【SUV徹底比較】ハリアーvsエクストレイル│ライバル車対決

トヨタハリアーと日産エクストレイルはライバル関係にあるSUVです。どちらも人気の車種ですが、主要人気グレードのハイブリッドモデルにてコストパフォーマンスや性能などを比較してみました。トヨタから発売される疾走感と美しさが解け合うラグジュアリーSUVとして生まれたハリアーと、先進テクノロジーを凝縮した日産から発売されるタフギアのエクストレイル。あなたなら、何を基準に車を選びますか?

ハリアーってどんな車?

出典:http://toyota.jp/harrier/gallery/

出典:http://toyota.jp/harrier/gallery/

ハリアーは、歴代を継承した流麗なロングノーズとエッジの効いたライン、躍動感と流れるようなスピード感を表現したサイドビューを持つ、疾走感と美しさが解け合うラグジュアリーSUVとして生まれて現在3代目となります。

滑りやすい路面の走行時に、前後輪のスリップを抑制、トラクション性能を確保して旋回時には走行状況に合わせた前後トルク配分を最適化したE-Four(電気式4WDシステム)の5人乗りSUVです。

衝突の可能性を低減する「プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)」に加えて、S-VSCというステアリング制御(EPS)、ブレーキ制御(ABS、VSC)、駆動力制御(VSC、TRC)により挙動を安定させる操舵トルクで全てをアシストする先進技術が盛り込まれています。

2015年モデルのトヨタ新型ハリアーの燃費・値引き価格・性能・口コミ・評価などを紹介させていただきます。

エクストレイルってどんな車?

エクストレイルは、タフギアとして生まれて現在3代目となり5人乗りSUVおよび7人乗りも選べるモデルです。タフギヤとは、アウトドアスポーツを内装の素材などを気にせずに楽しめるように設定された防水仕様の事で人気を得ています。

そして前モデルではクリーンディーゼルをアピールしていましたが、ルノーとの共同開発だったせいか、ついに、ハイブリッドモデルの展開に移行しまして、状況をえらばず、ゆとりの「インテリジェントデュアルクラッチコントロール」でモーターを操ります。

前方障害物を検知する「エマージェンシーブレーキパッケージ」や、本格オフロードの「ALL MODE 4×4-i」にて走破性をアピールして、ピッチングを抑える「アクティブライドコントロール」と、オーバーステア、アンダーステアにならない「コーナリングスタビリティアシスト」などの先進技術が盛り込まれています。

日産エクストレイルは2000年から日産が販売する本格派SUVです。初代から変わらぬコンセプトを貫き今なおヒットモデルに君臨し続けます。エクストレイルの内外装、性能、価格、ライバル比較、口コミなどとともに人気の秘密に迫ります。

ハリアーとエクストレイルの価格、燃費性能などを比較!

ハリアーの価格がおよそ279.7万円~459.2万円(ハイブリッド含む)です。
そしてエクストレイルの価格がおよそ223.8万円~351.3万円(ハイブリッド含む)です。

4WDのハイブリッドモデルのみを比較すれば、ハリアーが371.3万円より459.2万円。エクストレイルが287.6万円より351.3万円。

ハリアーがエクストレイルよりもひとまわり格上の価格帯となっています。

価格に関しては、お近くのディーラーで実際に確認した方がいいかもしれません。

ハリアーとエクストレイルの燃費性能を比較!

気になる燃費性能の比較をしていきます。

ハリアーハイブリッドはカタログで21.4km/L。平均燃費13.9km/Lです。
エクストレイルハイブリッドはカタログで20.0km/L。平均燃費12.7km/Lです。

ハリアーが平均でも1.2km/Lリードしているようです。
エンジンのみの比較では、ハリアーが0.5L大きい2.5Lを積んでいるのにもかかわらず、優秀な燃費を出しているのは、電気式4WDシステムの恩恵があるのかもしれません。

車両本体価格が違うので単純比較はできませんが、本当のオフロードを楽しみたい場合は、プロペラシャフトの繋がっている4WDのエクストレイルハイブリッドが本格的に楽しめるでしょう。

トヨタ ハリアーとライバル車5車種の比較記事です。ライバル車種の5車種はクロスオーバーSUVです。ライバル車といえるこの5台を、価格、燃費性能、室内空間から比較しました。後半には、ハリアーとスバル アウトバックを徹底比較しているのでお見逃しなく!

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す