MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > ドアを開けたら熱気がブワッ!車内温度を早く冷やす方法は?
役立つ情報

更新

ドアを開けたら熱気がブワッ!車内温度を早く冷やす方法は?

炎天下に駐車した車内の温度は50度以上になることも

39度を指す車の外気温計

真夏に屋外で車を停めていると、車内はとても熱くなりますね。ドアを開けた瞬間に熱気が襲ってきて、まるでサウナの中にいるような熱さに包まれます。

炎天下に駐車していた車内の温度は50度を上回ることもあり、とても危険な熱さです。一刻も早く車内を涼しくしたいところですが、なかなか涼しくならず汗だくになってしまったという方も多いでしょう。

どうすれば早く車内を涼しくできるのか、その方法をご紹介します。

エアコンで車内の熱気を押し出そう

はじめは窓全開+外気導入

乗り込んでエンジンをかけたら、まずはドアを開けるか窓を全開にしましょう。そして、エアコンを「外気導入」にして風量を最大に。これで車内にこもった熱気を外に逃がすことができます。

窓を開けたまま走り出せば、さらに効率よく熱気を排出できます。

冷えたら窓全閉+内気循環

ある程度冷えてきたら、窓を閉め、エアコンを「内気循環」に切り替えましょう。冷えた空気を循環させることで、車内の隅々まで冷気が行き渡ります。

このふたつをすることで、ものの数分で車内を涼しくすることができます。

真夏の車内は危険がたくさん

車が爆発するおそれも
©ponomarencko/stock.adobe.com

真夏の車内は前述のとおり50度以上になるほど危険なのですが、ダッシュボードなど日光がもっともあたる場所はなんと表面温度が80度近くまで上昇します。

乗ってから車内を涼しくすることももちろん大事ですが、真夏の車内は高温になるということから、乗車中以外にも注意しなければならない点があります。

ライターやガス缶、スマホが爆発

ライターなど発火するものは当然放置厳禁です。また、制汗スプレーなどガスが封入された製品も爆発する危険性があります。

熱い車内で使うからと冷却スプレーを車内に置いている人もいるようですが、大変危険です!

さらに、スマートフォンやノートパソコンなどもバッテリーが爆発するおそれがあるため、車内に放置しないようにしましょう。

金属パーツによるやけどに注意

ダッシュボードが高温になるほか、シートベルトの金具やドアハンドル、シフトノブなど、金属製のパーツも非常に熱くなります。

うっかり触ってしまいやけどを負ってしまうということもありますので、注意しましょう。

特に、チタン製のパーツは特に熱くなりやすいです。ホンダのスポーツカーに乗っている方はすでにその危険性をよく知っていることでしょう。

車内の子供やペットが熱中症で亡くなることも…

大切ないのちを失わないために

車内に置き去りにされたお子さんが、熱中症で亡くなってしまうという悲しいニュースは、いまでも毎年夏に目にします。

真夏の車内は前述のとおり、50度以上にもなります。そんな中に大切ないのちを放置するなんて、言語道断です。

エアコンを切った車内は、わずか10分程度でまた高温に逆戻り。「ちょっと寄るだけ」でも、車内に残すのは非常に危険です。

わずかな時間でも、お子さんや高齢の方、ペットなどを車内に置き去りにすることは絶対にやめましょう。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

その他の最新情報

次期型が遂に発表!今最も注目されているトヨタのフラッグシップSUV

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

マツダの大本命!最も売れたマツダのSUV、CX-5のモデルチェンジは近い?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード