初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

貨物輸送用の軽自動車!4ナンバーの軽商用車まとめ

4ナンバーを取得可能な軽商用車について解説します。安価な運用コストで貨物輸送業務の強い味方となる軽商用車。4ナンバー登録をすれば、さらに安価な維持費で運用できます。現在販売されている4ナンバー取得可能な軽商用車を一覧で掲載しています。

4ナンバーの軽自動車とは

4ナンバーとは小型貨物車をあらわす分類です。小型貨物車として運用可能な荷室面積や開口面積を備え、車体後部に最大積載量を公示するなどの特定の条件を満たした車だけが4ナンバーを取得することができます。

近年では、4ナンバー取得可能な軽商用車を生産しているメーカーはほんのひと握りです。
自社に軽自動車の生産ラインをもたないメーカーは、軽商用車を生産しているメーカーとOEM提携を結び、他社生産のモデルに自社のエンブレムやアクセサリー類を装着。OEM車両として軽自動車の販売を行なっています。

4ナンバーの軽自動車のメリット

4ナンバー登録車のメリットは乗用車よりも安価に維持できる点です。小型貨物車として4ナンバー登録した車は、車検の頻度や維持費が乗用車とは異なるためです。

4ナンバー登録すると、普通車の場合は初回の車検が2年になり、以後の継続車検は1年ごとになります。一方で軽自動車の場合は車検が初回・次回以降ともに2年ごとに。自動車税は、乗用車では10,800円のところを5,000円に設定されています。

バンタイプの4ナンバー軽商用車

スズキ アルトバン

スズキ アルトバン

スズキ アルトの装備を簡略化し、商用車としたのがアルトバンです。

最大積載重量は、2名乗車時は200kg、4名乗車時は100kg。トランスミッションは5MTと5速自動変速5AGS(オートギヤシフト)を搭載し、ダイレクトなトルク伝達を実現します。小型ながら、車重600kg台の軽量ボディで、軽快に運送業務をサポートするでしょう。

レーダーブレーキサポート装着車でも83万円の安価な価格が魅力です。

スズキ エブリイ・マツダ スクラム・日産 NV100クリッパー・三菱 ミニキャブバン

スズキ エブリイ

マツダ スクラム

日産 NV100クリッパー

三菱 ミニキャブバン

スズキ エブリイはキャブオーバータイプの商用バン。クラストップの荷室寸法を備えています。

最大積載重量は2名乗車時350kg、4名乗車時250kg。トランスミッションは5MTと4AT、5AGSの3種。MTモード付きの5速ATである5AGSは、MTと同等のトルク伝達性能を備えながら、AT同様の使い勝手を提供します。

マツダ スクラム、日産 NV100クリッパー、三菱 ミニキャブバンの3社3車種としてOEM供給。グレードは簡素化されるものの、すべての車にスズキ レーダーサポート搭載グレードが用意されます。

ダイハツ ハイゼットキャディー

ダイハツ ハイゼットキャディー

ハイゼットキャディーは、ダイハツ ウェイクを商用バンへと改装したモデルです。

パワートレインは、CVTを介した前輪駆動と四輪駆動があります。最大積載重量は150kgと本格的な商用車には劣りますが、乗降性や快適性では随一の性能を誇ります。Dグレードを除く全グレードに「スマートアシスト」が搭載され安全にも配慮。頻繁に乗り降りするような移動業務に真価を発揮する商用車であるといえます。

ホンダ N-VAN

ホンダ N-VAN

ホンダ N-VANは、ホンダN-BOXのシャシーを流用して商用車に仕立てた車です。

助手席側のBピラーをなくすことで実現した大開口部と、ホンダの低床技術によりクラストップの荷室高と荷室面最低地上高を実現し、スムーズな荷物の積み下ろしをサポートします。

2名乗車時の最大積載重量は、FFモデルが350kg、4WDモデルが300kg。4名乗車時の積載重量は全車200kgまでです。トランスミッションは軽商用車初の6MTを採用。CVTも用意され、全車に「ホンダ センシング」が搭載されます。

トラックタイプの4ナンバー軽商用車

ダイハツ ハイゼットトラック・トヨタ ピクシストラック・スバル サンバートラック

ダイハツ ハイゼットトラック

トヨタ ピクシストラック

スバル サンバートラック

新規プラットフォームを採用し、フルモデルチェンジしたダイハツ ハイゼットトラックは、キャビンスペースを拡大し、居住性と乗降性の改善が図られました。

最大積載重量は350kg。トランスミッションは5MTと4ATで「エクストラ」と「農用スペシャル」の2グレードのMTには副変速機が搭載されます。

また、標準ボディにくわえ、室内高を拡大した「ハイルーフ」、キャビン後方に収納スペースを追加した「ジャンボ」が用意されます。OEM供給されるトヨタ ピクシストラックは標準ボディのみ。スバル サンバートラックには標準ボディとハイルーフが設定されます。全車に「スマートアシスト」搭載グレードを用意しています。

ダイハツ ハイゼットカーゴ・トヨタ ピクシスバンスバル サンバーバン

ダイハツ ハイゼットカーゴ

トヨタ ピクシスバン

スバル サンバーバン

ワンボックス形状のダイハツハイゼットカーゴは、2名乗車時の最大積載重量は350kg、4名乗車時は250kg。ただし、ターボモデルは乗用車用のサスペンションセッティングになっているため、最大積載重量は他のモデルよりも低い数値になっています。

トランスミッションには4ATと5MTが用意されています。後輪駆動モデルもあるため最大積載時にもしっかりとトラクションを伝えることができるのは商用車では大きな利点です。

トヨタ ピクシスバンとスバル サンバーバンがOEM車両として販売されており、グレードの単略化が図られるものの、全車に「スマートアシスト」を搭載しています。

スズキ キャリイ・マツダ スクラムトラック・日産 NT100クリッパー・三菱 ミニキャブトラック

スズキ キャリイ

マツダ スクラムトラック

日産 NT100クリッパー

三菱 ミニキャブトラック

スズキ キャリイは、クラストップの荷台長と床面地上高を誇る軽トラです。

最大積載重量は350kg。トランスミッションには、新たに5AGSが設定され、3ATにくらべトルク伝達性能と巡航性能が改善しています。最上位グレードの「スーパーキャリイ」はキャビンスペースを大幅に拡大したスペシャルグレードです。

OEM供給先にはマツダ スクラムトラック、日産 NT100クリッパー、三菱 ミニキャブトラックとして3社に提供。全車に前後誤発進抑制機能つきグレードが用意されます。

ホンダ アクティ トラック

ホンダ アクティ トラック

ホンダ アクティトラックは、軽トラでは唯一エンジンをリアミッドシップに搭載しており、空車時の安定したトラクション性能がアクティの持ち味です。

ミッドシップエンジンならではの利点として、運転席の着座位置が低く乗降性が良好。さらにペダル配置もムリのないように設計されており、設計の古さを感じさせない魅力を持っています。

最大積載重量は350kgでトランスミッションは、5MTと3ATを用意しています。

軽自動車に関する記事はこちらから

軽商用バン車種別対決の記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!