MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 車検・メンテナンス > アクアのバッテリーの寿命は短い?交換方法&費用からバッテリー上がりについても
デフォルトのアイキャッチ画像
車検・メンテナンス

更新

アクアのバッテリーの寿命は短い?交換方法&費用からバッテリー上がりについても

アクアのバッテリーとは

トヨタ アクア 特別仕様車 S Style Black 2016年

車のバッテリーというと普通はエンジンを始動する時や電装品を動かすためにあるものを想像しますよね。
あの上がったらやっかいな代物です。
でもハイブリッド車のアクアのバッテリーもそれと同じようなものなのでしょうか。

アクアに限らず、ハイブリッドカーには一般的に2種類のバッテリーが載っています。それぞれ「補機バッテリー」「駆動用バッテリー」と呼ばれているものです。

寿命が短かったり費用がかかるというのはどちらの事を言っていたのでしょか。

アクアのバッテリーその1「補機バッテリー」

HTHV-S40B20R BOSCH 補機 バッテリー トヨタ アクア https://t.co/5Rb8eV50id pic.twitter.com/zpIyx6F3Lj— CarTopics (@cartopics_jp) 2016年8月26日

これは普通の車にもあるバッテリーと同じようなものだと考えて良いでしょう。性能や役割もほとんど同じです。
電装品を動かすことには使われていますが、エンジンの始動には使われません。また、ハイブリッドシステムを起動させるという大切な役割を持っています。

普通の車のバッテリーと同じようなものなので、使っているうちに劣化していきます。3年~5年で交換となるところも普通の車と同じと考えて良いでしょう。

アクアのバッテリーその2「駆動用バッテリー」

トヨタ 駆動用バッテリー(広報画像)

もう一つの駆動用バッテリー、これこそがハイブリッド車の根幹とも言えるもので、エンジン始動やモーター駆動に使われているものです。

普通のガソリン車などに搭載されているものとは全く違うもので、大きなもので電圧も高く、これでモーターを動かし、車体を走らせるためのものです。
一般的には「基本的には交換の必要はないもの」とされています。
本当でしょうか?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

コメント

利用規約

関連する記事