初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ホンダ新型N-VANのおすすめグレードは「G」と「FUN/COOLターボ」

ホンダN-シリーズのプラットフォームを流用して造られた、商用バンの”ニュー・スタンダード”となるホンダ新型N-VAN。同車のグレード比較を細部まで徹底的におこない、おすすめグレードをピックアップします。

ホンダ新型N-VANとはどのような車?

ホンダ新型N-VAN +STYLE COOL

ホンダは新型軽バン「N-VAN」を7月13日に発売しました。ホンダ新型N-VANは、バモス以来19年ぶりに登場する新型商用バン。Nシリーズのプラットフォーム流用し、センタータンクレイアウトによる底床化で、大空間を実現した多目的バンです。

助手席側ピラーレスにすることにより大きな荷物でもスムーズ積み下ろしが可能。また、趣味や移動店舗などでさまざまなアイディアを実現するための新たな商用バンの新基準となることを目的に開発されました。

この記事では、ホンダ新型 N-VANのグレードの違いについて解説します。

新型N-VANについてはこちら

N-VANのスペック一覧表

N-VANのスペック一覧表
ボディサイズ(mm)全長:3,395
全幅:1,475
全高:1,945〜1,965(ハイルーフ)
1,850〜1,865(ロールーフ)
車両重量(kg)FF:930〜970
4WD:980〜1,020
乗車定員2〜4人
エンジン直列3気筒 DOHC
最高出力自然吸気:39kW [53PS] / 6,800rpm
ターボ:47kW [64PS] / 6,000rpm
最大トルク自然吸気:64N・m [6.5kgf・m] / 4,800rpm
ターボ:104N・m [10.6kgf・m] / 2,600rpm
トランスミッションCVT
6MT
駆動方式FF
4WD
JC08モード燃費FF:23.6〜23.8km/L(CVT) 18.6km/L(6MT)
4WD:21.2km/L(CVT) 17.6km/L(6MT)
燃料レギュラー
新車車両価格(税込)127万〜180万円

ホンダ新型N-VANのグレード構成概要

グレード構成一覧表

ハイルーフ

ハイルーフのグレード構成一覧表
グレード名エンジントランスミッション価格
G・Honda SENSING直3 660ccDOHCCVT(FF)127万円
6MT(FF)
CVT(4WD)138万円
6MT(4WD)
L・Honda SENSINGCVT(FF)134万円
6MT(FF)
CVT(4WD)145万円
6MT(4WD)
+STYLE FUN
Honda SENSING
CVT(FF)156万円
6MT(FF)
CVT(4WD)169万円
6MT(4WD)
+STYLE FUN・ターボ
Honda SENSING
直3 660ccDOHCターボCVT(FF)167万円
CVT(4WD)180万円

ロールーフ

ロールーフのグレード構成一覧表
グレード名エンジントランスミッション価格
+STYLE COOL
Honda SENSING
直3 660ccDOHCCVT(FF)156万円
6MT(FF)
CVT(4WD)169万円
6MT(4WD)
+STYLE COOL ターボ
Honda SENSING
直3 660ccDOHC ターボCVT(FF)167万円
CVT(4WD)180万円

G

「G」は、ホンダN-VANのベーシックモデル。装備を簡素化し、価格を抑えたエントリーグレードとはいえ、予防安全装備のHonda SENSINGを搭載します。

L

「L」は、便利な装備を追加したスタンダードモデル。予防安全装備のHonda SENSINGにセキュリティアラームを追加。

インテリアでは、フロントシートにアームレストと、夜間の作業に便利なマップランプを追加。フロントウィンドウからの陽射し軽減するハーフシェイドフロントウインドウを備えます。

エクステリアでは、ボディと同色の電動格納式ドアミラーが装備されます。オプションのナビ装着用スペシャルパッケージが選べるのも「L」からです。

+STYLE FUN/COOL

上位グレードとして設定される「+STYLE」は、「L」よりもさらに充実した装備と、高い質感のインテリアや豊富なカラーラインアップで、乗用にも商用にも使えるオシャレなN-VAN。
標準ルーフ高の「+STYLE FUN」と、ロールーフでスタイリッシュな「+STYLE COOL」の2種類が用意され、それぞれに自然吸気とターボエンジンがラインアップします。

ターボエンジンとは?

N-VANの外装は商用と乗用の2種類を用意

N-VANのフロントデザイン

G/L

N-VAN G

ホンダN-BOXに通ずるデザインながらも、シンプルな商用バンとしてアレンジされたN-VANのフロントデザインは、プロが使う道具としての洗練さが見受けられます。

+STYLE FUN

N-VAN +STYLE FUN

+STYLEのフロントバンパーは、開口部が横に大きく広げられ、LEDフォグランプが追加される専用品。ポップな丸目が印象的なフルLEDヘッドライトと、明るくFUNな気分を演出する「プレミアムイエローパール2」は+STYLE FUN専用色です。

+STYLE COOL

N-VAN +STYLE COOL

フロントグリルや細部にクロームメッキをあしらったカスタム仕様のN-VANです。他のグレードのN-VANよりも低められたロールーフ後端には、テールゲートスポイラーが追加されたクールなイメージのN-VANです。

ヘッドライトは「G」「L」と共通のハロゲンランプですが、デザイン上はこちらの方がスタイリッシュ。プレミアムベルベットパープルパールは+STYLE COOLの専用色です。

仕事と趣味を使い分ける外装の違い

「G」「L」は無機的で無個性ではありますが、商用バンとして理にかなった優れたデザイン。対する「+STYLE」はフロントバンパーの変更だけで、ほんの少しだけ日常的で柔らかなイメージが追加されています。
社用車ならば「G」「L」。個人での運用では「+STYLE」を選びたいところです。

高機能な内装は共通

N-VANの内装デザイン

G/L

ホンダ N-VAN G インパネ

水平・平面基調で収納効率を最適化した内装。潔いブラック内装も道具としての耐久性とユーティリティを重視した設計がなされています。

ベースグレードの「G」はシート材質がトリコット。「L」のシートは上位グレードと同じジャージーに設定されています。

+STYLE FUN/COOL

ホンダ N-VAN +STYLE FUN インパネ

「+STYLE FUN/COOL」の内装は、下位グレードにシルバーとクロームメッキ、ピアノブラックの加飾が施された専用内装。ドアにもファブリックが貼られた乗用車に近いものとなります。

プッシュボタンによるエンジンスタートのHondaスマートキーシステムが標準装備になる他、USBオーディオ(AM/FMチューナー機能付)/AUXジャックがついた標準オーディオや、IR(遮熱)UV(紫外線)カットガラスを採用するなど装備の充実が図られています。

グレード内装の違いは快適性と高級感の違い

グレードによる内装の違いは、快適装備と高級感の違いのみとなります。機能性や収納性の差異はなく、全グレード完全なフルフラットになり、荷物の固定に便利な8つのタイダウンフックをフロアに備えます。
荷室にはM6サイズのネジ穴が28個(+STYLE COOLのみ26個)用意され、パイプや棚などを取り付けて、仕事・趣味問わず自由な空間アレンジが可能。業種別や趣味別に用意されたアクセサリーを組みわせて、多彩な使い方を提供します。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!