MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > R32スカイラインは「手術に成功したが、患者は死んだ」?大幅イメチェンで失敗したスカイラインたち【推し車】
メーカー・車種別

更新

R32スカイラインは「手術に成功したが、患者は死んだ」?大幅イメチェンで失敗したスカイラインたち【推し車】

長い歴史を誇る車の場合、大抵はどこかで「ユーザー層の若返り」、あるいは「薄れていたコンセプトを回復するためのイメージチェンジ」が大々的に行われるものですが、時にはそれが派手に失敗し、その後のブランドイメージにまで大きく影響する場合があります。

今回紹介する日産 スカイラインなどその代表的な例で、もともとプリンス車として登場、後に合併した日産車となったがゆえの社内の派閥争いや、営業サイドとの綱引き、企業戦略などにより常に翻弄され続け、失敗を繰り返してきた車でした。

7代目R31(1985年)

ハイソカーにするのはいいけど…当初のクーペ不在が痛い

日産 スカイライン 4ドアハードトップ GTパサージュ ツインカム24V(7代目R31前期)

6代目R30で表面がツルンとして近代的なフラッシュサーフェス化にボディデザインが変わったスカイラインですが、その頃から大まかな傾向は定まっていたとはいえ、モデルチェンジした7代目R31は少々どころではなく、行き過ぎたイメージチェンジが批判されます。

後にステーションワゴンや2ドアクーペが追加されるとはいえ、デビュー時のラインナップは2代目S50系以来となる4ドア(セダン/ピラーレスハードトップ)のみ、4代目C110系から採用した丸目4灯テールランプがなければ、新型ローレルと言われても違和感ありません。

1987年に登場したグループAレース用ホモロゲーションモデル「GTS-R」が活躍してスポーツ系イメージを回復するも、当初は4ドアにしては落ち着きがなく、2ドアはどこに行ったと、スカイラインファンから総スカンをくらいました。

8代目R32(1989年)

いつからグループAレースに勝てればそれでいいクルマになったのか

日産 スカイライン 4ドアスポーツセダンGTS-t Type M(8代目R32)

「R32の何がいけないんだ?!名車中の名車じゃないか!」とお怒りの人がいるかもしれませんが、よく考えてみてください。

スカイラインには4ドアハードトップセダンがラインナップされ、スポーティといっても日産プリンス店でグロリアに次ぐ、ファミリー層向けのアッパーミドルクラスセダンとして量販できなければ、話にならない車なのです。

それが「とにかくグループAレースに勝たなければ」と、BNR32スカイラインGT-Rを全ての基準にして開発し、確かにレースでは海外勢をも寄せ付けない無敵ぶりを発揮したものの、だから何だというのでしょう?

「手術に成功したが、患者は死んだ」という言葉がありますが、R32の場合「レースに勝ったが、肝心のセダンが売れない無意味な勝利だった」わけで、量販車のモデルチェンジとしては空前の大失敗、いっそ4ドアはローレル、2ドアはスカイラインと分けるべきでした。

11代目V35(2001年)

悪いクルマじゃないのに、いくらなんでも脇が甘すぎた

日産 スカイライン300GT(11代目V35)

日産の車種ラインナップにおいて、「日産系だけど旧プリンスの工場で作っていたローレル」、「旧プリンス系のスカイライン」の並立は全く無駄としか言いようがなく、日産がルノー傘下となって初のモデルチェンジで登場したV35で、ようやく両者は統一されました。

そもそも高級車ブランド「インフィニティ」向けスポーツセダンとして開発され、クルマとしての完成度に文句はなかったはずですが、ゴツゴツした男臭いスポーツセダン/クーペのスカイラインが、今日から高級スポーツセダンと言われてはユーザーも混乱します。

「スカイライン」の名を残すために他の手段がなかったとはいえ、2ドアクーペ版CV35を同時発売するまで待つか、丸目4灯テールランプをデザインに残せば、もっとユーザーが納得し、愛される車になれたかもしれません。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード