MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > パワーウエイトレシオとは?速い国産車&外車&軽自動車ランキング|2020年最新情報
メーカー・車種別

更新

パワーウエイトレシオとは?速い国産車&外車&軽自動車ランキング|2020年最新情報

加速性能を比較する上で使用されるパワーウエイトレシオ。算出方法をはじめ、編集部がピックアップした46車種の数値を、ジャンル別のランキング形式でお届けします。

パワーウエイトレシオとは?

パワーウエイトレシオとは、1馬力が支えている車の重さのことで、加速性能を比較するための数値のひとつです。車以外にもオートバイや航空機などにも用いられます。

エンジン性能が同じ場合でも、パワーウエイトレシオで加速性能を比較できます。

パワーウエイトレシオの計算方法

パワーウエイトレシオは、「車両重量(kg)÷馬力(PS)」で計算され、「kg/PS」という単位で表されます。

例えばトヨタ カローラのガソリンモデルの数値は以下のとおりです。

車両重量1,250kg
エンジン最高出力140PS
パワーウエイトレシオ8.92kg/PS

このように、車両重量をエンジン最高出力で割ることで簡単にパワーウエイトレシオが算出できます。

ハイブリッドモデルなどの場合はシステム最高出力で計算する

ハイブリッド車のパワートレインは、エンジン以外にも電気モーターが組み合わされており、スペック表を確認すると、どちらにも最高出力の項目があります。

この場合、パワーウエイトレシオを計算するには2つの項目を加味した「システム最高出力」という数値を使用し、「車両重量÷システム最高出力」で計算します。

カローラのハイブリッドモデル(2WD)を例に計算してみましょう。まず、スペックは以下の通りです。

車両重量1,330kg
エンジン最高出力89PS
モーター最高出力72PS
システム最高出力122PS
パワーウエイトレシオ10.90kg/PS

これらの数値から分かるように、システム最高出力はエンジン+モーターの数値ではありません。実はこの数値は計算不可能。カタログなどでメーカーが公表している数値を参照しましょう。

パワーウエイトレシオはあくまで速さの参考値のひとつ

パワーウエイトレシオはあくまで目安の数値であり、実際の性能と完全にはリンクしません。また、車両重量の変動によって実際の数値は変わります。

実際に車両重量を影響を与える要因として、代表的な例は以下の通りです。

  • 乗車人数×それぞれの体重
  • 積載する荷物の重量
  • タイヤ・ディスクブレーキ板などの重量

走り出しの速さは測定できない

パワーウエイトレシオは車の加速性能を表す数値ではありますが、走り出しの加速性能は知ることができません。

走り出しの性能を示す数値には、停止状態から時速100キロに到達するまでの時間を測定する「0-100Km/h加速」というものがあります。

速く走るためには、1馬力あたりの車重は軽い方がいい?

パワーウエイトレシオが5kg/馬力以下=加速がものすごく速い車

一般的な車種10kg/PS前後
スポーツカー3kg/PS前後
F1マシン0.6kg/PS前後

パワーウエイトレシオの平均値は上記の表の通りです。おおまかな基準として、5kg/PSを下回る車種はかなりの加速性能をもっているという認識でよいでしょう。

ちなみに国産最速と言われる日産GT-R NISMOの数値は約2.9kg/PSなので、F1マシンの凄まじさが分かります。

最新の車の方がパワーウエイトレシオが高い?

90年代から2000年代に生産された国産車は、現在販売されている車種よりもパワーウエイトレシオが低い傾向にあります。

この理由は、現代の車が衝突安全性を考慮したボディ構造をしているため、とにかく軽くしようとしていた時代の車と比べ、車両重量の平均値が上がっているからです。

スポーツカーは軽いボディに高馬力エンジンを積む=パワーウエイトレシオが低い

スポーツカーは軽量なボディと高出力のエンジンを採用するため、一般的な車種よりもパワーウエイトレシオは低くなります。

中にはスポーツカーとは程遠い外観ながら、かなりの性能をもっている車種もあります。

日産 マーチスーパーターボ

代表的な例が日産 マーチスーパーターボ。大衆的なコンパクトカーでありながら強力なエンジンをを搭載し、7.0kg/PSという数値を記録しています。

最新「マーチ」中古車情報
本日の在庫数 1213台
平均価格 64万円
支払総額 15~256万円

高級車は重いボディに高馬力エンジンを積む=パワーウエイトレシオが意外と低い

豪華さを追求した超高級志向の車種のパワーウエイトレシオが低いということはあまり知られていません。

ロールスロイス ファントム
ロールスロイス ファントム
車両重量2,700kg ÷ 最高出力571PS = 4.72kg/PS
ベントレー ミュルザンヌ
ベントレー ミュルザンヌ
車両重量2,770kg ÷ 最高出力512PS = 5.41kg/PS

