初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

竹内力さんの愛車が意外なあの車|こわもて俳優の車が可愛い!【芸能人の愛車】

多くの男性のあこがれ、こわもて俳優の竹内力さん。『難波金融伝・ミナミの帝王』での鋭い眼と厳ついリーゼントが印象深いです。そんなの竹内力さんの愛車が、実は可愛いって本当なのでしょうか?車好きでも知られる竹内力さんの、気になる愛車を紹介します。

竹内力さんってどんな人?

ご存知、竹内力さんはドラマや映画で活躍する俳優です。意外なことに、俳優になる前は銀行員だったそうで、1986年、スカウトがきっかけでシネマ俳優としてデビューしました。

現在52歳の竹内力さんは、バラエティ番組でも親しみのあるキャラクターでお茶の間を楽しませてくれています。

男の中の男!こわもて俳優の竹内力さん

身長が180cmもある竹内力さん。『難波金融伝・ミナミの帝王』に登場する萬田銀次郎(竹内力さんの代表作です!)のイメージもあり、強い男性という印象を持っている方が多いのではないでしょうか。そして、そんな姿に憧れた男性もきっと多いはずです!

大型免許も持つほど車好きな竹内力さん

竹内力さんは車好きとしてもよく知られていて、普通自動車免許のほかに、大型自動車免許、大型自動二輪免許も持っています。そんな竹内力さんは、どんな車に乗っているのでしょうか?

【竹内力さんの愛車】メルセデス・ベンツML55ブラバス

ミナミの帝王で乗っていたメルセデス・ベンツSL

まずは1台目。メルセデス・ベンツML55ブラバスのようです。竹内力さんといえば件の『難波金融伝・ミナミの帝王』で印象的な車がありました。それは、ブラバス仕様のメルセデス・ベンツSL。そして、それに乗る竹内力さんの堂々たる姿の見事でした。

きっと本人の愛車も黒塗りのSLなのだろうと思いきや、彼の愛車はMクラスの「メルセデス・ベンツML55ブラバス」です。いったいどんな車なのでしょうか?

竹内力さんの愛車メルセデス・ベンツML55ブラバスってどんな車?

メルセデス・ベンツといえば、ドイツの自動車メーカー、ダイムラーが展開する高級自動車ブランド。そのメルセデス・ベンツから発売されていたクロスオーバーSUV・Mクラスに属するのが「メルセデス・ベンツML55ブラバス」です。

550馬力のV型8気筒DOHCエンジンを搭載した同車は、スポーティーな走りをエレガントなスタイルで魅せるところが最大の魅力。それに乗る姿は『ミナミの帝王』というよりは、『紳士』竹内力さんといったところです。

竹内力さんこだわりのブラバスって?

さて、竹内力さんの「メルセデス・ベンツML55」は『難波金融伝・ミナミの帝王』の萬田銀次郎の愛車と同じブラバス仕様になっています。「ブラバス」とは、ドイツに本拠地を置くチューニングメーカーで、メルセデス・ベンツを中心としたチューニングモデルの販売を行っています。

エンジンや内外装をチューニングしたコンプリートカーの販売のほか、自由オーダーでのカスタマイズも手掛けています。つまりは、竹内力さんの「メルセデス・ベンツML55」は高価なメルセデス・ベンツの中でも、さらに高級な「特別仕様」ということです。

【竹内力さんの愛車】マセラティ・グラントゥーリズモ

竹内力さん自慢の愛車、もう1台は「マセラティ・グラントゥーリズモ」のようです。マセラティはイタリアの自動車メーカーであるフィアット傘下の高級車メーカーです。そのマセラティから登場した4シーターの2ドアクーペが、この「マセラティ・グラントゥーリズモ」になります。

竹内力さんにはかわいすぎ?マセラティ・グラントゥーリズモってどんな車?

イタリア車といえば女性的な流線形が美しいものが多いですが、見てのとおり「マセラティ・グラントゥーリズモ」もその魅力を備えています。そして、古典的でありながらもスポーティーかつ美しい同車は、その見た目だけでなく、機能性にも優れているのも特徴。

搭載されているエンジンは、V型8気筒DOHC。4.2Lと4.7Lのラインナップがあり、それぞれ405PS、440PSを誇ります。前後重量配分がほぼ前後等配分とされる理想的なボディから繰り出されるその走りは、「スポーティーカーとはもはや呼べず、スポーツカーそのものなのです。

竹内力さんがマセラティ・グラントゥーリズモに乗る理由

テレビの向こうに映る竹内力さんからは少し遠いイメージのマセラティ・グラントゥーリズモ。かつて竹内力さんはこの車について、自分自身が不器用だからこそ「そのスマートな主張が魅力的に映った」と語っています。

「流線形の美しさを保ちながら、決してヤワには見えない。かといって、ゴツゴツした無骨な感じで周囲にアピールしまくるわけでもない」。これが、彼の思うマセラティ・グラントゥーリズモであり、また、彼自身の目指す人間像なのかもしれません。

竹内力さんがかつて愛した車たち

最後に、これまで竹内力さんが乗ってきた愛車を3台紹介します。

ジャガー

『難波金融伝・ミナミの帝王』でも竹内力さんが乗っていた「ジャガー」。モデル名は不明ですが、竹内力さんにぴったりの歴史あるかっこいい車です。

シボレー・コルベット

「シボレー・コルベット」にも『難波金融伝・ミナミの帝王』で乗っていました。最近のバラエティ番組でのチャーミングな竹内力さんを見ていると、俳優としての、あるいは萬田銀次郎のキャラクターを守るためのチョイスなのかとも考えてしまいます。

もちろん真相はわかりませんが、「シボレー・コルベット」と竹内力さんの組み合わせは、ほかの誰よりも似合っているのではないかと思わせるほどに違和感がありません。

ハマーH2

「ハマーH2」と竹内力さん。これはまたとてつもない迫力があります。かつてアメリカの自動車メーカー、ゼネラルモーターズ(GM)から発売され、GMのSUVらしい走りと、良好な居住性を見事に共存させたのがこの「ハマーH2」です。

類を見ない、良い意味で男臭い唯一無二のフォルムに魅了されたのは竹内力さんだけではなく、世界中の高所得者層から高い支持を得ました。

竹内力さんのイメージと愛車

今回は竹内力さんの愛車を紹介しました。イメージ通りのものもあり、意外な面もありました。「竹内力さんがマセラティ・グラントゥーリズモ??」と思わせますが、蓋を開けてみれば、竹内力さんにとてもお似合いの車でした。

再三触れていますが、最近の竹内力さんには、かつてとは違う魅力が見受けられます。それが本来の姿なのか、あるいは変化した姿なのかわかりませんが、「マセラティ・グラントゥーリズモ」のようなスマートな魅力、竹内力さんにも通じるところがあると思います。この先、どんな竹内力さんが見られるのか、彼がどんな車に乗っていくのか、ますます楽しみです。

おすすめの車まとめ記事

芸能人の愛車に関連するおすすめの愛車