MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > N-ONE > 【#みぃぱーきんぐの車紹介】オシャレな軽!ホンダ N-ONEの外装・内装を徹底解説
N-ONE

更新

【#みぃぱーきんぐの車紹介】オシャレな軽!ホンダ N-ONEの外装・内装を徹底解説

みぃぱーきんぐさんがホンダ N-ONEの外装・内装を徹底紹介!

美人すぎる車系Youtuber・みぃぱーきんぐさんが、ホンダ N-ONEの外装・内装を徹底紹介!

ホンダの軽自動車「Nシリーズ」の中でも、ひときわ異彩を放つモデル。2020年に初のフルモデルチェンジを迎えましたが、見た目の可愛さはそのまま。中身は最新に生まれ変わっています。

レトロ可愛いデザインはもちろん、優秀な使い勝手や広い車内をぜひご覧ください!記事では、動画の見どころをピックアップしてご紹介します。

◇ みぃぱーきんぐ ◇
みぃぱーきんぐ
車の紹介・解説を行う車系Youtuber。きめ細やかな視点での解説は初心者や女性にも分かりやすい。実際に使ってみてのレビューなど、購入や車選びの参考になる情報が満載。

Youtubeチャンネルはこちら

Twitterはこちら

第24回 ホンダ N-BOX編はコチラ!

N-ONEと言えばまんまるヘッドライト!

N-ONEのアイコンとも言えるこの丸目のヘッドライト。街で見かけたらずっと印象に残るような、他メーカーにはない雰囲気があります。

街中はもちろん、海にも山にも一緒にドライブに連れて行って写真を撮りたくなりますね。

いい意味で現代に染まっていない、懐かしいレトロ感が素敵だなぁ…と思います♪

ライトを点灯させても「囲み」が強調されているのがオシャレ。

ヘッドライトにはデイライトが標準装備されています。画像(上・下)で光っているのはハザードランプです。リング型の発光ラインが可愛いですね!

フロントだけでなく、サイドやリアもヴィンテージ感ただようオシャレなデザイン。可愛らしい箱型フォルムにブラック加飾を配してアクセントとしています。

当時はマブしくてたまらなかった…丸目4灯ヘッドライトが似合う国産車たち【推し車】

電動Pブレーキとオートホールド機能を採用!

車内はシンプルで明るい印象。運転席からの見晴らしがいいうえ、丸目ヘッドライトの上部が「ポコッ」とでっぱっているため、車幅を簡単に把握することもできます。

幅寄せする際も「左前が見にくくて擦りそう…!」という不安を減らせるので、運転初心者さんのファーストカーにもオススメです。

フルモデルチェンジにより、電動パーキングブレーキとオートホールド機能が採用されました。サイドブレーキがなくなったので、足元もスッキリ広くなっています。

可愛いだけでなく、頼りになる機能もしっかり備わった素晴らしいつくりです♪

賢く配置された収納スペース!

ちょっとした小物入れには、こんな風にサングラスを置いてもオシャレ。

ダッシュボードにはツヤツヤした光沢が可愛いホワイトの素材も採用。車内の雰囲気を明るくするのに一役買っています。

センターコンソールにはドリンクホルダーが2つ。縦にスッキリ置くことができます。

「ティッシュやスマホなど、他の小物はドコに置けばいいの?」という心配もご無用。

シフトノブの下には、急速充電対応のUSBが2口、通信用USBが1口。さらにその下にはスマホがぴったり入るスペースが。

さらにその手前には、BOXティッシュがそのまますっぽり入る収納スペースもあり、運転席、助手席どちらからでも快適に使用できます。

使いやすいのに目立たない位置、というのがグッドアイデア!

車内の収納グッズおすすめ人気22選|ビジネスからアウトドアまで便利なアイテム

後席も広めで使い勝手もバツグン!

台形フォルムながら、後席も足元・頭上ともにゆったり。圧迫感を感じさせない空間ですし、ラゲッジスペースも充分な容量。リアシートを倒せばフルフラットにすることもできます。

助手席側のみですが、シートバックポケットも備わっていますし、中央にはちょっとした小物入れが。要点をおさえた潔いつくりがお見事です♪

どうしてもリアゲートを開けられない場合は、後席をサッと上げてしまえば大きな荷物や背の高いモノも簡単に積み込むことができます。

底床設計なので、重いものを持ち上げる力が最小限におさえられるのもポイントです。

みぃぱーきんぐさんから撮影コメントをいただきました!

みぃぱーきんぐさんからMOBYへ、ホンダ N-ONEの撮影を終えての感想をいただきました!

街中でまん丸のデイライトがとても可愛くつい目がいってしまうN-ONE。
貴重なMT車があるのも魅力的な一台ですよね!

