MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > “ハイブリッド車はバッテリーが上がらない”はウソ!寿命と交換方法・費用
メーカー・車種別

更新

“ハイブリッド車はバッテリーが上がらない”はウソ!寿命と交換方法・費用

ハイブリッド車のバッテリーは大容量だから上がらない」はちょっと間違いです。ハイブリッドのバッテリーの基礎から、寿命、交換方法、費用までをお伝えします。

ハイブリッド車のバッテリーとは

ハイブリッド車には、2つのバッテリーがあります。

1補機用バッテリーハイブリッド車が普及する前からある従来型。
主にエンジンを始動させることを目的とするバッテリー。
2モーター用バッテリーハイブリッド車のみに搭載される、
モーターへの電力を供給するバッテリー。非常に大容量。

ハイブリッド車には「モーター用バッテリー」しか搭載されていないと勘違いされていることがありますが、そうではありません。

ホンダ フィット ハイブリッドの模式図
ホンダ フィット ハイブリッドの模式図

上記の図では、車体後部にあるのがモーター用バッテリーで、前部にあるのが補機用バッテリーです。

モーター用バッテリーの種類

ひとえに「ハイブリッド」といってもそのタイプは大きく以下の3種類に分けられます。

  • シリーズ式
  • パラレル式
  • シリーズ・パラレル式

ただし「ハイブリッド車のバッテリー」という観点では、上記3種類ではなく、次の4種類に分類されます。

種類概要モーター用
バッテリーの
容量
1マイルド
ハイブリッド
補機用バッテリーの充電用モーターを強化して、
主に発進時の駆動力をアシストするハイブリッド。
小さい
2ストロング
ハイブリッド
走行状況に応じて、エンジンとモーターを
切り替えて走行するハイブリッド。
大きい
3PHEVバッテリー容量がある内は100%モーターで走行、
バッテリーがなくなるとストロングハイブリッドで
走行する。
最も大きい
4日産 e-POWERエンジンは専らモーターの発電に使用され、
100%モーターの駆動力で走行する。
今のところ日産だけ。
小さい

ハイブリッド車にはこの4タイプのモーター用バッテリーのいずれかと、「補機用バッテリー」が必ず搭載されています。

非ハイブリッド車のバッテリー交換方法・寿命に関してはこちらの記事をご覧ください。

自分でできるバッテリーの交換方法と寿命・交換時期の見きわめ方|サイズや規格はどこでわかる?

HV・PHEV・PHV・FCV・EV・BEV・HEVとは?カーライフ別おすすめのエコカー選び

e-POWERとは?仕組みやEV・ハイブリッドとの違い、燃費など

バッテリーの寿命と交換時期

補機用バッテリー

ハイブリッド車の補機用バッテリーの寿命は、ハイブリッドではないエンジン車のバッテリー寿命と基本的に同じとなり、おおむね3年から5年が寿命、交換時期とされています。

しかし、1回あたりの走行距離が短い「ちょい乗り」が多い場合などは、バッテリーへの負荷が高くなり、寿命が早くなる傾向があります。走行回数、距離が少ない場合もバッテリーの寿命が早くなります。

補機用バッテリーは、単に経過年数や走行距離だけでなく、「バッテリーチェッカー」でも交換時期を確認することができます。

バッテリーチェッカーでは、主にバッテリーの充電容量を計測するものですが、一度きりの計測でバッテリーが寿命かどうかを判断できるとは限らないので、購入時は注意しましょう。

車のバッテリーに詳しくなければ、ディーラーや自動車整備工場に任せた方が安心です。

モーター用バッテリー

ネットでハイブリッドのモーター用バッテリーの寿命を検索すると、概ね8〜10年、10万km程度という情報を見かけますが、注意が必要です。

モーター用バッテリーの寿命、交換時期は、車種、年式の他、走行条件によって大きく変わってきます。

ハイブリッド車の技術の進化は日進月歩。最新型では15万km以上というモデルもあるようです。逆に、同じ車種でも、年式が古いと交換時期の目安、寿命が短く設定されていることもあります。

つまり、モーター用バッテリーの寿命や交換時期はいつ、とは一概に言えません。愛車がハイブリッドであれば、取扱説明書で確認、走行条件などにより判断しにくい場合は、ディーラーないしは自動車整備工場で確認しましょう。

ハイブリッド車向けのおすすめバッテリー情報はこちらの記事で解説・紹介しています。

アイドリングストップ車用バッテリー人気ランキングTOP10|バッテリー規格&選び方と長持ちのコツ

バッテリーの交換方法と費用

補機用バッテリー

交換方法

昔からある補機用バッテリーの交換方法は、ハイブリッドになっても基本的なものは変わりありません。

交換方法は、バッテリーを固定している金具等と接続端子を外し、バッテリー本体を交換し接続端子を接続、固定するといったシンプルなものです。

車種により、バッテリーの固定方法などが複雑になっていたり、設置場所が手の届きにくいところあったりすることはありますが、プロでなくてもやり方さえ正しくわかっていればDIYで交換が可能です。

交換費用

補機用バッテリー本体の相場価格は、ネット通販では20,000円前後から30,000円あたり。カー用品点、量販店では、店頭価格はそれよりやや高め、ガソリンスタンドではさら高め、最も高いのがディーラーとなります。

あくまで相場なので、実勢価格は異なることが多々あります。

交換費用は数千円程度から、1万~2万円といったところが多いようですが、これも車種や店舗によって異なります。

自分でできるバッテリーの交換方法と寿命・交換時期の見きわめ方|サイズや規格はどこでわかる?

モーター用バッテリー

モーター用バッテリーは、ディーラーか自動車整備工場しか交換ができません。費用は車種、年式によって異なりますし、保証サービスで一定期間、一定の走行距離では無料(サービスの範囲内)ということも多々あります。

あくまで参考となりますが、モーター用バッテリーの交換費用は、安い場合で10万円台後半、高い場合で40万円台となっています。

トヨタ プリウス
ハイブリッド車の代表格といえば「トヨタ プリウス」
しかし、販売台数は年々少なくなる一方、他のモデルにハイブリッド搭載率が急増。
ハイブリッドといえばプリウスの図式は薄れてしまった。

プリウスのバッテリー上がりの対処・予防・救援方法【絶対ダメ】ハイブリッドは他車の救援は厳禁!

バッテリー上がりの心配がない?

ここまで、ハイブリッド車のバッテリーの基礎知識と寿命、交換や費用についてお伝えしました。

車種、年式によってそれぞれ異なるため、取扱説明書で調べた上、ディーラーないしは自動車整備工場で走行条件を伝えてその結果を聞く。のが正解と言えるでしょう。

バッテリーが上がったときの対処法についてはこちらの記事をご覧ください。

車のバッテリー上がりの対処法は?症状&応急処置とつなぎ方

ハイブリッド車のバッテリー上がりは心配ないのか?

心配ないことはありません。ハイブリッド車のバッテリー上がりのリスク度合いは、ガソリンエンジン車と大差ありません。

なぜなら、ハイブリッド車もガソリンエンジン車と同じ補機用バッテリーで、エンジンを始動させたり、ヘッドライトやワイパー、オーディオなどのアクセサリー装備品等へ電力を供給しているためです。

ブースターケーブルでのバッテリー上がり救援方法|ハイブリッド車では救援NG!

車のバッテリーに関する記事はこちらから

すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部