MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スズキ > ハスラー > スズキ新型ハスラー フルモデルチェンジ!進化したポイントまとめ
新型車・モデルチェンジ

更新

スズキ新型ハスラー フルモデルチェンジ!進化したポイントまとめ

2020年1月20日より発売

スズキ新型ハスラー(2代目)ハイブリッド X ターボ 4WD
バーミリオンオレンジ × ガンメタリック 2トーン
新型ハスラー ハイブリッド X ターボ 4WD
バーミリオンオレンジ × ガンメタリック 2トーン

2019年12月24日のクリスマス・イブにスズキは人気軽SUV「ハスラー」をフルモデルチェンジ、2020年1月20日より発売と発表しました。

MOBY編集部は、この発表の約1ヶ月前にメディア向けに開催された事前撮影会で取材を行いました。スズキの開発担当から直接伺ったお話を織り交ぜながら、フォトレポート形式で新型ハスラーの要点をお伝えします。

スズキ ハスラー 初代
初代ハスラー。丸目のかわいらしさとSUVの迫力が同居したデザインは新型になっても変わらず。キープコンセプトの正常進化。新型はアクティブな要素を前面に押し出した。

2014年1月に初代ハスラーが発売開始。当時の軽クロスオーバーSUVでは先駆者となりましたが、今は埋もれてきた印象。スズキ担当者の話では、2014年当時のクロスオーバーと2019年のクロスオーバーを比較すると、消費者の捉え方が変わってきている。初代はミックスされたマルチ的なクロスオーバーで新型はアクティブ派を強く推したとのことでした。確かに、最近のSUVはシティ派、オフローダー派など個性、主張が強く出てきています。

先進安全装備・運転支援技術てんこ盛り「スズキ セーフティ サポート」

スズキ新型ハスラー(2代目)ステレオカメラ
デュアルカメラ。夜間歩行者検知機能、標識認識機能、ハイビームアシストがついている。

軽自動車の先進安全装備は、登録車(普通車)と差はなくなってきました。新型ハスラーも先進安全装備、運転支援技術はてんこ盛り。その機能を列記します。

・デュアルカメラブレーキサポート(夜間歩行者検知機能、標識認識機能、ハイビームアシスト)
・後退時ブレーキサポート
・全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)
・車線逸脱抑制機能
・6つのSRSエアバッグ
・助手席シートベルトリマインダー
・「TECT」軽量衝撃吸収ボディ
・歩行者傷害軽減ボディ
・ESP(車両走行安全補助システム)

このうち、ACCと車線逸脱抑制はスズキの軽自動車では初採用となります。

取材時のプレゼンでは、そもそもスズキは人間中心に考えた「基本安全」と先進安全装備“スズキ セーフティ サポート”による「予防安全」と、6つのSRSエアバッグ、衝撃吸収ボディ“TECT”などの「衝突安全」という3つの安全技術があることを強調していました。

スズキ新型ハスラー(2代目)ドアミラー下カメラ
ドアミラーに装備されたカメラ

新型ハスラーは360度を映し出すモニターを装備。駐車場で多い接触事故や自損事故の防止に役立ちます。

スズキ新型ハスラー(2代目)9インチディスプレイ。全方位モニター付きメモリーナビ(オプション)
全方位モニター付きメモリーナビゲーションはメーカーオプション。

スズキ初のインフォティメントシステムは9インチの大画面。スマホ連携メモリーナビを採用。運転をソフト面でサポートしてくれます。

走行性能と快適性が進化

スズキ新型ハスラー(2代目)R06D型ターボ・マイルドハイブリッドエンジン
R06A型 ターボエンジン。マイルドハイブリッドシステムも組み込まれる。

まずはエンジン。NA(自然吸気・ノンターボ)が新開発のR06A型エンジンを採用。スズキの説明では「軽快な走りと低中速域での優れた実燃費」を実現したとのことです。ターボエンジンはすでに定評のあるR06A型で「ゆとりの動力性能と長距離移動の快適性」と伝えていました。