例えば超高級車の代名詞であるロールスロイス ファントムやベントレー ミュルザンヌは、どちらも2,700kg台とかなり重量級ですが、パワーウエイトレシオは低い数値になっていることが分かります。

こういった車種は、乗り心地や乗員数を意識することで車両重量が大きくなる一方、高馬力エンジンを搭載しているのでパワーウエイトレシオは低くなるのです。

最新「ファントム」中古車情報
本日の在庫数 7台
平均価格 4,255万円
支払総額 1,840~8,023万円
最新「ミュルザンヌ」中古車情報
本日の在庫数 8台
平均価格 1,338万円
支払総額 972~2,580万円

軽自動車のパワーウエイトレシオランキングTOP5

【第1位】スズキ アルトワークス

グレード2WD(5MT)
車両重量670kg
エンジン0.70L 直列3気筒ターボ
エンジン最高出力47kW[64PS]/6,000rpm
パワーウエイトレシオ10.47

ラリーでも活躍するスポーティな車種だけあり、今回比較した軽自動車の中ではダントツ1位。軽自動車のエンジンには64馬力の自主規制があるため、最も軽量だったアルトワークスに軍配が上がりました。

最新「アルトワークス」中古車情報
本日の在庫数 442台
平均価格 132万円
支払総額 15~420万円

【第2位】スズキ ワゴンR スティングレー

グレードHYBRID T 2WD
車両重量800kg
エンジン0.70L 直列3気筒ターボ
エンジン最高出力47kW[64PS]/6,000rpm
パワーウエイトレシオ12.50

スティングレーはワゴンRから派生した上位車種に位置付けられているモデル。HYBRID TはワゴンRシリーズ唯一となるターボ採用グレードで、通常のワゴンRよりも最高出力が大幅に引き上げられています。

最新「ワゴンR」中古車情報
本日の在庫数 8213台
平均価格 75万円
支払総額 7~179万円

【第3位】ホンダ S660

ULTIMATE 660GT WORLD Vol.1 (OPTION 特別編集   サンエイムック)

ULTIMATE 660GT WORLD Vol.1 (OPTION 特別編集 サンエイムック)

1,280円(05/19 03:31時点)
Amazonの情報を掲載しています
グレードα 2WD(6MT)
車両重量830kg
エンジン0.70L 直列3気筒
エンジン最高出力47kW[64PS]/6,000rpm
パワーウエイトレシオ12.97

軽自動車とミッドシップスポーツカーを両立させた2シータースポーツ。オープン仕様にもできる本格派ですが、かなりストイックなモデルなため、ほぼ1人乗りと考えていいでしょう。

最新「S660」中古車情報
本日の在庫数 511台
平均価格 227万円
支払総額 105~475万円

【第4位】スズキ ハスラー

ニューモデル速報 第592弾 新型ハスラーのすべて

ニューモデル速報 第592弾 新型ハスラーのすべて

三栄
501円(05/19 08:13時点)
発売日: 2020/01/20
Amazonの情報を掲載しています
グレード Gターボ 2WD
車両重量820kg
エンジン0.70L 直列3気筒ターボ
エンジン最高出力47kW[64PS]/6,000rpm
パワーウエイトレシオ12.81

遊べる軽をコンセプトに発売され、車中泊もできるほど高いシートアレンジ性能および積載性を持っています。デザインも人気が高く、軽自動車の新車販売台数では毎年TOP10にランクインしています。

最新「ハスラー」中古車情報
本日の在庫数 6132台
平均価格 126万円
支払総額 26~330万円

【第5位】ダイハツ コペン

ダイハツ コペン No.6 (ハイパーレブ vol.216)

ダイハツ コペン No.6 (ハイパーレブ vol.216)

6,380円(05/19 08:13時点)
Amazonの情報を掲載しています
グレードGR SPORT 2WD
車両重量850kg
エンジン0.70L 直列3気筒ターボ
エンジン最高出力47kW[64PS]/6,400rpm
パワーウエイトレシオ13.28

