初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【レクサス新型LSグレード比較】おすすめはLS500h!その理由は?

レクサスのフラッグシップセダン「レクサス新型LS」。その快適性と圧倒的な信頼性から社長や実業家から絶大な人気があります。新型LSのグレードは大きく分けてハイブリッド「500h」とガソリンエンジン「500」2つ。仕様と駆動方式の組み合わせで細かく分けると20車種となります。各グレードを比較し、おすすめの1台をご紹介します。

レクサス新型LSとはどのような車?

新型LS

レクサス LSとは、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス(LEXUS)」のフラグシップセダン。
レクサスは、アメリカの高級車市場をターゲットとして1989年に生まれた新しいブランドであり、ライバルはアメリカや欧州の高級車です。レクサス LSは、Fセグメントの高級セダンとしてレクサスを代表する車種として、2019年には30周年を迎えます。

 初代 :1989〜1994年
 2代目:1994〜2000年
 3代目:2000〜2006年
 4代目:2006〜2017年
 5代目:2017年〜

レクサス LSは、国内において3代目まで「トヨタ セルシオ」としてトヨタ店・トヨペット店で販売されており、4代目からは2005年にオープンしたレクサス店に移行されることで海外と同名の「レクサス LS」となりました。

レクサス新型LSのスペック一覧表

LS500 3.5L V型8気筒エンジン

LS500hLS500
ボディサイズ(mm)全長:5,235
全幅:1,900
全高:1,450(FR)/1,460(AWD)
全長:5,235
全幅:1,900
全高:1,450(FR)/1,460(AWD)
車両重量(kg)2,210〜2,320(FR)
2,280〜2,390(AWD)
2,150〜2260(FR)
2,240〜2,350(AWD)
乗車定員(人)55
エンジンハイブリッド
3.5L V型6気筒+モーター
3.5L V型6気筒
インタークーラー付ツインターボ
最高出力(kW[PS])ガソリン:200[299]/6,000
モーター:132[180]
310[422]/6,000
最大トルク(N・m[kgm・f])ガソリン:356[36.3]/5,100
モーター:300[30.6]
600[61.2]/1,600〜 4,800
トランスミッションマルチステージハイブリッド
トランスミッション
(電気式無段変速機)
Direct Shift-10AT
(電子制御10速AT)
駆動方式FR/AWDFR/AWD
JC08モード燃費(km/L)15.6〜16.4(FR)/14.4(AWD)10.2(FR)/9.5〜9.8(AWD)
燃料ハイオクハイオク
新車車両価格(税込)1,120〜1,680万円980〜1,540万円

現行5代目のレクサス LSには、ハイブリッドモデル「500h」とガソリンエンジンモデル「500」の2グレードが設定されています。
ボディサイズは共通ですが、エンジンとトランスミッションは異なる仕様です。

新型レクサスLSについてはこちら

レクサス新型LSのグレード構成概要

グレード構成一覧表

グレード [仕様]エンジントランスミッション価格
LS500hハイブリッド
3.5L V型6気筒
マルチステージ
ハイブリッド
トランスミッション
(電気式無段変速機)
1,120万円(FR)
1,160万円(AWD)
LS500h [I package]1,180万円(FR)
1,220万円(AWD)
LS500h [F SPORT]1,310万円(FR)
1,350万円(AWD)
LS500h [version L]1,460万円(FR)
1,500万円(AWD)
LS500h [EXCUTIVE]1,640万円(FR)
1,680万円(AWD)
LS5003,5L V型6気筒
インタークーラー付
ツインターボ
Direct Shift-10AT
(電子制御10速AT)
980万円(FR)
1,020万円(AWD)
LS500 [I package]1,042万円(FR)
1,082万円(AWD)
LS500 [F SPORT]1,200万円(FR)
1,210万円(AWD)
LS500 [version L]1,320万円(FR)
1,360万円(AWD)
LS500 [EXCUTIVE]1,500万円(FR)
1,540万円(AWD)

レクサス LSの「500h」「500」の2グレードには、それぞれにノーマルを含めて5つの仕様が用意されており、さらに「FR」と「AWD」が存在しますので20車種の構成となります。

グレード LS500h

LS500hは、ハイブリッド・モデルとして、パワートレインがガソリンエンジンと電気モーターの組み合わせです。
5つの仕様にFRと4WDの設定により、10車種から選択することが可能です。

グレード LS500

LS500は、3.5L V型6気筒インタークーラー付ツインターボにより、ガソリンエンジンだけのパフォーマンスではLS500hを凌ぎます。
LS500hと同様に、5つの仕様にFRと4WDの設定により、10車種から選択することが可能です。

「ノーマル」仕様

レクサスLSの基本は「ノーマル」仕様です。
ノーマルとはいえ、一番安価なモデルでも980万円(税込)ですから、充実した標準装備となっています。
全車標準装備は以下の通りです。

 ・ギヤ比可変ステアリング[VGRS]
 ・電動パワーステアリング[EPS]
 ・パノラミックビューモニター
 ・パーキングサポートアラート[PKSA]&パーキングサポートブレーキ[PKSB]
 ・ヒルスタートアシストコントロール / ブレーキホールド
 ・電動チルト&テレスコピックステアリング(オートアウェイ&オートリターン機構付)
 ・ITS Connect
 ・ブラインドスポットモニター[BSM]
 ・後方車両への接近警告
 ・ABS/VSC/TRC/ブレーキアシスト
 ・タイヤ空気圧警告表示
 ・ELR3点式シートベルト
 ・汎用ISOFIX対応チャイルドシート固定専用バー
 ・電動サンシェード リヤウインドゥ
 ・タッチスイッチ式オーバーヘッドランプ
 ・フロントヘッドレスト 前後上下電動調整式
 ・ナノイー/クリーンエアフィルター(花粉除去・脱臭機能付)
 ・地上デジタルTVチューナー&アンテナ・充電用USB端子
 ・ナビゲーションシステム 

「I Package」仕様

I Packageは、他の仕様との共通装備が多く、独自の装備はほとんどありませんがが、上位の「version L」「EXCUTIVE」の一部装備が搭載されており豪華な装備となっています。

「F SPORT」仕様

F SPORTは、スポーティな走りをする装備が搭載されており、他の仕様に比べ独自の装備です。
専用スピンドルグリル・サイドグリルで、エクステリアの違いもアピールされており、タイヤ/ホイール・ブレーキといった足回りが強化されています。

「version L」仕様

version Lは、EXCUTIVEとの共通装備が多く、「フロントシートバック本杢目オーナメントパネル」「フロントリフレッシュシート」など豪華なインテリアです。

「EXCUTIVE」仕様

EXCUTIVEは、最上仕様となっており、「助手席420mmロングシートスライド」「22Way調整式リヤパワーシート」「フロントヘッドレスト助手席電動可倒式」「電動オットマン」「降車時リクライニングサポート機能(後左席)」「温感リラクゼーション機能(後左右席)」
といったシート機構が充実しています。

次のページ

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!