MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > アイテム > 【最強カーナビ】おすすめ人気6選&メーカー別 最強3製品|2021年最新情報
アイテム

更新

【最強カーナビ】おすすめ人気6選&メーカー別 最強3製品|2021年最新情報

カーナビ選びで押さえておきたいポイントは5つ!

©miya227/stock.adobe.com

カーナビはいろいろなメーカーから、さまざまなタイプが売られていますが、購入前におさえておきたいポイントは次の5つです。

  1. 設置方法(取り付け方式)
  2. 価格面
  3. 画面サイズ
  4. テレビの視聴方法
  5. 地図更新料金

どのポイントもカーナビを使っていくなかで大切な部分であり、間違った選び方をしてしまうと、使いづらくストレスになってしまう部分でもあります。それぞれを詳しく解説していきましょう。

①見た目をスッキリさせたいならインダッシュタイプがオススメ

©show999/stock.adobe.com

カーナビの設置方法は次の3種類があります。

  • ダッシュボード内に設置できるインダッシュタイプ
  • ポン付けで設置できるポータブルタイプ
  • 画面だけが本体から飛び出したフローティングタイプ

車のデザインや内装にこだわりたいのであれば、インダッシュタイプのカーナビがオススメです。

新車を架装する際に使われるカーナビは、インダッシュタイプかフローティングタイプになります。最も多く使われているのもインダッシュタイプです。

商品数も多く、規格は2DINが主流

フローティングタイプはインダッシュタイプやポータブルタイプに比べ、画面がかなり大きく使いやすいというメリットがあります。しかし、出回っている種類が少ないというデメリットも。

販売されている数が最も多いのは、インダッシュタイプ、その次にポータブルタイプになります。

インダッシュタイプは2DINという規格が主流です。2DINは高さ100㎜✕幅180㎜のサイズを指し、そのなかで7インチ、9インチなどの大きさが選べます。

インダッシュタイプのカーナビは、使い勝手、見た目の両方で最も無難な選択肢だといえるでしょう。

②価格を抑えたいならポータブルナビがオススメ

©luckybusiness/stock.adobe.com

ポータブルナビは、先ほど述べた3つの種類のなかで、最も安いカーナビとなります。

ポータブルタイプであれば、国内メーカーのカーナビでも2万円ほど購入できるものも。設置方法に関しても、ダッシュボードの上に置くだけと簡単です。

季節の変わり目や地図の年度が古ければ、アウトレットという形で販売されるので、さらに安い値段で購入できます。しかしデメリットには、画面が小さいことと使い勝手の悪さがあります。

画面の小ささと使い勝手の悪さが難点

ポータブルタイプはシガーソケットから電源をとります。そのため、車の情報をカーナビ内に入れられないデメリットがあります。

例えば、インダッシュタイプであれば車速やバック、パーキングなどの配線と接続します。そのため、バックカメラが取り付けられていれば、バックモニターとしても使えますが、ポータブルナビにバックモニターの機能はありません。

また、インダッシュタイプはGPSの受信がしづらいトンネル内でも、車速を元に車の位置を計算し表示してくれますが、ポータブルタイプは長いトンネルなどを走行すると自車位置がずれることがあったりと、使い勝手の悪さが目立ちます。

ポータブルタイプは価格が安く、設置が楽と大きなメリットがある反面、デメリットもありどちらの特徴を選ぶのか購入する前によく検討しておきましょう。

③操作性や視認性を重視するなら大画面カーナビがオススメ

使い勝手や見やすさを重視するなら大画面のカーナビを選びましょう。一番画面の大きいカーナビはフローティングタイプです。

インダッシュタイプでは7インチもしくは9インチが主流ですが、車によっては大きすぎるサイズのカーナビは設置できません。

しかしフローティングタイプであればインダッシュタイプでは設置が難しい、10インチや11インチの大画面サイズも実現できます。

10インチ以上は高額&種類が少なくなる

フローティングタイプは、本体と画面が分割しているので、本体さえダッシュボートに入れ込めれば取り付けられます。画面が大きいということは、操作ボタンや地図が大きく表示されるので、目視性、操作性がよくなります。

デメリットとしては価格が高いことと、あまり種類がない点です。しかしテレビやビデオなどをよく見る方にはピッタリなカーナビなので、金額と相談しながら購入することをオススメします。

④テレビをよく見る方はフルセグがオススメ

©Евгений Вершинин/stock.adobe.com

カーナビでテレビを視聴する場合、「ワンセグ」「フルセグ」の2つの方式があります。

フルセグはワンセグよりも画質も音質もよいという特徴があります。そのため、ワンセグで視聴するより鮮明な画質できれいな音が楽しめます。

走行中にテレビを見る人は多い印象です。また、子供連れの方であれば、助手席に乗っている子供がテレビを見たいと言い出すことも多いでしょう。

小さい子供の場合、ぐずらないようアニメを流しておとなしくさせておく方もいると思います。このように車でテレビをよく見る方には、フルセグ対応のカーナビの購入をオススメします。

しかしフルセグはワンセグよりも電波の受信状況が悪くなることも多いので、常にテレビを受信していたい場合は、ワンセグ、フルセグ両方に対応したカーナビを選びましょう。

⑤地図更新の料金を抑えたいなら3年間無料期間アリかケンウッドがオススメ

カーナビはスマホなどのように、定期的に地図を更新してくるものではありません。カーナビ内に地図情報を取り込んでおり、その年度の地図を表示しています。

そのため、古いカーナビを使っていると、新しい道が表示できません。走行中、カーナビ上で道路が表示されないといったトラブルも出てきます。そのため、ある程度定期的に地図を更新する必要があります。

カーナビの地図更新は有料扱いです。メーカーによって価格は違うものの、最低でも数千円はかかります。できれば安く済むに越したことはないですよね。

ケンウッドの「Map Fan Club」がお得

地図更新の料金を抑えたいなら、購入後3年間無料更新してくれるカーナビを選ぶか、地図更新の料金が安いメーカーを選びましょう。

地図更新の料金は、1万円以上かかるメーカーから4000円ほどで行えるメーカーなど幅があります。オススメはケンウッドです。

ケンウッドでは「Map Fan Club」に入会することで、彩速ナビの地図データを年2回無料でダウンロードできます。年会費は年間3960円(税込み)であり、定期的に地図データを更新したいなら、他のメーカーより安く抑えることができます。

その他、あると便利なカーナビ機能

©metamorworks/stock.adobe.com

Bluetooth接続とHDMI接続

近年最も需要がある機能が、Bluetooth接続とHDMI接続です。Bluetooth接続は標準で搭載されているカーナビが多いので、あまり気にする必要はないでしょう。

HDMI接続とは、HDMIケーブルを使用しスマホの画面をカーナビ上に表示させます。この表示方法を「ミラーリング」と呼び、鏡のようにそのまま映し出すことができるという意味です。

例えば、アマゾンプライムに入会している方が、車で映画を見たい場合、スマホで映画を流すことで、HDMIによってカーナビ上に映し出します。わざわざDVDなどを買わなくても気軽に映画やアニメを楽しめるので、近年とても需要がある機能です。

処理速度の速さならSSD

また、地図の記憶媒体の違いもあります。近年ではSDカードが主流となっていますが、SSDカードを採用しているカーナビも。違いとしては表示の早さです。

SDカードではエンジン始動時に立ち上がりが遅いカーナビもあります。しかし、SSDは処理速度が速いので起動も表示もすぐにできます。

ドラレコと連携させる場合はメーカーを統一しよう

©PORNCHAI SODA/stock.adobe.com

その他にはドラレコ連携タイプのカーナビも。ドラレコの映像をカーナビで確認できるなどとても便利な機能です。

ただし、この機能を使いたいならカーナビとドラレコのメーカーを統一し、それぞれ対応したものを選ばなければなりません。

純正カーナビを使えば車の機能との接続が簡単

捕捉ですが、純正ナビを選べば車との接続が楽になります。バックカメラやパノラマビューは、当たり前のように搭載されている機能の一つです。

それらは、カーナビの画面で確認する方法が一般的です。しかし、社外品のカーナビを使ってしまうと、その車に対応した変換アダプターが必要だったり、ポータブルナビではこれらの機能が使えません。

取り付けに関しても純正品は簡単です。専用の配線があり、バックカメラに関しても後付けしたいのであればケーブルをすでに引っ張ってきているなどのメリットもあります。

社外品はいろんな規格が異なるため、車に搭載されいてる便利な機能が使えないこともあるのです。そのため、もしこのメーカーじゃないと嫌だ、などの条件がなければ純正品も選択肢のひとつに選んでみてはどうでしょうか。

【最強カーナビ】オススメのカーナビ6選

ケンウッド「彩速ナビ」MDV-M906HD【ハイレゾ対応】

ケンウッドのMDV-M906HDは、音と画質のレベルの高さが特徴です。そのなかでも、ハイレゾという超高音質を採用したカーナビなので音質に関しては群を抜いています。

スマホのようにドラッグやフリック操作ができ、画面の拡大や縮小も2本の指で行える点も特徴のひとつ。従来のようなカクカク感はなく、スムーズな操作ができます。

設置方法インダッシュ
価格約10万円
画面サイズ7インチ
フルセグ対応×
地図更新無料期間×

パナソニック「ゴリラ」CN-G530D【おすすめポータブルナビ】

パナソニックが販売するゴリラは、ポータブルナビでは3年連続シェアNO.1の人気商品です。

ポータブルナビでは位置ずれが起こりやすい高架下や、高速の入口、高速と一般道の判別などをGPSだけでなくジャイロセンサーも搭載することで高い精度を実現。

またSSDを採用しているため、動きがスムーズで突然の操作もストレスなく行えます。

設置方法ポータブル
価格約2万7000円
画面サイズ5インチ
フルセグ対応×
地図更新無料期間×

パナソニック「ゴリラ」CN-G510D【低価格】

価格の安いポータブルナビです。地図は高品質なゼンリン地図を採用し、正確で細かな地図を表示できます。

また、表示される標識のデザインはリアルのものと全く同じなので、道を探しやすいというメリットがあります。

記憶媒体はSSDとなっており、動きがスムーズでストレスなく操作可能です。

設置方法ポータブル
価格約2万5000円
画面サイズ5インチ
フルセグ対応×
地図更新無料期間×

パイオニア「楽ナビ」AVIC-RQ911-E【お得に地図更新】

地図更新無料サービスがあるので、2023年まで最大年2回地図更新ができます。さらに、MapFanスマートメンバーズに加入すると、無料期間が追加で1年もらうことができオススメです。

その他に機能面に関しても充実しており、HDMI対応や付属品を購入すれば車内でインターネットが楽しめます。これによってFire TVなどを車内で楽しむことが可能です。

設置方法インダッシュ
価格約12~13万円
画面サイズ9インチ
フルセグ対応×
地図更新無料期間〇(2023年10月31日まで無料)

パイオニア「カーオーディオ」DMH-SZ700【スマホユーザー向き】

少し変わった商品を紹介します。この商品はカーナビではなくカーオーディオに該当します。基本的にはスマホを画面に映し、ナビや動画を楽しむアイテムです。(商品リンクは9インチ製品のものです)

近年では、スマホのカーナビアプリが進化し、カーナビと大差ない精度を実現しています。そのため、カーナビ機能をスマホに託し、スマホ画面を映すことでナビ機能を持たせたカーオーディオを販売しています。

Bluetooth、HDMI、USBと接続方法は多彩です。また、別売りのバックモニターやウーファー、トゥイーター、スピーカーをあわせることで、音にこだわった仕様にすることも。

さらに、後部座席で楽しめるプライベートモニターも販売されており、すべてを組み合わせることで映画館のような気分を楽しめます。

設置方法インダッシュ
価格約8万円
画面サイズ6.8インチ
フルセグ対応×
地図更新無料期間×

デンソーテン「ECLIPSE」AVN-R10【捨て機能無し!】

シンプルな見た目であり、余計な機能がないので使い方もシンプルです。直感的な操作ができ、地図も見やすく設計されています。CDやDVDの再生はもちろん、BluetoothやUSBでスマホとの接続も可能。

必要最低限の機能だけを厳選したカーナビなので、余計な機能はいらないという方にオススメです。

設置方法インダッシュ
価格約6万5000円~7万円
画面サイズ7インチ
フルセグ対応
地図更新無料期間×

厳選!メーカー3社別おすすめ最強カーナビ

©Andrey Popov/stock.adobe.com

カーナビを製造販売しているメーカーは、日本以外にもたくさんあります。どこもよい商品を扱っていますが、この記事では日本メーカー大手3社をご紹介します。

※大手を選んだのは、国産メーカーであり信用度が高いこと、マイナーなメーカーに比べラインナップの量が多いためです。他のメーカーを批判しているわけではありません。

パナソニック

パナソニックはあらゆる精密機械を製造しているメーカーです。有名なカーナビにポータブルナビのゴリラがあります。価格が安いうえ、ポータブルナビとしては高性能な商品も多くありオススメです。

パナソニック「ストラーダ」CCN-RA06WD

フルセグにも対応したカーナビです。電波状況に応じで、ワンセグに切り替えを行うので、テレビを見ている途中に止まることがありません。

走行車線を表示してくれたり、速度を下げた方がよい場所を赤く示してくれたりと、運転に自信がない方でも安心して走行できます。

CCN-RA06WDの場合、2022年12月10日(予定)まで地図更新が無料です。ただし、更新は1度だけなので注意しましょう。

設置方法インダッシュ
価格約6~7万円
画面サイズ7インチ
フルセグ対応
地図更新無料期間〇(2022年12月10日まで予定)

アルパイン

アルパインはあまり出回っていない、フローティングナビの種類が豊富です。また、マツダ、スバル、スズキ、三菱など一定のメーカーの純正カーナビも販売しています。

自動車メーカー純正製品を検索したい場合のURLはこちらです。

アルパイン「BIG X」XF11NX2

画面サイズが11インチと大画面のカーナビです。価格は高めですが、HDMIやBluetooth接続、ハイレゾ対応、ハンズフリー通話など多彩な機能を持っています。

また、「ボイスタッチ」と呼ばれる機能があり、指で触らなくても声で操作が可能です。登録されているワードは51種類。例えば、「近くのコンビニ」と呼びかければ、自動でコンビニを検索してくれます。

ナビ機能ではルート学習により2回案内ルートをそれると、3回目は前回通った道を案内してくれるので便利です。

設置方法フローティング
価格約18~22万円
画面サイズ11インチ
フルセグ対応
地図更新無料期間×

ケンウッド

ケンウッドはオーディオ機器に特化したメーカーなので、音質や画質のよさが特徴です。彩速では、業界初の超高音質であるハイレゾに対応したカーナビも販売しています。

ケンウッド「彩速ナビ」MDV-M907HDL

インダッシュタイプのカーナビとしてはかなり大きな9インチを採用しています。ハイレゾに対応していることはもちろん、HDMIやフルセグ、専用ドラレコの連携も可能です。

Map Fan Clubへ入会するという条件はあるものの、入会すると1年間無料で地図の更新が行えます。

また、魅力的なナビの機能の一つに「マイルートアジャスター」があります。これは、さまざまな場面で優先度を設定できる機能です。

例えば、有料優先や道幅優先、信号考慮などの優先度を細かく設定できます。そのため、目的地を変えるたびに細かな設定を触る必要がありません。設定さえしておけば、オリジナルの自分にあったルートを表示してくれるナビにできます。

設置方法インダッシュ
価格約13~20万円
画面サイズ9インチ
フルセグ対応
地図更新無料期間〇(Map Fan Clubへ入会すると1年無料)

自分がカーナビになにを求めているかで選ぼう

©metamorworks /stock.adobe.com

いろんな選び方をオススメしましたが、最終的にどんな選び方をすればいいのかは自分次第です。

例えば、テレビをよく見るなら画面が大きいタイプや、フルセグ対応のカーナビがいいでしょう。あまり使わないけど、道に迷ったときなどの保険として購入するなら価格の安いポータブルナビがオススメなど、人によって最適なカーナビは違います。

そのため、まずはどのように車を使っているのか考えてみてもいいかもしれませんね。

スマホ主体のカーライフならカーナビアプリもオススメ

カーナビとスマホを両方使いたい人はコチラ

ミラーリングの方法はコチラ

AppleCarPlayやAndroid Autoの使い方

執筆者プロフィール
山北吏(つかさ)
山北吏(つかさ)
1989年生まれ。現役整備士(整備士3級)webライター。webライター歴は1年半。愛車はインプレッサ(GH8)。車に乗るなら絶対MT!実家が田舎だったこともあり山道は得意!整備士として働き始め3年目。前職は輸入業...
すべての画像を見る (8枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード