初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ホンダのハイブリッド車種】人気おすすめランキングTOP10 2017年最新版

ホンダでは軽自動車を除くほとんどの車種に、ハリブリッド仕様を用意しています。それぞれ搭載する車種やシステムに特長があり、どれを選んだら良いのか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、昨年の年間販売台数から人気ランキングを作成しましたのでご紹介いたします。ぜひ、ホンダのハイブリッド車を購入する際の参考にしてみてください!

ホンダのハイブリッド車の特徴は?

3種類のハイブリッドシステム

現在、ホンダでは大きく分けて3種類のハイブリッドシステムが用意されています。

フィットなど小型車に採用されるi・DCDはコンパクトで低コストのシステムで、エンジンの補助として高い燃費を実現しています。

オデッセイ、アコードに搭載されたi・MMDはモーター主体でガソリンエンジンは発電用及び高速走行用に利用されます。
高コストですがモーター両方の効率の良い部分を引き出せるシステムです。

NSX、レジェンドに搭載されたSH-AWDはモーター駆動を組み合わせたもので、通常の4WDよりも軽くコンパクトに4WD化することが可能です。

これまでのハイブリッドと違い、モーター駆動を積極的に運動性能向上に使った独創的なシステムとして注目が集まっています。

2016年1月〜12月の販売台数にもとづいたベスト10

ホンダのハイブリッド車の中で2016年に最も多く販売されたのはどの車種なのでしょうか。ホンダのハイブリッド車10車種を順番にご紹介します。
ホンダハイブリッド車を検討されている方は必見です!
なお、販売台数については自販連の2016年1月〜12月までのデータに基づいていますが、フィット等ハイブリッド専用でない車種についてはガソリン車も含む車種全体の販売台数であることについてはご了承願います。

ホンダの人気おすすめハイブリッド車ランキング【第10位】

NSX|新世代のハイブリッド4WDスーパースポーツカー

ホンダ NSX Acura 新型

【車種情報】
▶販売台数:− 台
▶新車価格:23,700,000円
▶中古車価格:下部参照

初代NSXの生産中止から10年の時を超えて2016年8月にデビューした世界の頂点を目指すスーパースポーツカーです。
3.5Lツインターボエンジンと3モーターの組み合わせによりシステム総合出力は581PSに達します。
このハイパワーを活かすため、初代同様のミッドシップレイアウトに加え、左右独立したモーターを前輪に配し4WD化している点がユニークです。

モーターにより精密なパワーの伝達が可能となり、圧倒的なハイパワーと異次元のハンドリングを両立しています。
国内での販売は年間100台ですが、すでに2年分の予約販売が終了しています。

ホンダ NSXの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダ NSXの最新情報についてはこちら

ホンダの人気おすすめハイブリッド車ランキング【第9位】

レジェンド|走りにこだわったホンダの最高級セダン

ホンダ レジェンド 2014年式

【車種情報】
▶販売台数:829台
▶新車価格:6,800,000円
▶中古車価格:下部参照

全長約5m、全幅1.9mの堂々たるボディを誇るハブリッド専用高級セダンですが、ホンダらしくスポーティな車に仕立てた点が特長です。
4WDシステムは前輪駆動に後輪左右でそれぞれ独自で制御するモーターを配したものでNSXのベースとなったシステムです。

サイズを感じさせない切れ味の良い操縦性や、先進の安全装備と充実した内容ですが、高級輸入車ともバッティングする価格帯ということもあり、販売台数は伸び悩んでいます。

ホンダ レジェンドの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダ レジェンドの詳しい解説はこちら

ホンダの人気おすすめハイブリッド車ランキング【第8位】

ジェイドハイブリッド|スポーティな3列低全高ミニバン

ホンダ・ジェイド

【車種情報】
▶販売台数:6,503台
▶新車価格:2,720,000円
▶中古車価格:下部参照

ストリームの後継車としてハイブリッド専用車として当初デビューしましたが、後に1.5Lのダウンサイジングターボが追加されました。
2+2+2の6人乗りですが、3列目は狭く、非常用として割り切ったつくりになっています。
スポーティなハンドリング、2列目のV字ロングスライドシートなどが特長です。

しかし先代オデッセイに近いサイズにも関わらず、ストリームよりも狭い3列目等がネックとなり、一度も月目標台数3,000台を超えることが無く販売は低迷しています。

ホンダ ジェイドの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダ ジェイドの詳しい解説についてはこちら

ホンダの人気おすすめハイブリッド車ランキング【第7位】

アコード|ハイブリッド専用上級FFセダン

ホンダ アコード 2016年

【車種情報】
▶販売台数:4,270台
▶新車価格:3,850,000円
▶中古車価格:下部参照

9代目となったアコードは今や北米市場がメインとなり、国内ではハイブリッド専用車として販売されています。
アコードのハイブリッドシステムは発電用と駆動用の2モーターをもつ点が特長です。

基本はEV走行ですが高速域でモーターが力を発揮できない領域になるとガソリンエンジンに直結するという高度な制御を行っています。
広々とした室内空間に30km/L(JC08モード)の高燃費と、非常に魅力は多いのですが、国内のセダン市場自体が縮小していることもあり、販売面は伸び悩んでいます。

ハイブリッド車アコードハイブリッドの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


新型アコードハイブリッドについての詳しい解説はこちら

ホンダの人気おすすめハイブリッド車ランキング【第6位】

グレイスハイブリッド|貴重な5ナンバーサイズハイブリッドセダン

ホンダ グレイス 2015年

【車種情報】
▶販売台数:12,194台
▶新車価格:1,950,000円
▶中古車価格:下部参照

ホンダでは久々の登場となった5ナンバーサイズの4ドアセダンです。
ハイブリッド専用車両としてデビューしましたが、後にガソリン車が追加されています。
実質上はフィットの4ドアセダンバージョンであり、車体のベースやハイブリッドシステムは共通です。

さすがフィット譲りだけあってコンパクトなボディにも関わらず大人4人快適に過ごせる居住性が特長です。
5ナンバーサイズのセダンでさらにハイブリッドとなるとグレイス以外にはトヨタ・カローラアクシオしか選択肢がなく非常に貴重な存在です。

ホンダ グレイスの中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダ新型グレイスの最新情報についてはこちら

ホンダグレイスの詳しい解説についてはこちら

ホンダの人気おすすめハイブリッド車ランキング【第5位】

オデッセイハイブリッド|ホンダの最上級ミニバン

ホンダ・オデッセィ

【車種情報】
▶販売台数:30,858台
▶新車価格:3,560,000円
▶中古車価格:下部参照

JC08モードで24.4〜26km/Lとガソリン車の12.4〜13km/Lを大幅に上回るクラストップの低燃費が特長です。
基本はアコードに採用されたハイブリッドシステムを発展させたもので、通常走行時にはモーター走行が基本となることから高級車らしい静粛性も実現しています。

ガソリン車に比べ50万円程度高価ですが、納得できるだけのバリューを兼ね備えた高級ミニバンになっています。
さらに伝統の走りのグレード、アブソルートもガソリン車同様用意されており、従来からのオデッセイファンをがっかりさせない商品構成になっています。

ホンダ オデッセイの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


新型オデッセイの最新情報についてはこちら

ホンダの人気おすすめハイブリッド車ランキング【第4位】

シャトルハイブリッド|広い荷室を誇る5ナンバーサイズワゴン

ホンダ シャトル ハイブリッド Z 2016年式

【車種情報】
▶販売台数:42,514台
▶新車価格:1,990,000円
▶中古車価格:下部参照

旧型はフィットシャトルと呼ばれていたことや外観からもわかるとおり、フィットをベースにしたステーションワゴンです。
フィット比で約40cm全長が長くなっていますが、その延長分はほぼ荷室の延長に充てられています。
通常で570L、後席を倒せば1,141Lと圧倒的な積載量を誇る上に、フィットゆずりの後席ダイブダウン&チップアップ機構もそのままと使い勝手もトップクラスです。

ホンダ シャトルの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダ シャトルハイブリッドの詳しい解説はこちら

ホンダのハイブリッド車人気おすすめランキング【第3位】

フリードハイブリッド|高効率設計のコンパクトミニバン

ホンダ フリード 新型

【車種情報】
▶販売台数:52,202台
▶新車価格:225円〜274万円
▶中古車価格:下部参照

2016年9月に、実に8年ぶりとなるフルモデルチェンジした、元祖「ちょうどいい」コンパクトサイズのミニバンです。
ベースとなったフィットから全長を伸ばすことで大人が座れる3列目を設定した秀逸な設計はさらに磨きがかけられています。

ホンダセンシングがほとんどのグレードでも装備できる点も、多人数乗車する機会が多いミニバンでは安心材料として見逃せないポイントです。
モデルチェンジにより、これまで「スパイク」として独自の外装等を施されていた5人乗り仕様が、外装はフリードと共通となり、新たに「フリード+」と命名されています。

ホンダ フリードハイブリッドの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダ 新型フリードの最新情報についてはこちら

ホンダのハイブリッド車人気おすすめランキング【第2位】

ヴェゼルハイブリッド|スタイリッシュなコンパクトSUV

ホンダ ヴェゼル

【車種情報】
▶販売台数:73,889台
▶新車価格:2,270,000円
▶中古車価格:下部参照

フィットをベースに開発されたコンパクトSUVです。
クーペのようなサイドウィンドウのラインやコンパクトなサイズからは想像できませんが、広い後席や充分な荷室スペースなどフィット譲りの使い勝手の良さが人気を集め、国内SUVの中ではNo.1の販売台数を誇ります。
また先進の安全&運転支援システム、ホンダセンシングを全車に設定している点もポイントが高いです。

人気は高いですが、トヨタから直接のライバルとなる強敵、C-HRも登場したことから、今後は値引き幅が拡大する可能性もあります。

ホンダ ヴェゼルの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダ ヴェゼルとライバル者についての詳しい解説はこちら

ホンダのハイブリッド車人気おすすめランキング【第1位】

フィットハイブリッド|コンパクトカーのスタンダード

ホンダ フィット 外装

【車種情報】
▶販売台数:105,662台
▶新車価格:1,690,000円
▶中古車価格:下部参照

フィットとしては3代目、フィットハイブリッドとしては2代目となります。
4mを切るコンパクトなボディに多様な積載性とフラットフロアを実現したセンタータンクレイアウトは健在です。
ホンダセンシングが用意されないのは残念ですが低中速域での予防安全/運転支援装備は設定されています。

発売が2013年9月とデビューから年月が経ち、モデルチェンジの噂も聞こえてくるようになりましたが燃費やパッケージング、品質感の高い内装など未だに魅力は色あせていません。

フィットハイブリッドの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダ新型フィットの最新情報についてはこちら

コンパクトカーからスーパースポーツまで!ホンダのハイブリッド車はバラエティ豊か

ホンダ ヴェゼル ハイブリッド Z 2016年型

ホンダ車では軽自動車を除きハイブリッド仕様を用意していないのはもはやステップワゴンのみとなりましたが、ハイブリッドを望むユーザーも多いことからマイナーチェンジで追加予定される模様です。

1999年の初代インサイトのシンプルな1モーター式から始まったホンダのハイブリッドですが、現在はそれぞれの車種の特性やポジショニングに合わせて3種類のシステムを用意するまでになりました。

NSXのように経済性だけではなく新しいハイブリッドの魅力を引き出したスーパースポーツも登場し、ますますホンダのハイブリッドの進化から目が離せません。

あなたの愛車の現在の価値を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

ハイブリッド車の人気ランキングはこちら

ホンダの新型車に関連する記事はこちら

大人気のライバルハイブリッド車についてはこちら