MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > 軽自動車「スーパーハイトワゴン」人気ランキング全16車種&評価口コミまとめ
新型車・モデルチェンジ

更新

軽自動車「スーパーハイトワゴン」人気ランキング全16車種&評価口コミまとめ

MOBY編集部インターネット調査チームが総力を挙げて軽自動車「スーパーハイトワゴン」について、2019年通年販売台数から人気ランキングを作成、各モデルの試乗評価やユーザーの声をインターネットから徹底情報収集しました。

軽スーパーハイトワゴン人気ランキング(2019年通年)

順位メーカー名車名販売台数
1ホンダN-BOX253,500
2ダイハツタント175,292
3スズキスペーシア166,389
4日産デイズルークス157,439
5ダイハツムーヴキャンパス122,835
6三菱eKスペース44,883
7ホンダN-WGN32,382
8ダイハツウェイク22,382
9スズキエブリイワゴン16,910
10マツダフレアワゴン13,657
11スバルシフォン5,642
12ダイハツアトレーワゴン4,949
13トヨタピクシスメガ4,080
14マツダスクラムワゴン1,139
15三菱タウンボックス703
16スバルディアスワゴン463

当ランキングトップ3は、軽自動車販売台数全体のトップ3でもあります。この結果はやはり、スーパーハイトワゴンというジャンル自体が人気だという表れです。4位の日産 デイズルークスおよび6位の三菱 eKスペースは2020年春に新型がデビュー。トップ3の牙城をどう崩していくか注目です。

【1位】ホンダ・N-BOX(253,500台)

現行モデル発売年月日:2017年9月1日
新車価格:141万~213万円
画像は、G・Honda SENSING(左)カスタム G・L Honda SENSING(右)
現行モデル発売年月日:2017年9月1日
新車価格:141万~213万円
画像は、G・Honda SENSING(左)カスタム G・L Honda SENSING(右)

2014年以降5年連続で軽自動車販売台数1位に輝いたホンダ N-BOX。ユーザーの評価は、「室内空間が広い」「普通車に匹敵する良質な走り」「ホンダセンシング標準装備による先進安全機能の充実」の3点に集約されているようです。積載能力の高さや運転席からの視界の広さにも定評があり、街乗りでは大活躍の模様。シンプルで飽きのこないデザインも長く愛される秘訣で、日本一売れている理由を実感しているユーザーが多く見られる印象でした。

【2位】ダイハツ・タント(175,292台)

ダイハツ・タントの画像
現行モデル発売年月日:2019年7月9日
新車価格:122万~168万円
画像は、X

スーパーハイト系という市場を開拓したダイハツ タント。2019年7月に登場した新型は「DNGA」第1号で、シンプルでたくましい印象へと変貌しました。多くのユーザーは、ピラーレスの片側スライドドアや圧倒的に広がった前方視界、世界初の運転席ロングスライドシートなどの使い勝手向上に反応を示しました。操舵安定性や足回りのしなやかさはN-BOX以上という評価もあり、走行面も軽ハイトワゴンとしてレベルが高いようです。

【3位】スズキ・スペーシア(166,389台)

現行モデル発売年月日:2017年12月14日
 新車価格:130万~194万円
 画像は、HYBRID X
現行モデル発売年月日:2017年12月14日
新車価格:130万~194万円
画像は、HYBRID X

「カスタム」と「ギア」の2種派生でターゲット層を広げるスズキ スペーシア。ユーザーレビューを見ると、派生型含めシリーズ全体に共通する個性的な外装デザインや、スズキ独自のマイルドハイブリッドによる高い燃費性能に言及する声が目立ちます。ほかにも、軽自動車初の後退時ブレーキアシストや、運転中に目線を落とさなくても済むヘッドアップディスプレイといった各種先進機能、そしてデイリーユースに嬉しい収納の多さなどが評価されています。

【4位】日産・デイズルークス(157,439台)

現行モデル発売年月日:2014年2月13日
 新車価格:134万~210万円
 画像は、ハイウェイスターX
現行モデル発売年月日:2014年2月13日
新車価格:134万~210万円
画像は、ハイウェイスターX

2020年3月に新型が発売されることで話題の日産 デイズルークス。スリムなスタイリングとVモーションデザインの程よいスポーティテイストが中性的な印象を与えています。ファミリーユーザーが多い中でも子育てママ層がとくに厚く、子どもの乗り降りに助かる140cmの室内高、フロントとリアの温度差を小さくするシーリングファンなど、乗る人への配慮が手厚いとの評価が見られました。燃費や走行性能は軽自動車として過不足ない標準的なスペックのようです。

【5位】ダイハツ・ムーヴキャンパス(122,835台)

現行モデル発売年月日:2016年9月7日
 新車価格:128万~171万円
 画像は、G "メイクアップ SA2"
現行モデル発売年月日:2016年9月7日
新車価格:128万~171万円
画像は、G “メイクアップ SA2”

かわいい軽代表格のダイハツ ムーヴキャンバスは、ビジュアルに一目惚れする女性ユーザーが多い印象です。カラーラインナップはパステル系が多く、とくにおしゃれなツートンカラーが人気商品として選ばれています。ナチュラルテイストの内装には、足元を有効活用できる置きラクボックスやふた付き収納スペースが用意され、買い物や近場への移動に重宝されているようです。シートの固さや全車ノンターボ仕様といった短所にも言及が多いですが、愛嬌でカバーできるという意見も。

【6位】三菱・eKスペース(44,883台)

現行モデル発売年月日:2020年2月6日
新車価格:140万~177万円
画像は、T
現行モデル発売年月日:2020年2月6日
新車価格:140万~177万円
画像は、T

2020年2月6日に2代目となったばかりの三菱 eKスペース。日産 デイズルークスと兄弟関係にあり、ゆったりできる広い室内空間やバランスの良いデザイン性がユーザーから評価されています。スリムで背が高い見た目に反して、ロール(車の傾き)が少ない走行には安心の声も。フロア地上高は355mm(参考:N-BOX=360mm)と低く、両側スライドドアとあわせて乗降性に優れているようです。

※上記は初代のレビューをまとめたものです。

【7位】ホンダ・N-WGN(32,382台)

現行モデル発売年月日:2019年8月9日
 新車価格:136万~182万円
 画像は、G・Honda SENSING
現行モデル発売年月日:2019年8月9日
新車価格:136万~182万円
画像は、G・Honda SENSING

現行からN-ONE同様レトロスタイルを採用したホンダ N-WGN。少しチープになり残念という声もありますが、個性派フェイスを気に入るユーザーもいるようです。とくに内装のシートボリューム・形状や、ドライビングポジション調節の柔軟性など、乗る人が疲れないための工夫が評価されています。ホンダの軽初となる渋滞追従機能付きアクティブクルーズコントロールの精度に驚く反応も多く見られました。

【8位】ダイハツ・ウェイク(22,382台)

現行モデル発売年月日:2014年11月10日
 新車価格:138万~188万円
 画像は、G "SA"
現行モデル発売年月日:2014年11月10日
新車価格:138万~188万円
画像は、G “SA”

精悍なデザインに高い積載能力を誇るダイハツ ウェイク。広告イメージの通り、車中泊が可能なほど室内を広く活用でき、アウトドアユースを想定しているユーザーが多い印象です。ミニバンに劣らないほどの広い視界と高い目線も特徴で、軽とは思えない開放的な運転感覚もアウトドアを盛り上げる要素だとか。あくまで走行性能は標準的なレベルなので、荷物を多く積載した状態での山道運転には注意が必要とのこと。

【9位】スズキ・エブリイワゴン(16,910台)

現行モデル発売年月日:2015年2月18日
 新車価格:150万~187万円
 画像は、PZターボスペシャル
現行モデル発売年月日:2015年2月18日
新車価格:150万~187万円
画像は、PZターボスペシャル

スズキ エブリイワゴンは、軽商用バンをベースにした癖のないオーソドックスなスタイルが特徴。軽自動車トップクラスの車高は積載能力を底上げする一方、高速走行時に風に煽られやすい点に触れるユーザーが多い感触です。軒並み評価が高いのは、坂道を苦にしないトルキーなエンジンと圧倒的な室内の広さ。釣り具の積載や車中泊用のスペースが確保できるため、アウトドアユースでも重宝されるようです。

【10位】マツダ・フレアワゴン(13,657台)

現行モデル発売年月日:2018年2月8日
新車価格:136万~195万円
画像は、HYBRID XS
現行モデル発売年月日:2018年2月8日
新車価格:136万~195万円
画像は、HYBRID XS

マツダ フレアワゴンは、スズキ スペーシアのOEMモデル。スペーシアと同様に、デザイン・高い居住性・燃費性能・取り回しの良さに対する評価が全体的に高い印象でした。マツダユーザーが代車やセカンドカーとして利用するケースが多いようで、スペーシアとあえて比較するようなレビューはあまり見られません。例外として、スペーシアよりボディカラーの選択肢が少ないのは残念という声は散見されます。

【11位】スバル・シフォン(5,642台)

