初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

軽自動車のハイブリッド車おすすめランキングTOP6車種比較|スズキやマツダの人気車は?

軽自動車のハイブリッド車おすすめランキングTOP6をご紹介!ハイブリッドエンジンを搭載した軽自動車を1位から6位までのランキングにまとめています。軽ハイブリッドをラインナップするスズキやマツダの人気車は、どのモデルなのでしょうか?

軽自動車のハイブリッド車おすすめランキングTOP6をご紹介!

ランキング イメージ画像

©Shutterstock.com/tavi

軽自動車は燃費に優れ、税金も安いので非常に経済的です。
さらに軽自動車のハイブリッド車であれば、燃費の向上に加えてエコカー減税まであるので、自動車の維持費をより低く抑えることができます。

軽自動車のハイブリッド車で人気があるのはどの車種なのか?
スズキやマツダの人気軽ハイブリッド車をTOP6までのランキングにまとめて比較しました。

軽自動車のハイブリッド車 おすすめランキング【第1位】

スズキ ワゴンR

スズキ ワゴンR ハイブリッド

ワゴンRの新車価格・燃費性能

新車価格(税込)108~169万円
燃費性能(JC08モード)25.4~33.4km/L

ワゴンRは、スズキが製造・販売している軽トールワゴンです。
1993年に登場した初代ワゴンRは、革新的な設計によって大ヒットモデルとなり、各自動車メーカーにおける軽自動車開発にも大きな影響を与えています。

2017年に発売された現行型の6代目ワゴンRからは、5代目ワゴンRの一部グレードに採用されていた「S-エネチャージ」をさらに発展させたマイルドハイブリッドシステムが、廉価版を除くすべてのグレードに搭載されました。

また、新プラットフォームを採用することによって、燃費の向上に加えて居住性と積載性の両立も実現しています。
さらに安全装備として、衝突被害軽減ブレーキの「デュアルセンサーブレーキサポート」を軽自動車で初採用しており、安全性能も向上しました。

ワゴンRのパワートレインスペック

エンジン種類直列3気筒DOHC
排気量660cc
最高出力38[52]/6,500
最大トルク60[6.1]/4,000
モーター最高出力2.3[3.1]/1,000
最大トルク50[5.1]/100
トランスミッションCVT/5速MT(ガソリンのみ)
駆動方式FF/4WD
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

スズキ ワゴンRについての記事はこちら

軽自動車のハイブリッド車 おすすめランキング【第2位】

スズキ スペーシア

2016年 スズキ スペーシア

スペーシアの新車価格・燃費性能

新車価格(税込)127~158万円
燃費性能(JC08モード)29.0~32.0km/L

スペーシアは、スズキが2013年から製造・販売している軽トールワゴンです。
英語の「SPACE(空間)」を由来とする車名の通り、広い室内空間を特長としています。

パワートレインには、スズキのマイルドハイブリッド「S-エネチャージ」を搭載しており、JC08モードで32.0km/Lという低燃費を実現しました。
さらに安全装備として、軽自動車で初のステレオカメラを使用した衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」を装備しています。
これにより、予防安全性能評価における最高ランクの「ASV++(ダブルプラス)」を獲得しました。

なお、現行型のスペーシアは、2017年の12月にフルモデルチェンジを行うと発表しています。

スペーシアのパワートレインスペック

エンジン種類直列3気筒DOHC
排気量660cc
最高出力38[52]/6,500
最大トルク63[6.4]/4,000
モーター最高出力1.6[2.2]/1,000
最大トルク40[4.1]/100
トランスミッションCVT
駆動方式FF/4WD
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

スズキ スペーシアについての記事はこちら

軽自動車のハイブリッド車 おすすめランキング【第3位】

スズキ ハスラー

スズキ ハスラー 2015年型

ハスラーの新車価格・燃費性能

新車価格(税込)110~172万円
燃費性能(JC08モード)24.2~32.0km/L

ハスラーは、スズキが2014年から製造・販売している軽クロスオーバーSUVです。
軽トールワゴンとSUVの融合という、新しいジャンルの軽自動車として開発されました。

軽トールワゴンの積載性能とSUVの走行性能を持つハスラーは、マイルドハイブリッドシステムの「Sエネチャージ」によって、ターボ車でも27.8km/Lという低燃費となっています。
また、ハスラーのポップで個性的なデザインは幅広い層からの支持を集め、その可愛らしさから女性にも人気があります。

