MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > S-MX > 【走るラブホ】ホンダ S-MXは”実用性”重視の最強デートカー
S-MX

更新

【走るラブホ】ホンダ S-MXは”実用性”重視の最強デートカー

ホンダ S-MXは「恋愛仕様」のデートカー

2000年式 ホンダ SM-X
2000年式 ホンダ SM-X

ホンダのS-MXのコンセプトは新しい形のデートカーをコンセプトに、この車の各機能は「恋愛」になぞらえた作りになっています。

ベース車は当時ミニバンの地位を確立しつつあった「ステップワゴン」です。ファミリーカー色の強かったこのミニバンを手頃なサイズと価格で販売されたのがこのS-MXでした。

箱型コンパクトワゴンの先駆け的存在

1996年式 ホンダ SM-X 外装
1996年式 ホンダ SM-X
1996年式 ホンダ SM-X 外装
1996年式 ホンダ SM-X
1996年式 ホンダ SM-X 外装
1996年式 ホンダ SM-X

S-MXはコンパクトミニバンの先駆け的存在の車種です。

ベースにステップワゴンを用いてるものの、特別仕様車や販売後のカスタムが非常に多く、豊富なアフターパーツが用意されていました。

このことから、ステップワゴンの対象ではないユーザーからの人気を獲得することに成功しました。

サイズ

全長3,950mm
全幅1,695mm
全高1,735-1,765mm
ホイールベース2,500mm
車重1,330-1,390kg

乗車定員は販売当初4人乗り、次項のインテリアで詳しく解説しますが、ステップワゴンのサードシート部分を切り取ったようなデザインとなっていました。

プラットフォームおよびメカニズムはステップワゴンとほぼ同様にリアハッチを含めたドアもフロント2枚、リア1枚(右がスライドドア)の配置でした。

エンジンはB20B型、直4DOHC2.0Lを装備、トランスミッションは4速ATのみの設定でした。

エンジンスペック

前期型、後期型ともに同じ水冷直列4気筒横置きのB20B型というエンジンが使われています。

排気量1,972cc
最高出力130PS/5,500rpm(前期型) 140PS/5,500rpm(後期型)
最大トルク18.7kgf·m/4,200rpm(前期型)19.0kgf·m/4,200rpm(後期型)
燃料タンク容量65L(FF)60L(4WD

カップル歓喜!実用性重視のインテリア

1996年式 ホンダ SM-X インパネ
1996年式 ホンダ SM-X インパネ
1996年式 ホンダ SM-X 内装
1996年式 ホンダ SM-X 内装

S-MXのインテリアは非常に広々とした作りをしており、フロントシートはベンチシートにすることで運転席と助手席の境目を無くし、シートも独立可倒式を採用しています。

1996年式 ホンダ SM-X インパネ
1996年式 ホンダ SM-X インパネ

また、ベース車両であるステップワゴンと異なり、サイドブレーキが運転席の右側に配置されています。

今では足踏式のサイドブレーキや電気式が主流ですが、当時はそのような装備がなく、サイドブレーキの配置位置を工夫することで運転席と助手席の間から邪魔な装備を取り去る事に成功したのです。

PR動画攻めすぎ!トヨタが放った「新・走るラブホ」

車中泊も可能な多彩なシートアレンジ

1996年式 ホンダ SM-X シートアレンジ
1996年式 ホンダ SM-X シートアレンジ

S-MXは実に多彩なシートアレンジが可能でした。それだけではなく、フロントからリアまで完全にフルフラットにできます。

ベンチシートを採用していた理由はこのフルフラット仕様にするためで、凹凸を極力なくしたベンチシートは毛布一枚で車中泊ができるほど快適な寝心地でした。

カップルを燃え上がらせる親切設計

1996年式 ホンダ SM-X シートアレンジ
1996年式 ホンダ SM-X シートアレンジ

さらにフルフラットにすると枕元にティッシュボックスがすっぽりとハマるグローブボックスがあり、まさに恋愛仕様です。

カーセックスを目的に開発されたのではないか?と当時はそんな批評もあったくらい、若いカップルに向けた車だったのです。

ホンダS-MXのマイナーチェンジでどこが変わった?

1996年式 ホンダ SM-X
1999年式 ホンダ SM-X
1996年式 ホンダ SM-X インパネ
1996年式 ホンダ SM-X インパネ
1996年式 ホンダ SM-X 内装
1996年式 ホンダ SM-X 内装

1999年にマイナーチェンジされたS-MXですが、前列のベンチシートを独立シートに変更しています。

シートの変更は先代のフロントベンチシートが思ったよりも評判が悪かったためで、独立式にして後席とウォークスルーできる様になりました。

フルフラット仕様にできなくはないのですが、運転席と助手席の真ん中に大きく穴が空くような形になっていて、オプションやアフターパーツでセンターを埋めるコンソールが販売されていたくらいです。このマイナーチェンジから乗員が5人になりました。

ホンダS-MXのCMを振り返る

ホンダS-MXのCMは「恋愛」というフレーズを織り交ぜて放送されていました。CMを見てS-MXを購入しに行ったユーザーは数知れず、そのくらいのインパクトのあるコピーと映像でした。

S-MX開発者はこの手のモデルは若年層にこそ必要だとの考え方があったため、より若者向けに開発しました。

結果、狙い通り若年層を始め、手頃な価格からステップワゴンのターゲットであった若いファミリー層にも受け入れられました。ボディーサイズこそ全幅も全高もステップワゴンと大差なく、全長が短いバージョンと捉えられたのでしょう。意外と幅広い世代に受け入れられた車でもありました。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード