初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ハイブリッド車とは?3タイプの実燃費や価格とメリット・デメリットを徹底比較!

マイルドハイブリッドの仕組み

「S-エネチャージ」を搭載したスズキ ハスラー

上記の3方式のハイブリッドシステムが、高電圧で駆動する「ストロングハイブリッド」として区分されるのに対し、「マイルドハイブリッド」と呼ばれるハイブリッドシステムも存在します。

マイルドハイブリッドは、通常の車に搭載されるオルタネーター/セルモーターを、車体を駆動できるほど強力なモーターに換装することで構築する簡易的な低電圧ハイブリッドシステムです。「マイルドハイブリッド」は「パラレルハイブリッド」に分類され、強化される燃費基準と排気ガス規制法案に対応するための措置として運用が拡大されています。

マイルドハイブリッドは低コストでハイブリッドシステムを搭載できる点が魅力。スズキの「S-エネチャージ」をはじめ、メルセデス・ベンツやアウディなど、自社で本格的なハイブリッドシステムを持たない多くのメーカーが採用を進めています。

マイルドハイブリッドについて詳しくはこちら

プラグインハイブリッドの仕組み

プラグインハイブリッド車であるトヨタ プリウスPHV

プラグインハイブリッドとは、電気プラグを車体に差し込み、電力供給を外部から行うことで充電する構造のハイブリッドカーを指します。「PHV」と「PHEV」の2種類があります。

PHV(plug-in hybrid Vehicle)とは、プラグイン電力に対応したハイブリッド車です。
対してPHEV(Plug-in Hybrid Electric Vehicle)とは、プラグイン電力に対応したハイブリッド車および電気モーターだけで走行可能な電気自動車(EV)です。電気だけで日常的な運用に耐えるだけの性能を備えたEVがこれにあたります。

プラグインハイブリッドについて詳しくはこちら

ハイブリッド3方式メリット・デメリット比較

ハイブリッド方式メリットデメリット
パラレル・構造が単純かつ軽量・シリーズ・ハイブリッドに比べると低効率
シリーズ・発電効率に特化したエンジンを搭載可能
・変速機が不要であるため軽量
・電力/動力へのエネルギー変換ロスが大きい
・動力性能は搭載モーターに依存
シリーズ・ハイブリッド・高効率・構造・制御が複雑

おすすめハイブリッド車ランキングはこちら

3タイプのハイブリッドの実燃費を比較

実燃費順位実燃費車名JC08モード
1位22.5〜24.5km/Lアクア34.4km/L
2位20.5〜22.5km/Lフィット ハイブリッド34.0km/L
3位19.8〜21.8km/Lノート e-powor34.0km/L

実燃費を比較すると、シリーズ・パラレルハイブリッド方式を採用するハイブリッドカー、トヨタ アクアが最優であることがわかります。

上表のJC08モード燃費と実燃費は、売れ筋グレードである中間グレードのデータを比較しています。その差は実に12km/Lほどですが、燃費重視のハイブリッドモデルだけにJC08モード計測に最適化されたセッティングが施されるため、このような数値の乖離は一般的なガソリン車よりも大きいものと推測されます。

ホンダ フィットのパラレル方式も、制御の改善やモータのみで走行可能となる改良が加えられ、アクアのシリーズ・パラレル方式との絶対的な燃費性能差を埋めるべく健闘していますが、やはり基本構造の差は隠しきれません。

ノート e-powerが採用するシリーズ・ハイブリッドの実燃費はアクアとフィットに比べればやや見劣りしますが、大きく構造の異なるシステムでも熟成が進む上位2車と同等の燃費を叩き出せることが証明されているため、今後の改良でどこまでパフォーマンスアップが図れるかが注目されます。

アクア,フィット,ノート e-powerの燃費を詳しく比較

コスパの高いハイブリッドカーは?

トヨタ ヴォクシー

ハイブリッド方式ガソリン車との価格差
パラレル約13万円:ホンダ フィット
シリーズ約49万円:日産 セレナ
シリーズ・パラレル約45万円:トヨタ ヴォクシー

上表はガソリンモデルとハイブリッドモデルの価格差を示したものです。

構造と制御がとくに複雑なシリーズ・パラレルハイブリッドを搭載するトヨタ ヴォクシーが、もっとも高価なハイブリッドシステムを搭載していることになります。
次ぐ、日産のシリーズ・ハイブリッドシステムは、ガソリン車とはパワートレインが大きく異なるため、やはり高価にならざるを得えません。
その点、フィットのパラレルハイブリッドは、トヨタに匹敵する性能を誇りながら低価格で実現された、もっともコストパフォーマンスに優れるハイブリッドシステムです。

トヨタ ヴォクシーについて詳しくはこちら

最も人気が高いハイブリッド車はアクア

トヨタ アクア

各社が採用するハイブリッドシステムの違いと燃費の比較をしました。

ホンダはシンプルで軽量なパラレルハイブリッドを採用し続け、燃費と軽量化によるドライバビリティのバランスを重視するホンダらしい取り組みです。
日産のe-powerは、これまでどのメーカーも本格的な採用を見送ってきたシリーズ・ハイブリッド。今後の改良でどうなるかが非常に楽しみなハイブリッドシステムです。

しかし、やはりハイブリッド界をリードするのは、複雑な制御と構造のシリーズ・パラレル方式を克服したトヨタ。トヨタ アクアは販売開始からすでに6年目に突入しましたが、2018年1〜4月においても、いまだに新車販売台数トップの34,686台を売り上げる大人気ハイブリッドカーとなっています。

三"車"三様のハイブリッドシステム、それぞれのメリット・デメリットを理解して購入時に参考にしてみてください。

ハイブリッド車のおすすめランキングはこちら

ハイブリッド車はお得?徹底検証

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!