初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

eペダルとは?日産の新技術e-Pedalのメリットとシステムや操作の違いを解説!

日産自動車は、2017年9月6日に電気自動車・新型リーフの公開を発表しました。そこで注目されていることは、日産車初となるe-pedal(Eペダル)を搭載することです。Eペダルとはなにか?現段階でわかっていることと、具体的にどのようなシステムになるのか予想も含めて紹介したいと思います。

日産新型リーフとe-pedal(Eペダル)装着を2017年9月6日発表

日産自動車は、2017年9月6日に新型リーフを公開すると発表しました。
カモフラージュされたプロトタイプのリーフが神奈川県鎌倉市で公道テストしてところがとらえられ、シルエットから現行型リーフとかなり違うスタイルになることが予想できます。
そして、もうひとつ注目なのことは、新型リーフにEペダルが搭載されることです。
Eペダルとは今まで聞いたことない言葉ですが、知らば知るほど凄い技術であることがわかってきます。
Eペダルとは一体どんなシステムなのでしょうか。

新型リーフに関する最新情報はこちら

ブレーキ不要!アクセルペダル操作のみ運転可能なEペダル

e-pedal(イーペダル:以下 Eペダル)は、一つのペダルのみで行ることができる操作システムです。
ここでいうペダルとは、アクセルペダルのことであり、Eペダルのコマンドスイッチを押すと、アクセルペダルがEペダルとしての機能が加わり、運転手はEペダル(アクセルペダル)だけで加速や減速、停止することができます。
ゆえに、ドライバーは右足でEペダルのみを操作するだけで運転操作することができ、今までのブレーキペダルに足を移すことはなくなります。

ブレーキペダルはあくまで補助的な存在

Eペダルは、運転の90%をカバーすることが可能です。ゆえに運転時に右足のほとんどをアクセルペダルに添えるのみです。
では、ブレーキペダルはどうなるかというと、ブレーキペダルは存在するがあくまで補助的な存在となります。
通常、信号待ちなどの停車時は、シフトノブをドライブ(D)に入れた状態でブレーキを踏んでおきますが、Eペダルモードにしておけば停車時にブレーキを踏んでおく必要はありません。
坂道での停車時も、ブレーキペダルを踏んでいない状態でタイヤにブレーキをかけた状態を維持してくれます。
もちろん、シフトノブはドライブのままで良いです。

Eペダルとe-POWER Driveとのシステムの違いは

日産ノートe-POWER

日産 ノート e-power 2016年

日産は、すでにアクセルペダルのみ運転可能な「e-POWER Drive」をノートe-POWERに搭載しています。
このe-POWER DriveとEペダルの違いは何なのでしょうか。

e-POWER Drive

e-POWERには、さまざまな走行シーンに合わせて「NORMALモード」とe-POWER Driveが作動する「Sモード」「ECOモード」の走行モードを選ぶことができます。

SモードとECOモードでは、アクセルペダルを戻すだけでNORMALモードに対して強く減速をします。
これにより渋滞時やカーブの多い道路など頻繁に加減速が必要なシーンでアクセル・ブレーキペダルの踏みかえを減らし、ドライバーの運転をサポートします。

また、停車時からアクセルを放した時のクリープ状態に関しては、NORMALモードがガソリン車と同様にクリープし、「Sモード」「ECOモード」はブレーキを踏んでから戻すとクリープが始まります。

※クリープとは
クリープとは、オートマチック車でエンジンがアイドリング状態にある時、シフトレバーがドライブ(D)やR(リバース)の位置にあると、アクセルを踏まなくても車がゆっくりと動き出す現象のことです。

e-POWER DriveとEペダルの相違点

Eペダルについて作動手順を①~④の順で解説すると

①Eペダルボタンを押す。
②アクセルペダル(Eペダル)で加速。
③アクセルを緩めると減速状態へ移行。
④アクセルを完全に緩め停止状態となると停車を維持。

以上のような使い方になります。

ここまでは、e-POWER Driveと同じに思いますが、減速具合などはプロパイロットと同じく前方の車両をモニタリングし状況に応じた加減速がなされるのではないか見ています。

これについては、日産から正式な説明がなされていないため予想になりますが、日産側は以下のようなにいわれています。

「e-Pedal」は、アクセルペダルのみの操作で、発進、スピードアップ、スローダウン、停止保持が可能です。

出典:https://newsroom.nissan-global.com/

新型リーフには、プロパイロットを装備することが示されているため、Eペダルは、プロパイロット機能を応用した、これまでのe-POWER Driveとは違うドライブアシストシステムへなると推移されます。

日産ノートe-POWERについての記事はこちら

Eペダルのメリットとデメリットは

これまでの解説で、Eペダルは革新的なシステムで良い事尽くめのように思えます。
その中でも大きなメリットは、フットブレーキをするという過程がなくなることで、カーブの多い道でのブレーキングや渋滞時や信号でのストップアンドゴーでドライバーの負担が格段に減らすことができることです。
しかし、すべての減速操作を車に任せるわけにはいかないと思います。

Eペダルのデメリット

Eペダルのデメリットとして、万が一に道路脇から歩行者が飛び出してきたときや、ワイディングで野生動物が飛び出してきた時など、いざというときのブレーキ操作を人間ができるかという点です。

そういった場合は、備え付けのブレーキペダルを踏めば急ブレーキとなりますが、車の運転をする上で人間がフットブレーキを行うことを長期間しなければ、アクセルペダルのみの操作に慣れきってしまい、いざというときブレーキ操作を即座にできるかということに、いささか不安感があります。
危険回避における急ブレーキ操作もEペダルシステムに組み込まれていれば良いのですが、急にやってくる危険性というのは、数え切れないほどの事象があり、それすべてを車側でプログラムが組まれているというところに怪しさを思えます。
この辺りの詳しい事は、新型リーフが発売してからわかることなので、注目したいところです。

日産のプロパイロットについてはこちら

安全装備/自動ブレーキについての記事はこちら

高性能な運転支援システムが事故ゼロへの道筋を開く

日産リーフ

日産 リーフ 外装

Eペダルについて紹介していきましたが、いかがでしたか。
アクセルペダルだけで加速・減速・停止すべてができてしまうEペダルは、ドライバーの負担を減らし、事故の抑制になるための素晴らしい技術です。
近年、予防安全装備や自動運転技術・運転支援システムの進化が顕著ですが、日本メーカーもここまできたかというほどの驚きを感じます。
高齢者の事故や、ドライバーの急な体調変化による交通事故のニュースをしばしば目にしますが、Eペダルはそういった事故の減少に大きく貢献できます。
いずれは事故のない社会へ近づくために、Eペダルは大きな一歩となるでしょう。

日産の安全技術エマージェンシーブレーキについての記事はこちら

国内自動車メーカー各社の安全装備についてはこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す