MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日本車で燃費が良い車と言えばこの車?エコカー普及のきっかけとなったクルマたち【推し車】
メーカー・車種別

更新

日本車で燃費が良い車と言えばこの車?エコカー普及のきっかけとなったクルマたち【推し車】

今や世界的にはすっかり普通のクルマ、PHEV(プラグインハイブリッド)でなければエコカー扱いすらされないハイブリッドカーですが、最初は話題にこそなるもののさほど売れたわけでもなく、当たり前のように売れて車種も増えたのは2000年代末以降でした。

それから15年と経たぬうちに「ただのクルマ扱い」もひどいものですが、EV普及のハードルを考えれば、少なくとも日本では今後も実質的にエコカーの主役なのでは?と思わせるハイブリッドカーの、普及のキッカケとなった3台を紹介します。

トヨタ プリウス(3代目・2009年)

サイズアップで大成功、併売する旧型と組んでライバルを滅多打ち!

トヨタ プリウス(3代目)

初代、2代目と話題作りはしたものの、現実には「有名人や富裕層のエコアピール用によく売れた」だけで終わっていたプリウスですが、3代目ではエンジンを1.5Lから1.8Lへと拡大、モーターや逆に小型高回転型として、出力の余裕と低燃費の両立を実現しました。

それでいて価格アップは最低限に抑えたものの、ライバルのホンダがより安価な5ナンバーハイブリッドセダン、インサイト(2代目)をデビューさせたのに対抗し、アクアまでのつなぎとして旧型(2代目)もプリウスEXとして継続販売する念の入れようです。

まだ足回りのセッティングやブレーキの制御に難はあったものの、「動力性能と低価格は七難隠す」で、後のN-BOXなどよりよほど売れた超大ヒット作となります。

タクシーとしての使用が一般化するのもこの頃で、ハイブリッドカーはようやくイロモノ扱いから脱却、この代のプリウスは国民車のような人気を誇りました。

トヨタ アクア(初代・2011年)

コンパクトカーもハイブリッドを当たり前にした、重要な転換点

トヨタ アクア(初代)

3代目プリウスから採用した新ハイブリッドシステム、「リダクション機構付きTHS-II」は小型化に成功しつつ高出力、高効率でしたが、さらにシステムの小ささを活かした安くてコンパクトなハイブリッドカー、アクアが登場。

1.5L版の新THS-IIを積み5ナンバー枠のコンパクトな5ドアハッチバック車で、空力性能を追求した2代目以降のプリウスに比べれば「普通のクルマ」でしたが、プリウスより大幅に軽くて小さいため動力性能は十分、プリウス以上の超低燃費で大ヒットします。

同じシステムはカローラアクシオ/フィールダー、ヴィッツ(3代目)にも搭載されますが、プリウスでは大きすぎるユーザーにも、ハイブリッドを身近にしたアクアの人気はモデル末期まで衰えません。

結局、ヴィッツから改名したヤリスを後継に廃止という噂から一点、ヤリスより一回り大きくて後席に余裕がある、2代目アクアが2021年に発売されました。

日産 ノート e-POWER(2代目に初設定・2016年)

ついにトヨタの牙城を崩した、国産ハイブリッド第3の矢

日産 ノートe-POWER(2代目ノート・3代目ノートからはe-POWER専用車)

トヨタやホンダに対し、実験的な限定車や海外向けを除けばBEV(電気自動車)へ専念していた日産が突如、「e-POWER」という新ハイブリッドシステムを2代目ノートへ追加。

先行した2社のシステムは、状況に応じ複雑な制御でエンジンとモーターを使い分けるのに対し、e-POWERはBEVの走行用バッテリー容量を最低限にして、発電用エンジンと燃料タンクに載せ替えたような、シリーズ式ハイブリッドです。

外部充電ではなくエンジンで電力供給/充電するとはいえ、走りはEVそのもので、アクセルを踏めば走り、緩めれば減速するワンペダル走行など、EVと同じ運転を体験できます。

電力を要する場面でうなるエンジンが高速巡航向きとは言えず、遮音性にも課題を残していましたが、EVに乗りたくとも充電インフラが不安なユーザーが飛びつき、30年2か月ぶりに日産車が登録車の月間販売台数でトップになる大ヒット、今や搭載車が増加中です。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード