格安プラン」など、お得なプランを多数用意している
・サイトのデザインがキレイで自分の好きな条件で探しやすい

人気のある教習所は予約が埋まる可能性があるので、選択肢があるうちに予約するのがおすすめです。

免許を取得した後はこちらの記事を要チェック

特別な運転免許に関する記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す