MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > キックス > 【日産 キックス 新型1000km試乗】東北一般道ドライブ&東日本大震災伝承館を巡る&ほぼ取説動画
キックス

更新

【日産 キックス 新型1000km試乗】東北一般道ドライブ&東日本大震災伝承館を巡る&ほぼ取説動画

撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

2020年6月にデビューした日産の新型電動コンパクトSUV「キックス」。これまで、試乗会レポート開発者インタビューにてキックスの特徴などをお伝えしてきました。今回は総走行距離1,000kmの超長距離ドライブレポートと、キックスのさまざまな装備のほぼ取説を、動画と記事のハイブリッド形式でお届けします。

▽チャプター
0:00 オープニング(千葉県銚子市犬吠崎)
1:05 ドライブ(銚子大橋・茨城県神栖市ウィンドファーム・同ひたちなか市平磯海岸の朝焼け・同日立バイパス旭高架橋)
4:10 e-POWERの解説(エンジンルーム)
4:42 運転席周り解説
9:54 マナーモード住宅街走行
10:52 ドライブ(帰宅困難区域 福島県相馬町国道6号)
11:45 東日本大震災・原発災害 伝承館
13:31 インプレッションその①市街地走行(仙台市内国道4号線)
13:54 気仙沼市 東日本大震災遺構・伝承館
20:18 インプレッションその②山岳路(気仙沼市)
22:12 プロパイロット操作方法・高速道路走行(三陸自動車道・気仙沼市)
27:00 室内装備・スイッチ類すみずみチェック
36:39 ドライブ(宮城県南三陸町志津川・同南三陸町神割崎・同石巻市北上川・牡鹿半島の夕焼け)

下記は、動画ではお伝えしていない内容、画像をお届けします。

ドライブコース

日産 キックス 茨城県鹿島工業地帯の風力発電を背景に撮影
茨城県鹿島工業地帯

動画では、千葉県銚子市犬吠崎からスタートしていますが、実際の総試乗コースはキックスをお借りした日産本社のある横浜から東京都内の自宅を経由して犬吠崎へ、その後、国道6号を主軸に時折脇道に逸れながら北上、仙台市内で国道6号終点から国道4号線、国道346号線を通って気仙沼市で折り返して南下、海岸線を通る国道398号線を主軸に走行し、南三陸町、女川市を通って牡鹿半島を一周して石巻市へ、その後仙台市街地を抜けた南仙台から常磐道で帰京する、といったものとなりました。総走行距離は約1,000km。

福島第一原発 建屋と煙突
福島第一原発。画面左側、木々の後ろ側で屋根を覗かせているのが、原子炉のある建屋。
国道6号線 相馬町にある線量計
国道6号線 相馬町にある線量計。低い山を越えたところにもあった福島第一原発に近いところのほうが線量が高かった。許容範囲内とはいえ、不安にならざるを得ない。
気仙沼市 東日本大震災遺構・伝承館
気仙沼市 東日本大震災遺構・伝承館は、屋上のすぐ下4階まで津波が押し寄せても残った小学校の校舎がそのまま遺構として保全されている。
めくれた壁は流れてきた工場が激突した痕。このとき、屋上には50名ほどの生徒と先生が避難しており、あわやのところで助かったとのこと。
動画では詳しくお伝えしています。

燃費

燃費計 10枚の画像を1つにまとめたもの

総トータル燃費は、23km/Lでした。(走行シーン別に10回計測した平均値)。信号の少ない国道走行が全体の7割以上を占めたという条件の良いものでしたが、横浜から東京への移動では、半分以上渋滞という悪条件化で約17km/L。また、全行程を通じて燃費が良くなるように意識しての走行はしていません。長距離ドライブで燃費を気にしながら走るのは結構ストレスですし。ストレスレスの走行の方が安全運転の維持にも繋がりますし。なかなかの好燃費でした。

試乗車のスペック

日産 キックス ひたちなか市の海岸での朝焼けを撮影
ひたちなか市の海岸での朝焼け
車名キックス
グレードX ツートンインテリアエディション
全長4,290mm
全幅1,760mm
全高1,610mm
ホイールベース2,620mm
地上最低高170mm
車両重量1,350㎏
エンジン型式HR12DE
エンジン種類1.2L直列3気筒DOHC
最高出力82PS/6000rpm
最大トルク103N・m/3600-5200rpm
モーター最高出力95kW(129PS)
モーター最大トルク260N・m
駆動方式FF/2WD
使用燃料レギュラーガソリン
タンク容量41L
WLTCモード燃費21.6km/L
∟市街地モード26.8km/L
∟郊外モード20.2km/L
∟高速道路モード20.8km/L

価格

新車本体価格2,869,900円/税込
メーカーオプション
プレミアムホライズンオレンジ/ピュアブラック(2トーン)特別塗装色82,500円
インテリジェント アラウンドビューモニター+インテリジェント ルームミラー69,000円

超長距離ドライブを終えて

日産 キックス 夕焼けの海を背景に
動画のラストシーンはここ。

約300kmくらい走行したところで、運転の疲れにくさを顕著に感じました。静粛性の高さ、足回りの良さ、シートの良さ、eペダルの楽ちんさは長距離を走ってからじわじわと。前回の試乗会では短い距離と時間だったため確認することができなかったところです。

なんといっても、駆動力100%がモーターの胸のすく加速は素晴らしい。速度調節もしやすく必要なパワーをすぐに得られるので運転は楽で楽しい。楽々です。

1つだけ気になったところがあります。この点は前回の試乗会のとき、開発担当者へもお願いしたのですが……それは、メータークラスター、特にスピードメーター。動画 32:00あたり 室内装備・スイッチ類すみずみチェック のところでがっつり画面に写っていますので、ご確認を。ここはオプションでも良いので、フルデジタルメーターにして未来感を出して欲しかった。

この他は特にありません。200万円台という価格設定で走りが気持ち良いe-POWERで、先進装備てんこ盛り。ちょっと何かが気になっても、このことを思い出せば気にならなくなるはず。

日産自動車は今後、続々と新型車が登場してきます。次はエクストレイルでしょうか?楽しみです。

※MOBYへのご感想、ご意見、ご要望がございましたら、お気軽にこちらのフォームから送信してください。(無記名式、メールアドレス等情報収集なし)

すべての画像を見る (9枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 宇野 智

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!