MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 車検・メンテナンス > 車のダンパーの意味とは?車高調やサンスペンションとはどう違う?
車検・メンテナンス

更新

車のダンパーの意味とは?車高調やサンスペンションとはどう違う?

ダンパーの意味

日産 フェアレディZ NISMO 2013年 機能・パーツ等 専用YAMAHA製パフォーマンスダンパー
日産 フェアレディZ NISMO 2013年 機能・パーツ等 専用YAMAHA製パフォーマンスダンパー

ダンパーとは、振動などの運動エネルギーを内部構造の抵抗により減衰させることで、対象に加わるエネルギーを吸収または安定させる装置です。
この作用を”減衰力”と言い、建物の免震機構や、産業機械の制振機構にも使われます。

ダンパーのダンプ(dump)とは、「ゴミを捨てる」「集積場」などの意味をもちますから、無駄な運動エネルギーをゴミとして、少しづつ捨てる装置といえるでしょう。
とはいえ近年では、車に一般的なオイルダンパーの代わりにモーターを使い、サスペンションに働く振動を電気エネルギーに変換するシステムである”eROTシステム”がアウディによって開発されています。

車におけるダンパーの役割

ダンパーは、車のサスペンションを構成する部品の一つで、別名ショックアブソーバーとも呼ばれます。
金属製の筒の中に充填されたオイルの中を、小さな穴のあいたピストンが通る抵抗によって減衰力を発生させる構造。
大きく早い力をゆっくりとした動きへと変化させる作用を持ち、金属バネであるスプリングとの組み合わせることで車に加わる動きと振動を制御します。
走行中の車のバネは、路面からの入力を受けて縮み、元に戻ろうとして伸び上がる動きを延々繰り返します。

その常に繰り返される上下運動を収束させると同時に、車体の姿勢変化のスピードを決めるのがダンパーの役割なのです。
そのため、車の乗り心地と操縦安定性にもっとも影響する重要な部品です。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事