初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

プリウスのバッテリー上がりの症状や原因から対処方まとめ|救援はできない?

もしもプリウスもバッテリーは上がってしまう事があります。バッテリー上がりの原因やその時の症状は?もしもそんな事になってしまった場合はどうすれば良いのか等、プリウスのバッテリーが上がりに関することを紹介します。

プリウスのバッテリーはどんなバッテリー?

まず最初に「ハイブリッドカーのバッテリー」は普通の車と違うのかどうか不思議に思われるかも知れませんので簡単に説明させていただきます。

ハイブリッドカーはバッテリーを「最低2つ」使用しています。
ひとつは普通の車と同じ形の「補機類用バッテリー」で、もうひとつは外からは全く見えない大型の「走行用バッテリー」を使用しています。
「補機類用バッテリー」は、簡単に言えばハイブリッドカーを動かすためのシステムをやその他の車の電装などの補機類を動かすためのバッテリーで、「走行用バッテリー」はハイブリッドカーのモーターを駆動させるためのバッテリーとなります。

「走行用バッテリー」については、完全にバッテリーが上がってしまう(充電量が完全になくなってしまう)事はごくまれで、たとえ上がってしまったとしてもエンジンさえ始動できて走行可能な状態であれば自然に充電されるので心配はいりません。

ですが「補機類用バッテリー」が上がってしまうのは困りものです。
なぜなら「補機類用のバッテリー」は普通の車と同じで、バッテリーが上がってしまうとエンジンが始動出来なくなってしまうからです。

こちらの記事では「補機類用のバッテリー」が上がってしまったらどうしたら良いのか?普通の車と同じ様に救援出来るのかなど、プリウスのバッテリー上がりについて紹介します。

プリウスのバッテリー上がりの症状は?

疲れ 落ち込む がっかり バッテリー上がり バッテリー切れ

「プリウスのバッテリー上がり」とは、いったいどんな症状なのでしょうか?

バッテリーが完全に上がってしまった場合「リモコンでドアロックが解除出来ない」「メインキーをオンにしてもメーター内のランプが何も点灯しない」などの症状が出ます。
かろうじて「バッテリーが完全に上がっていない場合」つまり上がり気味の状態ですとドアロックは解除出来ますがキーをオンにしてもセルモーターが回らずに「カチカチ」と軽い連続音がする様な症状になります。
この様な症状が見られる場合は「バッテリー上がり」が考えられます。

プリウスについては以下の記事をどうぞ

バッテリー上がりの原因は?

なぜ 疑問

バッテリー上がりの原因として考えられる理由はいくつかあります。

まず一番は「ヘッドライトの消し忘れ」ではないでしょうか?
自動でヘッドライトがオン・オフするオートヘッドライトの場合は、キーをオフにすればヘッドライトも消えるのですが、通常のヘッドライトはキーをオフにしてもヘッドライトが消えない車が普通です。
また、夜間であれば消し忘れることは稀でも、昼間にトンネルなどの暗い場所を通過する際、車幅灯やヘッドライトを点灯させたまま消し忘れた......というようなことはついついやりがちですね。
たとえ夜間でも、室内の荷物を探すために室内灯を点灯させてそのまま車を降りてしまったなんて事もよくありますし、ドアがしっかりと閉まっていなくて半ドア状態で室内灯が消えていなかった、などもありがちです。

その他のバッテリー上がりの原因としては単純に「バッテリーの劣化」があります。
バッテリーも消耗品ですので、使用状況によっても変化しますが、年数が経てば弱ってきてしまいます。

特に「夜間の走行が多い場合」や「数キロ程度の短い距離での移動」「車の使用頻度が月に数回」ぐらいの使用状況であれば、車のバッテリーの充電が不十分になることが多く、バッテリーも上がりやすくなりますし劣化も早まってしまいます。

プリウスのバッテリー上がりの対処法は?

エンジンルーム

もしプリウスの「補機用バッテリー」が上がってしまってエンジンが始動できなくなってしまった場合、どうしたら良いのでしょうか?

ハイブリッドカーは特殊な車なので、バッテリーが上がってしまったらディーラーを呼ばなくてはならないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、実はそんな事はありません。
「ハイブリッドカーのシステム」を動かしているのは「補機用のバッテリー」なので、このバッテリーに電気を与えてあげれば問題は解決します。
電気を与えることによりハイブリッドカーのシステムが起動しますので、エンジンを始動することが可能になります。

しかし、普通の車なら始動用のブースターケーブルをエンジンルームにあるバッテリーにつなげば良いのですが、プリウスのエンジンルームを見てみるとバッテリーらしき物が見あたらないかと思います。
はじめてプリウスでバッテリー切れを経験する人は驚いてしまうかもしれませんが、ご安心下さい。
プリウスのようにエンジンルームにバッテリーが無い車には、必ずブースターケーブルを繋ぐための救援端子が用意されています。
通常はエンジンルーム内のヒューズボックス内にある場合が多く、プリウスの場合もヒューズボックスの蓋を開けてその中に「+側」を接続するための救援端子があります。
そちらに「ブースターケーブルの赤色」のワニ口を繋ぎます。
「ー側」は特に決まった場所は無いのですが、エンジンルームー内の金属がむき出しになっている部分に「ブースターケーブルの黒色」のワニ口を繋ぎます。

詳しい「ブースターケーブル」の繋ぎ方は以下の動画を参考にして下さい。

接続するためのブースターケーブルはできるだけ電気抵抗が少ない物(アンペアが高い物)がおすすめです。
アンペアが高いケーブルは太くて邪魔になりますが、アンペアが低いケーブルは細いので携帯するのには便利なかわりに電気抵抗が高く、ブースターが始動できなかったり、ケーブル自体が熱を持って危険な状態に陥ったりすることがあります。
金額は少し高くなるかもしれませんが、あまり細いケーブルはおすすめできません。

おすすめのブースターケーブルは?

だいたいこのくらいのブースターケーブルがおすすめです!

こちらの商品をAmazonで!

プリウスのバッテリー上がり 救援はできる?

救援

では逆に、プリウスでバッテリー上がりの車を救援することはできるのでしょうか。

結論から言うと、プリウスが救援される時と同じようにはできないのです。
ブースターケーブルを繋いだ救援用の端子は、ハイブリッドカーのシステムを起動するために電気を与える程度の電気を流すことしか考えられていません。
そのため、バッテリー上がりの車を救援しようとすると大きな電気が流れすぎてしまって、補機用バッテリーやハイブリッドシステムを壊してしまう可能性があります。
助けようと思ったらこちらが壊れてしまって動かない!といったことにならないよう、プリウスでバッテリー上がりの車を救援をすることは避けた方が無難です。

どうしてもなんとかしたい場合は、成功するか確証はありませんが一つだけ方法があります。
簡単に説明するとプリウスで相手の車を簡易的に充電することで一時的にバッテリーを復活させる方法です。
「ジャンピング」といわれています。

ジャンピングの方法

前述の方法で相手の車とプリウスを「ブースターケーブル」で接続して、プリウスの「イグニッションをオン」にして下さい。
この時に救援される側の車は「イグニッションをオフ」にしておいてください。

このままの状態で30分程度放置しておけば相手の車のバッテリーが充電されるので、うまく行けばセルモーターを始動させる程度の電気を充電することが可能となるかもしれません。
もしそれでも始動出来なかったら諦めた方が良いでしょう。
無理にかけようとして車が壊れてしまったら元も子もないですしね。

プリウスのバッテリー上がりで困らないために

ひらめき

ここまでプリウスのバッテリー上がりについて知っておいて損のないポイントをいくつか紹介させて頂きましたがいかがでしたか?
ハイブリッドカーはプリウスだけではありませんが、どうしてもハイブリッドカーと聞くとハイテクの車で難しい様に思いますが基本的な構造は普通の車と同じです。

今回の記事の様にもしもバッテリー上がってしまって自分でなんとかしなければいけない場合はこの記事を参考にして頂きたいと思います。

プリウス最新情報はこちら

バッテリー関係の記事はこちら