実売では主流となるNAエンジンは、スズキの軽自動車は初となるデュアルインジェクションシステム(普通は1本の燃料噴射が2つ)と、クールドEGR(排気ガスの一部を冷やして吸気側へ送る)を採用、急速燃焼と高圧縮比でもって高出力、低燃費を実現したとのことです。これは、早く公道で試乗して試してみたいものです。

スズキ新型ハスラー(2代目)ハイブリッドエンブレム

新型ハスラーは全車マイルドハイブリッドになりました。実燃費の向上が期待できます。

スズキ新型ハスラー(2代目)新型CVT シフトレバー

トランスミッションは新型CVTを採用。スズキ初となる2ポートオイルポンプ(普通は1つ)と高効率ベルトを備えて軽量化を図ったトルクコンバーター付きCVT。出足が軽くなっていることに期待できます。

スズキ新型ハスラー(2代目)4WD リア足回り
4WDのリア足回り

4WD車では先代にはなかったスノーモードが装備されました。雪道、アイスバーンでの発進が安全、楽になります。

スズキ新型ハスラー(2代目)HERTECT 滑らかな骨格構造
「HERTECT」
スズキ広報画像
スズキ新型ハスラー(2代目)環状骨格構造
新型ハスラーの環状骨格構造ボディ。
スズキ広報画像

クルマの乗り心地の良し悪しは、ボディの骨格も大きな決め手になります。ガタイの良いお父さんと華奢なお父さん、どっちに肩車をしてもらうのが快適でしょうか?新型ハスラーは、ガタイの良いお父さん。取材時、200m程敷地内移動で運転したのですが、ほんのチョイ乗りでもしっかりしたボディ剛性を感じることができました。

燃費

新型ハスラーのWLTCモード燃費は次の通り。低燃費です。

▶2WD
NA:25.0km/L
ターボ:22.6km/L
▶4WD
NA:23.4km/L
ターボ:20.8km/L

使い勝手の良さは先代を超えたか?

スズキ新型ハスラー(2代目)ラゲッジスペース 後席は5:5分割で倒れる

汚れても掃除しやすい後席の背面、ラゲッジスペース床面の樹脂系素材は初代ハスラーでもユーザーの評価が高く2代目新型も継承。初代の使い勝手の良さに定評がありましたが、新型ハスラーはさらに進化。新型ハスラーの開発担当者の話では、初代ハスラーユーザーの声を訊きさらに進化させたとのこと。使い勝手の良さは先代を超えたと胸を張っていました。

この他、収納や室内空間については記事末部の画像ギャラリーにてご覧ください。

「楽しさ・ワクワク」がキーワード

スズキ新型ハスラー(2代目)事前撮影会風景
新型ハスラー事前撮影会風景

新型ハスラーの開発の背景には、

「遊び方」や「使い方」の楽しさ・ワクワクがどんどん広がる
「アウトドアアイテムを日常的に使い、楽しむスタイル」に着目
もっと遊べる!もっとワクワク!もっとアクティブな軽クロスオーバーワゴン

の3つがあるとプレゼンで開発担当が語っていました。新型ハスラーの画像だけでも、これらの要素を十分に感じていただけるのではないでしょうか?

車両価格とグレード間価格差

スズキ新型ハスラー(2代目)やや上から撮影

新型ハスラーのグレード構成は、上級グレードの「X」と標準グレードの「G」の2つ、それぞれのグレードに2WDと4WDの駆動方式、ターボとNAエンジンの両方が設定させるマトリックス構成。全8タイプとなります。

メーカー希望小売価格は、G・2WD・NAの136万5,100円(税込)が最安価、最も高いのが、X・4WD・ターボの174万6,800円(税込)となっています。グレード間の装備差と価格差が大きくないため、エンジンタイプと駆動方式で選んで上級グレードを選択、といったところが実売の厚い層になりそう。

ターボとNAの価格差が約10万、2WDと4WDの価格差が約14万、GとXの差が約15万円となっています。

ボディカラー一覧【全11色】

スズキ新型ハスラー(2代目)全11色のボディカラー
スズキ広報画像

1列目:バーミリオンオレンジ ガンメタリック2トーン|デニムブルーメタリック ガンメタリック2トーン|フェニックスレッドパール ガンメタリック2トーン|チアフルピンクメタリック ホワイト2トーン
2列目:アクティブイエロー ホワイト2トーン|ブリスクブルーメタリック ホワイト2トーン|シフォンアイボリーメタリック|オフブルーメタリック
3列目:ブルーイッシュブラックパール3|ピュアホワイトパール|クールカーキパールメタリック

フォトギャラリー

スズキ新型ハスラー フロント ライト未点灯
スズキ新型ハスラー フロント ライト点灯
ヘッドライト点灯状態
スズキ新型ハスラー(2代目)ボディサイド
スズキ 新型ハスラー リアゲート
スズキ新型ハスラー(2代目)リアのバッジ
スズキ新型ハスラー(2代目)
Xグレードは15インチアルミホイール。
最低地上高は180mmと本格SUV同等。
スズキ新型ハスラー(2代目)スズキのエンブレム
スズキ新型ハスラー(2代目)給油口
スズキ新型ハスラー(2代目)運転席インパネ・ドライバー視点で撮影
スズキ新型ハスラー(2代目)助手席側インパネ・ドライバー視点で撮影
スズキ新型ハスラー(2代目)インパネ全体
新型ハスラーは先代より視界を広く設計されたとのこと。
スズキ新型ハスラー(2代目)4.2インチカラー液晶メーター
新型ハスラーは4.2インチカラー液晶メーターに。車両情報が見やすくなった。
スズキ新型ハスラー(2代目)ハンドル右側はACC(アダプティブ・クルーズコントロール)の操作スイッチ、左側はオーディオ、電話等の操作スイッチ。
ハンドル右側はACC(アダプティブ・クルーズコントロール)の操作スイッチ、左側はオーディオ、電話等の操作スイッチ。
スズキ新型ハスラー(2代目)車両情報表示機能に加え、スマートフォン連携に自車位置精度を向上させたメモリーナビゲーション
前述した全方位モニターをオプション採用、車両情報表示機能に加え、スマートフォン連携に自車位置精度を向上させたメモリーナビゲーションとなった。
スズキ新型ハスラー(2代目)運転席・助手席
フロントシートの地上高は先代比7m低くなった。たった7mmでも乗り降りのしやすさはかなりよくなったとのこと。ステップの地上高は先代比+2mm。
スズキ新型ハスラー(2代目)フロントウィンドウ越しの外側。
先代に比べて上方視界が0.5度広くなった。数値はたった0.5度でも視界はかなり広くなったと開発担当は語る。Aピラーを先代よりも立ててルーフを少し上げた。
スズキ新型ハスラー(2代目)リアシート
フロントシートに対して、リアシートの座面地上高は+5mm。視界の良さ、開放感が先代よりプラスとなったとのこと。
スズキ新型ハスラー(2代目)リアシートとフロントシート背面
前・後席間は先代より35mmも増え室内は広くなった。
スズキ新型ハスラー(2代目)運転席側ハンドルコラム右側・ドリンクホルダー
スズキ新型ハスラー(2代目)運転席側ドリンクホルダー、エアコンルーバー
スズキ新型ハスラー(2代目)フロントシートのセンターコンソール
スズキ新型ハスラー(2代目)グローブボックスを開けた状態
スズキ新型ハスラー(2代目)グローブボックスを閉じた助手席側
スズキ新型ハスラー(2代目)助手席ドリンクホルダー
スズキ新型ハスラー(2代目)後席ミニテーブルととドリンクホルダー
ミニテーブルとドリンクホルダー
スズキ新型ハスラー(2代目)後席内部ドアハンドル兼アームレスト
後席ドアハンドルはアームレスト兼用
スズキ新型ハスラー(2代目)ラゲッジスペース シート立てた状態
スズキ新型ハスラー(2代目)ラゲッジスペース シート全倒し
スズキ新型ハスラー(2代目)フロントサスペンション
スズキ新型ハスラー(2代目)給油口
スズキ新型ハスラー リモコンキー
スズキ新型ハスラー(2代目)紅葉を背景に撮影

【公式】スズキ 新型ハスラー WEBカタログ

取材・撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

この記事の執筆者
MOBY編集部 宇野 智