MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > 車の排気量とは?自動車税や馬力との関係や排気量の調べ方
役立つ情報

更新

車の排気量とは?自動車税や馬力との関係や排気量の調べ方

車の排気量とは?

車のエンジン
©nikkytok/stock.adobe.com

車の排気量とは、エンジンの内部でガソリンなどの燃料が燃える部分の容積のことをいいます。排気量は一般的に「○○○○cc」、「○L」と容積を示す単位となります。

排気量が小さいと自動車のエンジンのパワーは小さくなり、逆に大きいとエンジンのパワーは大きくなります。

車のエンジンの排気量は、車の特性を示す最大の特徴となりますが、自動車税の区分や道路交通法などの法律での車の区分にも使われています。

エンジンの排気量の計算方法とは?

エンジン シリンダー
©ARTPROXIMO/stock.adobe.com

エンジン内部は、わかりやすく例えると注射器のようになっています。注射器は、シリンダーとピストンで構成されています。

シリンダーの内径(ボア)とピストンの動く範囲の最大の行程(ストローク)と掛けると、注射器の最大容積となります。

エンジンも同じく、内径(ボア)×行程(ストローク)で1気筒あたりの容積を計算します。例えば、4気筒エンジン(注射器4つ)は1気筒あたりの容積を4倍にしたものがその車のエンジンの「排気量」となります。

排気量を調べる方法は?

諸元表

車の「諸元表」は自動車メーカーのホームページで車種ごとに公開されています。上の写真のような表を「諸元表」といい、エンジンの仕様や車体の仕様などを細かく示しています。紙などのカタログにも排気量は記載されているでしょう。

車検証

車検証には必ず排気量の記載があります。車検証には携帯の義務があり、ダッシュボードなどに入っていることが多いので、車の車検証を確認することが一番早いかもしれません。

実際の排気量と車名やグレードでの排気量には細かい相違が!?

車名やグレードなどに「2,000」、「1.5」などとエンジンの排気量を示す数字が入っていることが多々あります。また、一般的に排気量は「2,000cc」、「2,500cc」、「1.5L」など100cc単位でのきれいな数字で呼ばれています。

しかし、諸元表や車検証を見ると、例えば、2,000ccの車は1,996cc になっているなど、1cc単位で細かく記載されています。

本当に正確な排気量は、諸元表や車検証に記載される細かい数字となります。なお、通常は実際の正確な排気量は、呼称される一般的な排気量より若干少なくなっています。

CCとリットル、表記が2つあるけどどっちが正しい?

CCとリットルは同じ意味を表します。例えば、1.5Lなら1,500cc、3,500ccなら3.5Lということになります。

排気量と税金(自動車税)の関係

自家用乗用車の税額一覧表

排気量税額
1リットル以下25,000円
1リットル超~1.5リットル以下30,500円
1.5リットル超~2リットル以下36,000円
2リットル超~2.5リットル以下43,500円
2.5リットル超~3リットル以下50,000円
3リットル超~3.5リットル以下57,000円
3.5リットル超~4リットル以下65,500円
4リットル超~4.5リットル以下75,500円
4.5リットル超~6リットル以下87,000円
6リットル超110,000円

自動車税は車検証記載の排気量に基づいて自動車税の納付税額が決定されます。自動車税の区分は1cc単位となっていますので、例えば、排気量1,501ccの車は2,000ccの区分の自動車税となります。

国産車の場合はほとんど自動車税区分を意識してエンジンの排気量を設計するため、例えば2,004ccの排気量で2.5Lの自動車税区分とならないよう、税金のコストパフォーマンスが考慮されています。

対して外車では、ほんのちょっと排気量区分をオーバーしてしまい、無駄に感じてしまうことがあります。日本国内市場向けの外車では、この点が考慮されていることが多くなっています。

軽自動車の排気量は?

軽自動車の排気量は1990年以降、550ccから660ccに上限が変更されました。さらに、軽自動車税は2018年より7,200円から10,800円に上がっています。

排気量と馬力の関係

馬のおもちゃ
©Birgit Reitz-Hofmann/stock.adobe.com

クルマのパワーを表す指標には、馬力(出力)とトルクがありますが、排気量と一接な関係にあるのはトルクと言えるでしょう。

エンジンをとにかく高回転まで回せるように改造すれば、馬力は高めることができます。しかし、トルクを高めるためには、排気量を上げたり、ターボやスーパーチャージャーを搭載する必要があります。

トルクは発進や加速時に重要となる要素ですので、トルクが太く加速が鋭い車と、トルクが細くても高回転まで回せる車、どちらがいいかは乗る人の好みによるようです。

1馬力はどれくらい?人間は何馬力?

意外と知らない?ターボ(ターボチャージャー)の仕組みや構造を解説!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事