安全装備としては、衝突被害軽減システムの「デュアルカメラブレーキサポート」が搭載される他、メーカーオプションで「全方位モニター」も用意されています。

ハスラーのパワートレインスペック

ハスラー ターボエンジン
ハイブリッド
ハスラー NAエンジン
ハイブリッド
ハスラー NAエンジン
エンジン種類直列3気筒DOHCターボ直列3気筒DOHC直列3気筒DOHC
排気量660cc660cc660cc
最高出力47[64]/6,00038[52]/6,50038[52]/6,500
最大トルク95[9.7]/3,00063[6.4]/4,00063[6.4]/4,000
モーター最高出力1.6[2.2]/1,0001.6[2.2]/1,000-
最大トルク40[4.1]/10040[4.1]/100-
トランスミッションCVTCVTCVT/5速MT
駆動方式FF/4WDFF/4WDFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

スズキ ハスラーについての記事はこちら

軽自動車のハイブリッド車 おすすめランキング【第4位】

マツダ フレア

マツダ 新型 フレア HYBRID XG

フレアの新車価格・燃費性能

新車価格(税込)118~147万円
燃費性能(JC08モード)30.4~33.4km/L

フレアとは、マツダがスズキ・ワゴンRのOEM車として販売している軽トールワゴンです。
1994年から2012年まではAZワゴンという車名で販売されていましたが、ワゴンRが5代目にフルモデルチェンジされたことを受け、フレアという車名に変更されました。

現行型フレアの基本的なデザインやメカニズムは、OEM元である6代目ワゴンRと共通しており、優れた燃費性能を発揮するマイルドハイブリッドエンジンもワゴンRと同様のものが搭載されています。

また、安全装備に関してもワゴンRと同様に、衝突被害軽減ブレーキの「デュアルセンサーブレーキサポート」が搭載されています。

マツダ フレアについての記事はこちら

OEM車とは?

軽自動車のハイブリッド車 おすすめランキング【第5位】

マツダ フレアワゴン

マツダ フレアワゴンXS 2015年

フレアワゴンの新車価格・燃費性能

新車価格(税込)127~158万円
燃費性能(JC08モード)29.0~32.0km/L

フレアワゴンは、マツダが販売している軽トールワゴンです。
初代モデルはスズキ・パレットのOEM車として2012年に発売されましたが、発売から1年経たずにパレットの生産が終了してしまったため、わずか9ヶ月間しか販売されませんでした。

現行型の2代目フレアワゴンは、パレットの後継車種であるスズキ・スペーシアのOEM車として、2013年から販売されています。
2代目フレアワゴンのデザインやメカニズムは、OEM元であるスペーシアと変わりなく、優れた燃費性能を発揮する「S-エネチャージ」も搭載されています。

また、安全装備に関してもスペーシアと同様に、衝突被害軽減ブレーキの「デュアルカメラブレーキサポート」を搭載しています。

マツダ フレアワゴンについての記事はこちら

軽自動車のハイブリッド車 おすすめランキング【第6位】

マツダ フレアクロスオーバー

マツダ フレアクロスオーバー XT 2015年

フレアクロスオーバーの新車価格・燃費性能

新車価格(税込)134~168万円
燃費性能(JC08モード)26.2~32.0km/L

フレアクロスオーバーとは、マツダが販売している軽クロスオーバーSUVです。
マツダの軽トールワゴンブランド「フレア」シリーズの第3段として、2014年に発売されました。

本車はスズキ・ハスラーのOEM車であり、デザインやメカニズムがほぼ共通しています。
パワートレインもハスラーと同様に、マイルドハイブリッドシステムの「S-エネチャージ」が搭載され、優れた燃費性能を発揮することが可能です。

また、安全装備もハスラーと同様に、衝突被害軽減ブレーキの「デュアルカメラブレーキサポート」が搭載されます。

マツダ フレアクロスオーバーについての記事はこちら

軽自動車のハイブリッド車はスズキが強い!

スズキ ハスラー X

軽自動車のハイブリッド車おすすめランキングTOP6をご紹介しました。

現在の軽自動車市場におけるハイブリッド車は、スズキのマイルドハイブリッド車と、そのOEM供給を受けているマツダ車しか存在していません。
そのため、ランキングも上位をスズキ車が占有し、その下にマツダ車がOEM元と同じ順番で並ぶという結果になりました。

OEM元とOEM車で基本的な性能は変わらないので、軽自動車のハイブリッド車を購入する際には、スズキとマツダのどちらか好きなメーカーのモデルを選ぶといいでしょう。

軽自動車のランキング記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK