MOBY

Apple「CarPlay」とGoogle「Android Auto」カーナビはどっちがいい?違いを徹底比較!

話題のインフォテインメントシステム(娯楽情報機能)、Appleの「CarPlay」とGoogleの「Android Auto」。まだ日本では普及していませんが、国外では注目が高まっています。CarPlayとAndroid Autoの違いや、国内ですでに対応しているカーAVなどをご紹介します。

Appleの「CarPlay」とGoogleの「Android Auto」って何?

出典:http://www.autoguide.com/

Appleが提供する「CarPlay」と、Googleが提供する「Android Auto」は、スマホを車に接続して、車に特化したアプリを車載用ディスプレイで利用するものです。

どちらも音声入力に対応しており、マップ、ミュージック、通話などを安全に利用する事ができます。
ナビシステムが普及していない国ではスマホのアプリで地図を確認しながら運転するという事が比較的一般的になっており、CarPlay,Android Autoといったスマホ連動の車載システムは特に国外で注目されています。

日本ではナビシステムが浸透していますので、すでにナビで似たような事ができるんじゃないの、とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。
CarPlayやAndroid Autoが一般的なナビと異なる点は、通話、音楽などを一元的に管理できる事、より安全で馴染みのある操作性、豊富なサードパーティ群による今後の拡張性などが挙げられるかと思います。
また、マップが随時更新され、常に最新の状態にしておけるのも有り難いところです。

CarPlayとAndroid Autoの画面を比較

AppleのCarPlayの画面

出典:http://www.nissan.co.jp/

GoogleのAndroid Autoの画面

出典:https://www.android.com/

AppleのCarPlayの画面は大きなアイコンが並んだものとなっています。
対してGoogleのAndroid Autoの画面は、画面下部に基本的なアイコンが配置され、上画面にはウィジェットのようなカードが表示されています。

基本的なできる事は両方ともだいたい同じです。
音声入力による操作、通話機能、メッセージ機能、マップ機能、ミュージック機能、などなどが基本的な機能になっています。

しかしやはり細かい部分に違いはあります。

AppleのCarPlayは、ここがイイ!

CarPlayの画像

出典:http://www.digitaltrends.com/

CarPlayはSiriという音声入力解析機能で操作できます。
反応も早く、認識力も高いので実用的な音声入力が可能です。

CarPlayの強みはAplleが保有する豊富なミュージックコンテンツと言えるでしょうか。
itunesはもちろん、定額音楽配信サービスのApple music や、音楽配信アプリのAWAなどを利用できます。
ローカルに保存した曲も自由に検索して再生できます。

音楽の扱いには一日の長があるAppleだけに、ミュージック機能においては一歩リードと言えるでしょうか。
また、Android Autoに一年ほど先駆けて発表されており、ノウハウ面での実績も蓄積している事でしょう。

CarPlayのmusic画面

CarPlayの画像

出典:http://9to5mac.com/

CarPlay解説動画

GoogleのAndroid Autoは、ここがイイ!

出典:http://www.autoguide.com/

Android AutoもGoogleの音声入力機能を利用して音声で操作できます。
認識力も高く、Googleの豊富な検索力も頼もしいところです。

Android Autoの強みはGoogleの提供するGoogle Mapです。
PCやスマホで普段からGoogle Mapを利用している方は多いかと思います。
非常に詳細で精確性も高く、更新もインターネットで簡単に行えるため、一般のナビやCarPlayよりも強い点と言えるでしょう。
また、目的地の他に付近の施設を音声で検索する事もできます。
高低差の認識の甘さは国内のナビに劣っている部分ですが、今後のアップデートでの対応を期待したいところです。

また、Googleも定額音楽配信サービスのGoogle Play Musicを開始しており、豊富な楽曲を利用できます。
またAWAのアプリにも対応。
定額プランにもファミリープランが追加され、音楽面でもCarPlayに迫っています。
しかしGoogle Play MusicのファミリープランはAndroid端末を持っていないと加入する事ができず、音楽を管理するためのitunesのような専用クライアントも無いため、若干の不便さは残ります。

Android Autoのマップ画面

Android Autoの画像

出典:https://www.android.com/

Android Autoの解説動画

車がCarPlayやAndroid Autoに対応していない場合でも対応カーAVで利用可能!

CarPlayを利用できるカーAV パイオニア・SPH-DA700

出典:http://pioneer.jp/

パイオニアが発売しているSPH-DA700は日本で初めてCarPlayに対応した6.2V型ワイドのカーAVです。
V型というのはVisual Sizeの略で、画面が表示される部分の大きさの規格です。
6.2Vは、画面の対角が6.2インチあるという事を示しています。
6.2インチは15.748㎝です。

すぐれた品質のサウンドが楽しめ、バックカメラやBluetooth機器の接続などにも対応。
USB機器を接続して動画を楽しむ事も可能です。

価格は90000万円。
お値段は張りますが、最高品質の音楽を車で楽しみたい方は一考してみてはいかがでしょうか。

SPH-DA700の紹介動画

Android Autoを利用できるカーAV パナソニック・ストラーダCN-F1D

ストラーダの画像

出典:http://panasonic.jp/

パナソニックのストラーダCN-F1DはAndroid Autoに対応した9V型ワイドの大画面カーAVです。
カーナビのサイズとしては大きめで、タブレットを装着するような形のフローティング構造のため、多くの車種に取り付ける事が可能となっています。

アプリリモコンをスマホにインストールすれば、後部座席に座りながら操作する事も可能です。
ブルーレイに対応しており、市販の映画や録画した映像を車内で楽しむ事ができます。
地デジの受信も可能で、旅先でテレビも楽しめます。
iPhoneと接続して音楽を楽しむ事もできます。
ラジオや動画コンテンツの再生、ニュースの閲覧など、専用アプリも充実。
オープン価格ですが、市場価格はおよそ13万円前後ほどです。

ストラーダCN-F1Dの解説動画

CarPlayとAndroid Autoを利用できる日産の純正ナビMM516D-L/W

出典:http://www.nissan.co.jp/

日産の純正プレミアムナビMM516Dは、CarPlayにもAndroid Autoにも対応しています。
8インチ画面のMM516D-L(エルグランド、エクストレイルに対応)の価格は298000円。
7インチ画面のMM516D-Wは228000円です。

純正品だけあって、クラスターパネルと一体化した専用設計で大画面ナビを楽しむ事ができます。
フルセグ地デジやブルーレイも利用可能。

スマホ連動カーナビ「AppleCarPlay」「Android Auto」が便利!

CarPlayとAndroid Autoはそれぞれ特徴があってどちらも魅力的ですが、基本的には自身が普段利用しているスマホに対応した方を選ぶ事でしょう。
そういう意味ではあまり迷う事はないでしょう。

むしろ、ライバルになってくるのは既存のカーナビでしょう。
日本はすでにカーナビ大国といっていいほどカーナビが普及しており、安価なものも多くあります。

また、CarPlayやAndroid Autoに対抗して、既存のカーナビメーカーもスマホ連動のより便利な商品を開発するかもしれません。

CarPlayもAndroid Autoも、それら既存のカーナビと競り合っていくだけの魅力を秘めています。
さらにアプリが充実する今後が楽しみですね。

最新のカーナビに関連するおすすめの記事

Appleが自動車業界にも進出!「AppleCar」とは?

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す