3位のホンダ S660と並ぶ2シーター軽スポーツ。コペンはオーナー同士の交流が盛んな車種でもあり、発売から根強い人気を持っています。2018年にクーペモデル、2019年にGR SPORTが発表されています。

最新「コペン」中古車情報
本日の在庫数 1198台
平均価格 122万円
支払総額 30~320万円

国産エコカーのパワーウエイトレシオランキング

代表的な国産エコカー4台をピックアップし、パワーウエイトレシオに優れる順にランキングしました。

【第1位】日産 リーフ

グレードE+ X
車両重量1,670kg
エンジン電気モーター
モーター最高出力160kW[218PS]/4,600~5,800rpm
パワーウエイトレシオ7.66

2010年に発売され、電気自動車(EV車)の先駆けとなったモデル。現行は2代目で、先代よりも大幅な出力増を達成。EV車ならではの加速性も相まって、力強い走りを実現しています。

最新「リーフ」中古車情報
本日の在庫数 1261台
平均価格 158万円
支払総額 15~505万円

【第2位】ホンダ クラリティPHEV

グレード
車両重量1,850kg
エンジン1.5L 直列4気筒
電気モーター
システム最高出力158kW[215PS]/5,500rpm
パワーウエイトレシオ8.60

エンジンとモーターで駆動するハイブリッド走行に加え、外部充電によるEV走行も可能なプラグインハイブリッドモデル。これを活かし、EV走行・エンジン走行・ハイブリッド走行の3種類の走行モードを切り替えることができます。

{"status":404,"message":"NotFound \u63b2\u8f09\u7d42\u4e86."}

【第3位】トヨタ プリウス

歴代プリウスのすべて (モーターファン別冊)

歴代プリウスのすべて (モーターファン別冊)

3,190円(05/19 08:13時点)
Amazonの情報を掲載しています
グレードE
車両重量1,320kg
エンジン1.8L 直列4気筒
電気モーター
システム最高出力90kW[122PS]
パワーウエイトレシオ10.82

世界初のハイブリッドカーとして登場したプリウス。現行モデルは2015年発売の4代目で、「プリウス50」と呼ばれる場合もあります。2018年末のデザインを一新するビッグマイナーチェンジが話題となりました。

最新「プリウス」中古車情報
本日の在庫数 10214台
平均価格 170万円
支払総額 25~612万円

【第4位】トヨタ プリウス PHV

グレードS
車両重量1,510kg
エンジン1.8L 直列4気筒
電気モーター
システム最高出力90kW[122PS]
パワーウエイトレシオ12.38

車名の通り、プリウスのプラグインハイブリッドモデル。プリウスとの決定的な違いは、PHVではモーターのみのEV走行ができる点。乗り方次第ではガソリンを全く使用しないことも可能です。

最新「プリウスPHV」中古車情報
本日の在庫数 1115台
平均価格 216万円
支払総額 54~441万円

ミニバンのパワーウエイトレシオランキング

代表的なミニバンをピックアップし、パワーウエイトレシオに優れる順にランキングしました。

【第1位】トヨタ アルファード/ヴェルファイア

グレードSC/ZG
車両重量2,090kg
エンジン3.5L V型6気筒
エンジン最高出力221kW[301PS]/6,600rpm
パワーウエイトレシオ6.94

アルファードとヴェルファイアは兄弟車で、どちらも高級ミニバンの代名詞。以前はヴェルファイアの方が人気でしたが、近年はアルファードが逆転している傾向に。高馬力V6エンジンでパワーウエイトレシオはミニバン唯一の6.00kg/PS台。

最新「アルファード」中古車情報
本日の在庫数 4185台
平均価格 383万円
支払総額 38~1,818万円
最新「ヴェルファイア」中古車情報
本日の在庫数 3487台
平均価格 249万円
支払総額 48~1,177万円

【第2位】日産 エルグランド

ニューモデル速報 第443弾 新型エルグランドのすべて

ニューモデル速報 第443弾 新型エルグランドのすべて

三栄書房
550円(05/19 10:13時点)
Amazonの情報を掲載しています
グレード350 HIGHWAY STAR
車両重量2,000kg
エンジン3.5L V型6気筒
エンジン最高出力206kW[280PS]/6,400kW
パワーウエイトレシオ7.14

高級ミニバンの元祖とも言われ、1位のアルファードなどのライバル車を生むきっかけとなった車種。2010年からフルモデルチェンジされておらず、ちょうど10周年となる2020年に期待が集まっています。

最新「エルグランド」中古車情報
本日の在庫数 1393台
平均価格 169万円
支払総額 30~2,299万円

【第3位】ホンダ ステップワゴン

グレードe:HEV SPADA G
車両重量1,790kg
エンジン1.5L 直列4気筒
電気モーター
システム最高出力158kW[215PS]
パワーウエイトレシオ8.33

「わくわくゲート」と呼ばれる左右非対称のテールゲートが特徴。現行は5代目。ちなみに3代目はミニバン界のタイプRを目指したとも言われ、走りに定評があったモデルでした。

最新「ステップワゴン」中古車情報
本日の在庫数 1665台
平均価格 213万円
支払総額 20~552万円

【第4位】トヨタ ノア/エスクァイア

グレードX/Gi
車両重量1,570kg
エンジン2.0L 直列4気筒
エンジン最高出力112kW[152PS]6,100rpm
パワーウエイトレシオ10.33

ノアとエスクァイア、そして6位のヴォクシーは兄弟車で、基本的なスペックは同じ。同じトヨタのアルファードと比較すると、価格が安いかわりにパワー不足が目立つとの意見が多く見られます。

最新「ノア」中古車情報
本日の在庫数 3120台
平均価格 213万円
支払総額 19~626万円
最新「エスクァイア」中古車情報
本日の在庫数 1293台
平均価格 224万円
支払総額 89~416万円

【第5位】ホンダ フリード

ニューモデル速報 第541弾 新型フリードのすべて

ニューモデル速報 第541弾 新型フリードのすべて

三栄書房
550円(05/19 03:31時点)
発売日: 2016/09/17
Amazonの情報を掲載しています
グレードB Honda SENSING
車両重量1,340kg
エンジン1.5L 直列4気筒
電気モーター
エンジン最高出力95kW[129PS]/6,600rpm
パワーウエイトレシオ10.39

街中で運転しやすいコンパクトミニバン。6人乗りや7人乗りも選択でき、乗り降りもしやすい親切設計。車両価格も200万円前後と経済的で、子育て中のファミリー層にぴったりの車種です。

最新「フリード」中古車情報
本日の在庫数 2590台
平均価格 150万円
支払総額 18~338万円

【第6位】トヨタ ヴォクシー

グレードZS
車両重量1,600kg
エンジン2.0L 直列4気筒
エンジン最高出力112kW[152PS]6,100rpm
パワーウエイトレシオ10.53

第4位のトヨタ ノア/エスクァイアとは兄弟車種。スポーティさを押し出したフロントグリルが特徴です。エンジンスペックは変わらないものの、ヴォクシーのみ車両重量が30kg大きかったため、微妙に数値に差が生じています。

最新「ヴォクシー」中古車情報
本日の在庫数 5868台
平均価格 215万円
支払総額 20~578万円

【第7位】日産 セレナ

グレードX
車両重量1,650kg
エンジン1.5L 直列4気筒
電気モーター
システム最高出力110kW[150PS]6,000kW
パワーウエイトレシオ11.00

人気ミニバンの代表格で、2018年にはミニバン販売台数第1位に輝きました。2019年は惜しくもシエンタに抜かれて2位でしたが、それでも根強い人気を誇ります。e-powerやプロパイロット機能、トップクラスの燃費が人気の理由です。

最新「セレナ」中古車情報
本日の在庫数 7832台
平均価格 177万円
支払総額 19~2,678万円

【第8位】トヨタ シエンタ

ニューモデル速報 第519弾 新型シエンタのすべて

ニューモデル速報 第519弾 新型シエンタのすべて

三栄書房
550円(05/19 08:13時点)
発売日: 2015/07/29
Amazonの情報を掲載しています
グレード2列シート(ガソリン)
車両重量1,320kg
エンジン1.5L 直列4気筒
エンジン最高出力80kW[109PS]/6,000rpm
パワーウエイトレシオ12.11

2019年度のミニバン販売台数第1位を達成した人気ミニバン。7人乗りながら扱いやすいコンパクトなボディサイズとポップなカラーリングが好評。

最新「シエンタ」中古車情報
本日の在庫数 3228台
平均価格 162万円
支払総額 20~550万円

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード