MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ランドローバー > 【ランドローバーの歴史と名車】SUVピュアブランドは何が凄いのか?
ディスカバリー

更新

【ランドローバーの歴史と名車】SUVピュアブランドは何が凄いのか?

ランドローバー 次世代に向け、電動化技術を加速

ランドローバー レンジローバー 2020年モデル フロント サイド
レンジローバー PHEV 2020年モデル

ランドローバーを包括するジャガーランドローバーが、BMWと電動パワートレインの開発において技術提携を発表したのは2019年。以来、その戦略は着々と進行し、ランドローバーからはレンジローバー、レンジローバースポーツのPHEV仕様2020年モデルも受注を開始しました。SUVピュアブランドは電動化とどう取り組み、今後どう発展させるのか、注目です。

ランドローバーの社名とロゴにはどんな由来がある?

ランドローバー ディフェンダー サイド

ランドローバーは、元々イギリス・ローバー社展開の四輪駆動車専門ブランドを始まりとし、独立。現在はジャガーランドローバーを形成し、インドのタタ・モーターズ傘下となっています。ランドローバーの社名は、大地を意味する「ランド」と、流浪を意味する「ローバー」からなる造語です。

ランドローバー ロゴ

ランドローバーのロゴは創業当時より変わらず、楕円に社名が入ったシンプルなもの。デザインにあたっては、デザイナーがランチの際気に入ったピルチャード(いわし)の缶詰にヒントを得た、という説もあります。

ランドローバーのここが凄い!メーカーの特色

ランドローバー ディフェンダー レンジローバー ディスカバリー
ランドローバーの中核を成すディフェンダー・レンジローバー・ディスカバリー

ランドローバーは1948年、戦後の荒廃した地でも走破できる4WDを開発したことを始まりとし、それ以降一貫してSUVモデルのみを作り続けるメーカー。モデルのバリエーションはあまり広げず、1つのモデルを長い期間をかけ熟成させていくのが特徴です。また、オフロード性能だけでなく、快適性を加えたプレミアムSUVの先駆けメーカーとして世界的に知られ、高い視点の「コマンド・ドライビングポジション」は、同社モデルの特徴です。

ランドローバーの歴史。荒地から世界のあらゆる場所へ

荒地の走破から始まったランドローバーの歴史には、何があったのか紐解きます。

【1948年】ブランド「ランドローバー」のスタート

ランドローバー・ソリハル工場 1950年
1950年当時のランドローバー・ソリハル工場

1948年、アムステルダム・モーターショーにてイギリスのローバー社が、4輪駆動モデル「ランドローバー シリーズ Ⅰ」をワールドプレミア。記念すべきブランドが発足しました。

【1970年】ラグジュアリーSUVの元祖が誕生

ランドローバー 初代レンジローバー フロント サイド
初代レンジローバー 2ドア仕様

1970年、当時4輪駆動と言えばオフロードに限られていた分野に、レンジローバーが誕生。同モデルは、クラフトマンシップの快適性を備え、市場にあらたな革命をもたらします。

【1983年】モデル名はホイールベース長。90/110/127の誕生

ランドローバー ディフェンダー 90 フロント サイド
ディフェンダー 90

1983年、ランドローバーのシリーズはⅢへと進化。その際モデル名はホイールベース長となる90/110に改名し127も追加。同モデルはのちにディスカバリーの誕生を受け、名称の混乱を避けるためディフェンダーへと改名し、進化します。

【2008年】BMW・フォードを経て、ジャガーランドローバーへ

ジャガーランドローバー ロゴ

ランドローバーは1988年にはBAe社、1994年にはBMW、2000年にはフォード傘下と、紆余曲折があったものの、2008年にはインド・タタモーターズのもと、ジャガーランドローバーとしてあらたな道を切り開いています。

ランドローバーの歴史を彩った名車

シリーズ Ⅰ

ランドローバー シリーズ Ⅰ バーンファインド フロント サイド
世界で3台とされるシリーズ Ⅰのプロトタイプ バーンファインド

ブランド誕生の発端となったシリーズ Ⅰは、堅牢なラダーフレームにリジットアクスル、ボディはアルミパネルで架装したこれぞ四駆と言えるモデル。抜群の耐久性は英国・陸軍特殊部隊にも採用され「ピンクパンサー」として活躍しました。

ディフェンダー

ランドローバー ディフェンダー 2016年モデル
ディフェンダー 2016年モデル(一旦販売終了となる2016年、工場を後にする完成車両)

シリーズ Ⅰの系譜で90/110/127へと進化したモデルは、1990年ディフェンダーとなり、2016年までその基本構造を変えることなく、走破性の高さを誇りました。ディフェンダーに次世代型が登場したのは2019年。予約は即完売となるほど愛される名車です。

レンジローバー

ランドローバー 初代レンジローバー フロント サイド
初代 レンジローバー

現在もフラッグシップに君臨するレンジローバーは1970年のデビュー。プレミアムSUVという言葉さえない時代に、その分野を開拓したエポックモデル。初代はクラムシェルボンネットに美しいウェストラインを持ち、オフロード初のフルタイム4WDを装備しました。

ディスカバリー

ランドローバー 初代 ディスカバリー フロント サイド
初代 ディスカバリー

レンジローバー、ディフェンダーと共にランドローバーの中核を担うディスカバリーは1989年に誕生。多用途性にウェイトを置き、世界一過酷とされるラリーレイド「キャメルトロフィー」のオフィシャルカー採用は当時は日本でもかなり有名となりました。

レンジローバースポーツ

ランドローバー レンジローバー スポーツ フロント サイド
初代 レンジローバー スポーツ

コンセプト「レンジストーマ―」を体現するモデルとしてデビューした「レンジローバースポーツ」。それまでのランドローバーにない躍動感あるフォルムと性能は、話題を呼びました。現在さらに変貌を遂げた2代目で、日本でも2020年モデルの受注が開始されました。

レンジローバーイヴォーク

ランドローバー 初代 レンジローバー イヴォーク フロント サイド
初代 レンジローバー イヴォーク

ランドローバー初のFF車をバリエーションに加えたレンジローバーイヴォークは、ラグジュアリー感溢れるコンパクトSUV。低重心でクーペを思わせる洗練されたスタイリングは大ヒットを記録。現在は2代目で、初のマイルドハイブリッド技術も採用されました。

レンジローバーヴェラール

ランドローバー レンジローバー ヴェラール フロント サイド
レンジローバー ヴェラール

レンジローバーヴェラールは、レンジローバー誕生の元になったプロトタイプ「ヴェラール」へのリスペクトを込め、命名されたミドルクラスSUV。優雅さと機能性の高さを併せ持ち、最も美しい車「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」にも輝く名車です。

この記事の執筆者
石黒 真理