MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 運転免許 > 大型免許とは?合格は難しい?取得費用や条件・時間も解説
運転免許

更新

大型免許とは?合格は難しい?取得費用や条件・時間も解説

大型免許とは?

©Norman01/stock.adobe.com

大型自動車免許(大型免許)は、大型特殊自動車を除くほぼ全ての自動車に乗ることができる免許です。大型自動車にはバスやトラックなどが含まれます。

トラックのように運賃が発生しない業務において車を運転できる「第一種運転免許」と、バスのような人を運搬し運賃が発生する車を運転する際に必要な「第二種運転免許」があります。

大型免許で運転できる車の種類は?

大型免許を取得した場合に運転できる車の種類は以下の5種類です。

大型免許取得の条件や受験資格

免許区分大型免許中型免許準中型免許普通免許(※)
運転資格年齢21歳以上
普通免許経歴3年以上
20歳以上
普通免許経歴2年以上
18歳以上18歳以上
車両総重量11トン以上11トン未満7.5トン未満3.5トン未満
最大積載量6.5トン以上6.5トン未満4.5トン未満2トン未満
乗車定員30人以上29人以下10人以下10人以下

大型免許取得試験の受験資格があるのは、21歳以上かつ普通免許経歴3年以上の人です。

普通免許が「AT限定」の人でも大型免許を取得できますが、MT車の運転が必要となるため技能講習の時間が多くなります。

※ 2007年の法改正前に普通自動車免許を取得していた人は「8トン限定中型免許」となり、中型車は車両総重量8トンまでの貨物車に限り運転することができます。

準中型免許は2017年3月から追加された新しい免許区分で、普通免許と中型免許の中間に位置するものです。

普通免許を持っている人が大型免許を取る方法

大型免許の一般的な取得方法は、自動車教習所で技能と学科を学び卒業検定に合格、その後運転免許センターで適性検査に合格するというもの。

取得者は普通免許を持っているため、運転免許センターでの学科試験は全員免除されます。

また、教習所で卒検に合格していれば、運転免許センターでの技能試験も不要となります。

普通免許を持っている人が大型免許を取る流れ

  1. 自動車教習所で技能と学科を学ぶ
  2. 自動車教習所で卒業検定に合格する
  3. 運転免許センターで適性検査に合格する

AT限定普通免許の人は大型免許を取れる?

普通免許が「AT限定」の人でも、上と同じ流れで大型免許を取得することができます。

ただし、大型免許の技能教習は、MT車の運転が必要となるため、AT限定の人は技能講習の時間が4時間多くなります。

実質4時間でMTの操作方法をマスターしなければならないため、ペーパードライバー歴3年の人などは補講が必要となる可能性もあります。

大型免許取得方法と費用・時間の目安

鮫洲運転免許試験場
鮫洲運転免許試験場(東京都)
出典:wikipedia.org Author:駿遠線 CC 表示-継承 4.0

教習所で取得した場合の時間と費用

取得済み免許教習所最短日数免許取得費用
中型免許(MT車)
(2007年法改正以前取得の普通免許)
10日20万~25万円
普通免許(MT車)13日30万~35万円
中型免許7日18万~23万円

合宿免許で取得した場合の時間と費用

取得済み免許合宿最短日数免許取得費用
中型免許(MT車)
(2007年法改正以前取得の普通免許)
9日19万~24万円
普通免許(MT車)12日26万~36万円
中型免許7日15万~21万円

合宿免許に関する情報はこちらから

大型免許取得の教習内容とは

大型免許取得に必要な「深視力」

大型免許を取得する際にはその適性としてとくに「視力」が重視され、一般的な視力検査に加え、「深視力検査」を受ける必要があります。

深視力とは、「物の奥行・遠近・立体感を正しく捉えられる力」をいい、その検査は「三桿(さんかん)法」と呼ばれる「奥行知覚検査器」を使い行います。

具体的には、検査器内に並んだ3本線のうち真ん中1本が奥や手前に動き、3本線が横一列に並んだと感じたときスイッチを押すといった検査を3回実施し、その平均誤差が2センチ以下でなければならないというものです。適性検査の内容は以下のとおりです。

  • 視力(両眼0.8以上、一眼ずつが0.5以上)
  • 深視力(奥行知覚検査器を使い3回検査)
  • 色彩力(信号機を判別できる)
  • 聴力(両耳が10mの距離で90デシベル音を聞き分ける)
  • 運動能力(運転操作に支障がない体幹であるかどうか)

第一段階の教習内容

大型免許を取得する場合、その教習は「第一段階」と「第二段階」に分かれます。第一段階は「場内コース」を使用して運転技術を身につけ、第二段階は「路上」においての教習となっています。第一段階の教習内容は下記のとおりです。

  • 車の乗降りと正しい運転姿勢
  • 車の運転装置や日々の点検整備取り扱いかた
  • 大型車特有の運転死角と車両感覚を理解した運転操作
  • 発進・停止をはじめとする運転の基本操作
  • 目標に合わせた停止や時期に見合った発進・加速
  • 曲がり角・カーブの通行方法
  • 坂道の発進方法
  • 後退(バック)
  • 狭い道の通行方法
  • スムーズな隘路(あいろ)侵入(狭い場所での方向転換と停車)
  • 正しい通行位置選択と進路変更や障害物対応
  • 直進・右折・左折といった交差点通行、標識・信号に合った通行
  • 見通しの悪い交差点の通行
  • 踏切の通過
  • 急ブレーキ
  • みきわめとなる教習効果確認

第二段階の教習内容

場内での教習「第一段階」をクリアした後、技能終了検定を受けて合格すると、路上教習となる「第二段階」へ進むこととなり、状況を踏まえた応用的な走行を学んでいきます。第二段階の教習内容は下記のとおりです。

  • 適切な通行位置や進路変更を含めた流れに沿った車の走行
  • 実際の直進・右折・左折といった交差点通行、標識・信号に合った通行
  • 歩行者を始めとした保護
  • 交通状況や道路状況に見合った運転
  • 適切な縦列・駐停車や方向変換
  • 経路の組み立て
  • 急ブレーキ
  • 危険を予測した適切な運転
  • みきわめとなる教習効果の確認

運転適性試験についてはこちらから

「教育訓練給付金制度」を使えば最大10万円キャッシュバック

大型免許を取得する際にかかる教習費用は、「教育訓練給付制度」を利用すれば、教習費の最大20%(上限10万円)が教習終了後にハローワークを通じてキャッシュバックされます。

教育訓練給付制度とは、仕事に必要となる資格や技術を習得するために学校や講習・講座に通う場合、その費用の一部を支援する雇用保険の給付制度で、大型免許取得のための教習費用一部支援は制度のなかの「一般教育訓練給付金」にあたります。

なお、給付を受ける対象者は以下の条件を満たす必要があります。

  • 在職者である場合、雇用保険の被保険者期間が3年以上であること(初めて制度を利用する方は1年以上)
  • 離職者である場合、大型免許の教習開始日が離職日翌日~1年以内で、雇用保険の被保険者期間が1年~3年以上あること
  • 過去に給付制度を利用したことがある場合、以前の給付から3年以上経過していること

大型免許の取得を考えている場合、条件を満たすかや詳細についてハローワークのサイトでチェックしてみることもおすすめです。

ハローワーク インターネットサービス(教育訓練給付制度)

大型免許に合格するのは難しい?

2007年に道路交通法が改正され、大型免許は「場内コース」だけでなく、仮免許を付けての「路上」での技能練習が必要となりました。

そのため、教習所では普通免許と同様、第一段階と第二段階にわたって運転を教わることができるようになり、以前よりも初心者に優しいカリキュラムになったといえます。

よって、自動車教習所に通うのであれば、大型免許に合格するのは難しくないといえるでしょう。実際に、教習所に通った人の大型免許の合格率は90%となっています。

AT限定免許の人は少し難しいかも……

ただし、免許をAT限定条件で取得した人は、大型自動車の運転と同時にMT車の運転方法も身につけることになります。その点を考えると、AT限定免許の人にとっては、大型免許の取得は少し難しいといえるかもしれません。

AT限定免許の人は、もともと技能教習の時間が多く取られていますが、難しい場合は補講を検討しましょう。なお、補講を受ける際は別途料金が発生します。

大型免許の一発試験・一発合格はできる?

注意!一発試験の試験車は10トン

大型免許を取得するには教習所・合宿を利用するのが一般的ですが、試験場・運転免許センターで「一発試験」により取得することも可能です。

しかし一発試験の場合、試験に使用する車は4トン車ではなく10トン車となっているため、ハードルは高いと言えるでしょう。

また、教習所に通った人の大型免許の合格率は90%なのに対し、一発試験での合格率は30%前後だそう。つまり、教習所に通わない人でも3~4回受験したら運転免許センターの技能試験に合格できると考えてよいでしょう。

大型免許の一発試験にかかる費用

一発試験の場合の費用は地域によって違いがありますが、東京都の場合を例にすると、おおむね以下のとおりです。

  • 受験料:4,100円
  • 試験車使用料:2,500円
  • 免許証交付料:2,050円
  • 講習受講料:22,000円

バイクや特殊自動車の大型免許は?

©BUDO_KZ/stock.adobe.com

その他、大型車両を運転できる免許には、自動車では「大型特殊免許」、二輪車(バイク)では「大型自動二輪免許」があります。

大型特殊免許は運転経歴ゼロでも取得できる!

大型特殊免許とは、クレーン車や除雪車、農耕用トラクターなどの大型特殊自動車を公道で運転するための免許。普通免許と同じように第一種と第二種がありますが、通常は第一種を取得します。

大型特殊免許を取得すると、原付のほか大型・小型特殊自動車を公道で走行させることができますが、建設現場などでの作業には別途「作業免許」が必要です。

大型免許と異なる点は、大型特殊免許のみでは普通自動車は乗れないこと、他の免許の取得・運転経歴に関係なく18歳以上であれば誰でも取得できることが挙げられます。

大型自動二輪免許を取得すれば全てのバイクに乗れる

大型自動二輪免許は、すべての排気量の二輪車(バイク)を運転できる免許です。「大型自動二輪車免許」と「AT限定大型二輪車免許」の二種類がありますが、乗ることができるバイクの種類を考えるとMTバイクも乗れる「大型自動二輪車免許」の取得が現実的でしょう。

大型免許と異なり、大型自動二輪免許の取得には他の免許の取得・運転経歴は関係ありませんが、全くの初心者が教習を受けてもスムーズな免許取得は難しいため、多くの人が小型二輪→中型二輪→大型二輪と、排気量区分をステップアップさせていくようです。

最強の免許証を手に入れれば、全ての車両を運転できる!

免許を最速で取得するには?

すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部