車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

新車で買えるハイブリッドSUV【2019年最新情報】

新車で買えるハイブリッドSUV9車種を紹介します。ハイブリッドSUVは国産車8モデル、輸入車1モデル。日本のみならず世界で人気傾向のSUVは、ハイブリッドモデルは燃費のよさや走行性能でも支持されています。

新車で買えるハイブリッドSUVを2019年版にて特集

日本のみならず世界で人気傾向のSUV。新車で買えるハイブリッドSUVは、国産車8モデル、輸入車1モデルの合計9車種です。外車はPHVが主流となっているため、いわゆるマイルドハイブリッド車は少なめ。新車で買えるハイブリッドSUV9車種を紹介します。

※本記事では正規輸入がある外車を紹介しています

トヨタ C-HR

トヨタ C-HR 2019年

新車価格:236.7万~299.5万円

トヨタ C-HRは2016年に誕生したコンパクトSUV。若年層を意識したクーペのようなスタイリングや個性的なデザインは、ライバルのCX-3とは対象的。また、C-HRは外観だけでなく、高い運動性能も特徴がある。高性能ダンパーやベアリングブッシュなどが奢られ、ニュルブルクリンクサーキットを走りこんで完成した乗り味はスポーツカーそのもの。内装はホールド性に優れたシートや握り心地にこだわったステアリングやシフトノブが装備される。

※スマートニュース、LINEニュースなどのアプリでは、リンクやYouTubeなどの表示がされませんので、この画面下部にあるオリジナルサイトへのリンクからご覧ください。

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー 2019年

新車価格:384.4〜468.9万円

初代トヨタ ハリアーはラグジュアリーSUVジャンルを開拓した車。海外ではレクサス RXとして販売される。2013年に登場した現行型3代目はRXから独立し国内専用車に。内外装はスポーティかつエレガントに一新され、落ち着きあるスタイリングが30代の男女に人気。2.5Lのハイブリッドエンジンとモーター駆動の4WDシステムにより燃費性能と静粛性、走破性を高レベルでバランス。スポーツユース向けに高出力ターボエンジンも用意される。

トヨタ RAV4

トヨタ RAV4 2019年

新車価格:326.1〜388.8万円

1994年に登場した初代トヨタ RAV4は、現在のクロスオーバーSUVの先駆け。コンパクトなモノコックボディを採用し、舗装路での快適性や機動性と悪路走破性を両立する車として開発された。現行型5代目RAV4は、大型化でユーティリティスペースを確保しつつ、オフロードカーのような力強い外観に一新。エンジンパワーを効率よく路面に伝えるAWD機構により、高い燃費性能と路面状況を問わない優れた走行性能が与えられた。

ホンダ CR-V

ホンダ CR-V ハイブリッド 2019年

新車価格:385.4〜444.1万円

初代ホンダ CR-Vは1995年に登場したホンダ初の内製SUV。シティユース向けの多目的車としてデビューした。2代目以降は海外でも高い販売実績をもち、似た経緯をもつRAV4がライバル。2016年に登場した現行型5代目は、ハイブリッドモデルの追加や運転支援装置が充実し使い勝手が大きく向上。ただし、ガソリンモデルは7人乗りであるのに対し、ハイブリッドモデルは5人乗り。その代わり、ラゲッジルームは充分な広さをもつ。

ホンダ ヴェゼル

ホンダ ヴェゼル 2019年

新車価格:250.5〜298.0万円

若者のコンパクトSUV需要を見越していち早く登場したのがホンダ ヴェゼル。3代目フィットをベースに開発され、2013年のデビュー以来根強い人気を保っている。クーペを思わせるスタイリッシュな外観やプレミアム感ある内装にフィットの面影はないものの、フィットの高い実用性はしっかりと備わる。上級車と同じ遮音カーペットや高性能ダンパーを装備するなど、度重なる改良で後発ライバルのC-HRやCX-3に劣らない性能を備えている。

日産 エクストレイル

日産 エクストレイル 2019年

新車価格:267.1〜366.5万円

日産 エクストレイルは、街乗りとアウトドア用途を両立するアクティブギアとして開発された。SUVらしい力強い外観だった初代に比べ、現行型3代目は都会的な外観に改められたものの、シートやフロア、ラゲッジルームは一貫して防水処理が施されアウトドア向けにつくられている。現行型の特徴は、電子制御による先進装備。走行中の挙動や姿勢を積極的に制御。多彩な運転支援装備を搭載し、ドライバーを積極的にサポートする。

スバル XV

スバル XV 2019年

新車価格:220.0〜292.6万円

スバル XVはインプレッサ5ドアモデルをベースにしたクロスオーバーSUV。外観はインプレッサよりも70mm車高を高め、SUVらしいバンパーデザインへと変更。現行型3代目は新型プラットフォームを採用し、操舵性能が飛躍的に向上している。さらにフォレスターと同様の4WD制御「X-MODE」を導入し、走破性も強化。ハイブリッドモデルは、バッテリー搭載によりラゲッジスペースが狭くなるものの、ガソリンモデルよりも反応よい加速が特徴。

スバル フォレスター

スバル フォレスター 2019年

新車価格:286.0〜315.7万円

スバル フォレスターはスバルを代表するクロスオーバーSUV。滑らかに回る水平対向エンジンと優れたAWDシステムにより、オン・オフロード問わず高い走行性能を発揮する。1997年の初代から基本レイアウトを変えずに進化した現行型5代目は、よりSUVらしい外観が与えられるとともに「e-BOXER」グレードを追加。簡易的なハイブリッドシステムながら、加速力を強化し、低速時はEV走行を多用することで燃費向上にも高い効果を発揮する。

メルセデス・ベンツ GLE

2019年新型車 メルセデスベンツ GLE

2019年6月19日、7年ぶりにフルモデルチェンジした新型メルセデス・ベンツ GLEの日本発売(注文受付)が開始。パワートレインには最高出力273.7kW[367PS]の直6 3.0Lツインターボエンジンを採用。48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わることにより、力強い加速と燃費効率の高さを実現。 新車価格:940.0〜1153.0万円

メルセデス・ベンツ GLEはアッパーミドルサイズのSUV。旧Mクラスから車名を変更し、2015年に初代GLEが誕生。2019年に登場した現行型2代目は7人乗りとなり、世界最先端のデザインとテクノロジーが投入され大幅に進化。自然言語対話型インターフェースを備えた「MBUX」と、最新の運転支援システムに加え、パワートレインも一新。大トルクを発揮する新型ディーゼルエンジンハイブリッドエンジンを搭載し、高い動力性能と燃費性能を発揮する。

※LINEニュース、スマートニュースなどのアプリでは、画像キャプションなどの重要な情報が仕様上表示されませんので、オリジナルサイトもご覧ください。

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!