現行モデル発売年月日:2019年7月25日
 新車価格:133万~194万円
 画像は、G スマートアシスト
現行モデル発売年月日:2019年7月25日
新車価格:133万~194万円
画像は、G スマートアシスト

スバル シフォンは、ダイハツ タントのOEMモデル。利用者は主にスバルにこだわるユーザーで、「おしゃれで広くて使いやすい」という点ではタントのレビュアーと同様の反応を示しています。ダイハツのスマートアシストをそのまま引き継いでおり、人や障害物の検知機能には安心という声も。また、スイッチ操作で開閉が自動化されたスライドドアの使い勝手に魅力を感じる評価も多い印象でした。

【12位】ダイハツ・アトレーワゴン(4,949台)

現行モデル発売年月日:2005年5月10日
新車価格:157万~182万円
画像は、カスタムターボ RS “リミテッドSA3”
現行モデル発売年月日:2005年5月10日
新車価格:157万~182万円
画像は、カスタムターボ RS “リミテッドSA3”

ダイハツ アトレーワゴンのユーザー評価は、主に後部座席をフルフラットにできる点や、全車ターボ付きのため発進時や加速時にパワー不足を感じない点などに集約されていました。設計思想は貨物車(ハイゼット)ベースなので、乗り心地や走行性能への過度な期待は禁物とのこと。主張しないデザインを携え堅実に仕事をする、こうしたアトレーワゴンのいぶし銀な姿を気に入るユーザーが一定数いるようです。

【13位】トヨタ・ピクシスメガ(4,080台)

現行モデル発売年月日:2015年7月2日
新車価格:138万~188万円
画像は、Gターボ "SA3" レジャーエディション
現行モデル発売年月日:2015年7月2日
新車価格:138万~188万円
画像は、Gターボ “SA3” レジャーエディション

トヨタ ピクシスメガは、ダイハツ ウェイクのOEMモデル。ユーザー評価はウェイク同様、圧倒的に室内の広さへの言及で占めています。後席の多彩なシートアレンジや疲れにくいシート設計、リクライニング機能などの実用性・居住性に関する評価が高く、アウトドア用のツールとして重宝されるようです。ただし、室内が広い分、前席と比較して後席は空調による温度変化が伝わりにくいというデメリットへの言及もありました。

【14位】マツダ・スクラムワゴン(1,139台)

現行モデル発売年月日:2015年3月5日
新車価格:152万~187万円
画像は、PZ ターボスペシャル
現行モデル発売年月日:2015年3月5日
新車価格:152万~187万円
画像は、PZ ターボスペシャル

マツダ スクラムワゴンは、スズキ エブリイワゴンのOEMモデル。はじめからデザイン性・先進性より実用性重視のつもりで購入するユーザーが多いのか、高い積載能力や装備の使い勝手、ターボエンジンのトルクバランスなどには高評価の声ばかりです。ユーザーの主な用途はレジャーやアウトドアのようで、長距離運転に耐えうるポイントとしては室内の広さだけでなく、ハンドリングやストップ&ゴーの制御が優れている点にも言及がありました。

【15位】三菱・タウンボックス(703台)

現行モデル発売年月日:2015年3月20日
 新車価格:171万~192万円
 画像は、G
現行モデル発売年月日:2015年3月20日
新車価格:171万~192万円
画像は、G

三菱 タウンボックスは、スズキ エブリイワゴンのOEMモデル。室内が広いためファミリーユースはもちろん、仕事用のパートナーとして愛用するユーザーも多い印象です。エブリイワゴンの設計が優れているため、走りの力強さ・安定感や積載性・居住性はタウンボックスでも高い評価を受けています。悪路にもある程度対応できるとのことで、レジャー・アウトドア・街乗りのあらゆる用途で使える汎用性もポイントです。

【16位】スバル・ディアスワゴン(463台)

現行モデル発売年月日:2009年9月3日
 新車価格:160万~185万円
 画像は、RS スマートアシスト
現行モデル発売年月日:2009年9月3日
新車価格:160万~185万円
画像は、RS スマートアシスト

スバル ディアスワゴンは、ダイハツ アトレーワゴンのOEMモデル。先代はスバル製サンバーの系譜で、スーパーチャージャーやRR駆動といった仕様が一部のマニアには人気でした。しかしダイハツ設計へ移行してからは一般的なワンボックスに落ち着き、限定的なスバルユーザーが主な購入層となっているようです。現行モデルのレビュー・口コミは少ないですが、基本的にアトレーワゴンと同様に室内の広さと積載性が評価されています。

この記事の執筆者
長岡 慎太郎

関連キーワード