MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > プロペラシャフトの構造と仕組みは?異音や折れる原因は?寿命はどのくらい?
役立つ情報

更新

プロペラシャフトの構造と仕組みは?異音や折れる原因は?寿命はどのくらい?

プロペラシャフトとは?

ミッド4 II (トルクチュ-ブ式プロペラシャフト)
ミッド4 II (トルクチュ-ブ式プロペラシャフト)

プロペラシャフトとは、軸を回転させることによって、エンジンの動力を伝達するパーツのことです。画像にある通り、車のほぼ中央に存在します。プロペラシャフトは、FR・4WDにしかないパーツとなっています。

その理由は、ミッションとデフ(差動装置)が離れており、それを中間する役目として駆動力を伝達するためです。FF車に関しては、ミッションとデフが同一化されているため、プロペラシャフトは備わっていません。

もともとはスクリュープロペラを動かすための軸としての意味でしたが、現在では動力伝達軸を総称してプロペラシャフトと呼んでいます。

プロペラシャフトの構造と仕組みはどうなっているの?

平成5年 JA11 ジムニー 純正Rプロペラシャフト 5速 https://t.co/oweVaJspLb pic.twitter.com/rEKCxz1axu— ジムニー@カスタム (@jimnypartsjp) 2017年1月30日

プロペラシャフトの構造は、エンジンの駆動力をプロペラシャフトを介してリヤデフや駆動輪へと動力を伝達する仕組みとなっています。軸受によって固定されており、駆動中は高いトルク(回転力)を受けるため、鋼鉄などの丈夫な材質で造られています。

プロペラシャフトとドライブシャフトの違いとは?

©Andrey Popov/stock.adobe.com

ドライブシャフト

プロペラシャフトと似たような構造で、ドライブシャフトというものがあります。ドライブシャフトは、走行中は常時回転しており、道路の状況によって上下左右に動くサスペンションに合わせて、ドライブシャフトが自在に動くように駆動力を伝える仕組みになっています。

FF、RRといった駆動方式の他、四輪独立懸架のFR、4WDの後輪などにドライブシャフトが装備されています。

二つの違いは?

アメリカでは同一視されているこの二つですが、日本では前述の通り、FR車でのトランスミッションからデフに回転を伝えるための中間地点のことをプロペラシャフトと呼び、前輪駆動や後輪駆動で使用される短いシャフトのことをドライブシャフトと呼んでいます。

プロペラシャフトから異音がしたら交換するべき?

ボー、というような籠った音が聞こえたら、プロペラシャフトを交換しましょう。プロペラシャフトの交換は、整備工場やディーラーで頼むことができます。

費用は具合によって違いますが、プロペラシャフトを全て交換するとなると20万円ほどかかってしまう場合もあります。

プロペラシャフトの交換は非常に高額なので、少しでも違和感を感じたらすぐに修理や交換をしましょう。そうすることで、費用を最小限に抑えることができます。

プロペラシャフトの異音の原因とは?

メガホンとクエスチョンマーク
©stephane41 /stock.adobe.com

プロペラシャフトのアンバランス

プロペラシャフトは高速回転するため、プロペラシャフト自体の回転バランスが悪いと、速度の上昇とともに共振し異音が発生することがあります。

これを「プロペラシャフトのアンバランス」といいます。プロペラシャフトにアンバランスが発生すると、最終的には破損してしまう危険があります。

ユニバーサルジョイントにガタがきている

↓FR車のプロペラシャフトのユニバーサルジョイント

ユニバーサルジョイントにガタがきている場合にも、異音は発生します。ドライブシャフトはサスペンションの動きに合わせて可動させる部分があり、これを「ユニバーサルジョイント」といいます。日本語でいえば「自在継手」となります。

このユニバーサルジョイントは、振動が出ないように一回転ごとに振動を打ち消す機能も持っており複雑な構造となります。このため、走行距離が長くなったり、オフロード走行が多いなど過酷な使用環境下ではユニバーサルジョイントに緩みなどが発生し、いわゆる「ガタ」がきてしまうのです。

プロペラシャフトから異音が発生したら?

車の走行中に下回りから異音が発生したとき、それがどこからの異音なのかは特定するのは簡単ではありません。プロの自動車整備士でも、音を聞くだけで異音の発生箇所を特定することは簡単ではありません。

プロは発生する異音の周波数を専用の測定器で測り、エンジン回転数や速度などの数値から複雑な計算をし、その発生場所を特定します。

無論、目で見てわかる範囲の故障なら、このような高度な測定は不要ですが、自動車は可動部品が多く、異音の発生箇所の特定は簡単ではなくなっています。

従って、一般の人が車を走行しているときに「プロペラシャフトから異音が発生した」と感じることは、よほどの事態を除いてないといって過言ではないでしょう。

車の下回りから異音が発生したら、まずは車を安全な場所に停止させ、すぐにディーラーか自動車整備工場へ電話して対応してもらいましょう。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事