「MTが欲しい」という声に応えながら、室内の広さも確保しているようで
Nシリーズの魅力とMT車の魅力を相乗効果で発揮しています。

いつか機会があれば運転したい車種の一つです♪

アイコニックなデザインはそのままに、時代に合わせて進化したN-ONE。可愛い相棒とみぃぱーきんぐさんのツーショットが絵になりますね!

後述しますが、「RS」という6速MTモデルもラインナップしたことで、今までとは違うユーザーも取り込み、さらにファンを増やしています♪

【ホンダ N-ONE】スポーティでおしゃれ!Nシリーズ3車種比較試乗レポ

ホンダ N-ONEの基本情報

エントリーグレード「Original」

N-ONEはホンダの軽自動車。初代は2012年11月に登場し、2020年には初のフルモデルチェンジが行われています。

登場当初は、ホンダ初の市販軽乗用車・N360をモチーフにしたレトロな見た目が話題となり、当時を懐かしむホンダユーザーの声も聞かれました。

N360。丸目ヘッドライトがN-ONEそっくり!

現行モデルは2代目。フルモデルチェンジにより電動パーキングブレーキやオートホールド機能を搭載するなど、”中身は最新”に生まれ変わりつつ、特徴的な丸目ヘッドライトや、コロンとした箱型シルエットを引き続き採用しています。

さらにクルマ好きの間では、ホンダのFF方式ターボ軽自動車として初めて6MT仕様をラインナップしたことが最大のトピックスに。「MTの軽なのに4人乗れる」「車内も広いから買い物にも行ける」など、実用性も高いことから注目を集めました。

6MTターボ仕様の「RS」。スポーティな意匠も似合う

発売から1ヶ月で、累計受注台数が計画台数の4倍の8,000台以上受注があった2代目N-ONEは、2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤーでは「K CAR オブ・ザ・イヤー」を受賞しています。

【ホンダ N360】愛称は「Nっコロ」。ここにあった!Nの原点

ホンダ N-ONEのスペック

全長3395mm
全幅1475mm
全高1545~1570mm
ホイールベース2520mm
車両重量840~910kg
乗車定員4人
エンジン直列3気筒直列3気筒ターボ
排気量658cc658cc
最高出力43kW[58PS]
/7,300rpm
47kW[64PS]
/6,000rpm
最大トルク65N·m[6.6kgf・m]
/4,800rpm
104N·m[10.6kg・m]
/2,600rpm
トランスミッション無段変速AT無段変速AT
6速MT
駆動方式FF
4WD
FF
4WD(ATのみの設定)
使用燃料レギュラーレギュラー

今回みぃぱーきんぐさんが紹介してくれたのはこんな仕様!

「Original」はノンターボのエントリーグレード。アルミホイールや本革巻きステアリングなど、上位装備が欲しいなら「Premium」を、さらにターボ仕様を希望するなら「Premium Tourer」を選択しましょう。

先進安全装備「Honda SENSING」や、電動パーキングブレーキ、オートホールド機能などは全タイプ標準装備。

6MTターボ仕様の「RS」にも、アダプティブクルーズコントロール(ACC)や車線維持支援システム(LKAS)が採用されているので安心ですね。

グレード名Original
パワートレインノンターボ
駆動FF
定員4人
WLTCモード燃費23.0km/L
価格1,599,400円

新車で買えるMT車(マニュアル車)33車おすすめ人気モデル【最新情報】

みぃぱーきんぐさんのYouTubeチャンネルを要チェック!

国産車の内外装解説やドライブレポートなど、さまざまな動画をアップしているみぃぱーきんぐさん。

記事では紹介できなかった楽しい&分かりやすい解説は動画でご覧ください!

女性ならではの丁寧な説明や鋭い視点で、初心者にもわかりやすくクルマを解説してくれています。

いきなりディーラーに試乗に行くのはちょっと不安かな…という人も、ポイントをしっかりおさえることができるので、クルマ選びの強い味方になること間違いなし!

MOBYではこれからもみぃぱーきんぐさんの楽しい&分かりやすい動画をご紹介していきます。

#みぃぱーきんぐ チャンネル登録はこちらから!

みぃぱーきんぐさんのTwitterはこちら

みぃぱーきんぐさんの記事一覧はこちら!

軽自動車 全モデルをマップで比較!

最新のモデルチェンジ・新型車情報はコチラで随時更新中!

執筆者プロフィール
MOBY編集部 伊東 千夏
MOBY編集部 伊東 千夏
母の愛車・CR-Xの後部座席で幼少期を過ごす。現在はCR-Z(10年選手)を母と共有。インスタでは専らラリーカーとレースクイーンばかりを見ているため、男性向け広告しかレコメンドされない悲しみを味わっているネ...
すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード