MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 〈無念〉後から名前が下ネタな意味になった車も…名前で損してそうなトヨタ車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

〈無念〉後から名前が下ネタな意味になった車も…名前で損してそうなトヨタ車たち【推し車】

最近は輸入車に加えてマツダ車まで「カテゴリーを表す記号と車格を表す数字」が車名という例が増えてつまらないような気もしますが、そのクルマ固有の車名(通称名)はイメージづくりには非常に大事で、それで成功するクルマもあれば、失敗するクルマもあります。

今回はトヨタ車の中から、「その車名で損してないかい?」と言えそうなクルマを3台ピックアップしてみました。

カリーナED(初代1985年発売)

「エキサイティング・ドレッシィ」を略したゆえの悲劇

トヨタ カリーナEDという(初代)

FF化したスペシャリティクーペ、セリカの4ドアハードトップクーペ版として登場、現在の視点では「わざわざ狭い4ドアなんて作って」と言われますが、当時は「4ドアなのに低くてスポーティでカッコイイ」と大ヒットしたカリーナED。

EDとは「刺激的でシャレている」を意味する英語、「エキサイティング・ドレッシイ」の略で、オヤジ臭さを全く感じさせない4ドア車にふさわしいものでしたが、やがて別な意味の「ED」が有名になってしまいます。

「Erectile Dysfunction(イレクタルイル・ディスファンクション)」、すなわち、あー…男性の機能における重要なゴニョゴニョの不全の略で「ED」が有名になると、カリーナEDという車名が少々気恥ずかしくなってしまいました。

以前紹介したホンダ ビガーもそうですが、そのクルマが登場した時には問題がなくとも、後の外的要因で損な車名になってしまうという好例です。

GRスープラ(5代目スープラ・2019年)

ユーザーを納得させる努力を尽くしただろうか?

GRスープラ(手前中央)と、歴代スープラ(左から4代目A70軽、初代A40/50系、3代目A60系、4代目A80系、初代と2代目の日本名は「セリカXX」)

日本では2代目までセリカXXを名乗ったものの、海外では当初からスープラを名乗ったため現行モデルは5代目にあたるGRスープラ。

2代目までは「強引に直6化したバランスの悪いセリカ」と評論家筋からは不評、3代目は不得手なレースやラリーでグループAマシンとして働かされ、レースでスカイラインGT-Rと互角に戦った4代目も中身は市販車と全く別物と、なかかな苦難の道を歩んだクルマです。

しかし、トヨタ最強のスポーツクーペであるがゆえ、プライドの高いファンとアンチが非常に多いクルマでもあり、BMWとの協業で開発されたGRスープラはいろいろと物議をかもしました。

中でも「BMW Z4(3代目)のガワ違い姉妹車」という誤解が問題で、実際はBMWの部品でトヨタが開発した全く別な車にも関わらず、「スープラ」を名乗るがゆえの不毛な議論に巻き込まれる事が多く、トヨタもユーザーへもっと理解を求める努力をするべきでした。

クラウン(16代目・2022年)

クラウンを名乗らなければ素直にいいクルマと思えるのに

クラウンスポーツ(左)とクラウンセダン(右)の間で誇らしげル胸をはるトヨタ社長、豊田 章男 氏のトップダウンで16代目クラウン”シリーズ”は生まれた
撮影:三橋仁明/N-PAK PHOTO AGENCY

今まさにその是非が問われており、過去にもあった伝統的車名のイメージチェンジですら、ここまでの賛否両論、メディア筋からのフォローが必要な車名は、今までの日本車ではなかったかもしれません。

豊田章男社長が「日本のクラウン、ここにあり」と胸を張るも、否定派は今までのクラウンにSUVハッチバックスポーツなぞないと言いますし、肯定派もデザインもコンセプトも素晴らしいと褒めつつ、しかしこれがクラウンを名乗るのか?と疑問に思ってしまいます。

結局4ドアセダンも作るなら、保守派にとってはそれがクラウンでいいじゃないかとなりますし、中国など既にクラウンクルーガー(北米名・ハイランダー)を販売している国以外でクラウンを名乗る事に何の意味があるのか。

発売後も売れたかどうかに関わらず議論は続きそうで、現時点で確実には言えないものの、失敗に終わった場合、クラウンの名を使った事が槍玉に上がる事は間違いありません。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

PR動画攻めすぎ!トヨタが放った「新・走るラブホ」

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

復活希望!ちょっと●●な車3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード