MOBY

ナンカンタイヤの性能の特徴とは?おすすめ商品を評判や口コミで厳選!

ナンカンタイヤをご存知ですか?台湾のタイヤメーカーであるナンカンタイヤは、コストパフォーマンスの優れたタイヤ造りに定評があり、アジアンタイヤメーカーの中でも人気のあるメーカーです。本記事では、そんなナンカンタイヤの性能の特徴や評判、おすすめの商品について紹介しているので、是非ご覧になっていってください。

ナンカンタイヤとは?

ナンカンタイヤのプロモーションビデオ

ナンカンタイヤとは、台湾の老舗タイヤメーカーです。
1940年に「南港橡膠廠」として設立されたナンカンタイヤは、スポーツタイヤからスタッドレスタイヤに至るまで様々な種類のタイヤを製造しています。

日本国内にも「ナンカン(Nankang)」ブランドとして輸入されており、コストパフォーマンスに優れた街乗り用タイヤとして一定の評価を得ています。

また、日本のメーカーと比較して、タイヤサイズが18インチ以上の商品が豊富に揃えられていることから、VIPカーやカスタムワゴンのユーザーに人気のあるメーカーとしても有名です。

ナンカンタイヤの性能とは?日本製タイヤとは何が違うの?

タイヤラック

コスパが抜群のナンカンタイヤ

いわゆる「アジアンタイヤ」に分類されるナンカンタイヤは、一本あたりの販売価格が非常に安いことでも知られています。

しかし、その性能は同クラスの日本製タイヤと比較しても決して劣るものではなく、グリップ性能やブレーキ性能も十分な実用性を備えているのです。
それどころか、コスパを考慮すると日本製タイヤ以上といってもいいかもしれません。

実際、日本の多くの自動車メーカーでは、コスパに優れたナンカンタイヤを標準装備の純正タイヤとして採用しています。
これは、ナンカンタイヤが安いだけでなく、性能や品質の面でも優れているということの確かな証明だと言えるでしょう。

ナンカンタイヤは消耗品

ナンカンタイヤはベーシックなタイヤで比較した場合、日本製タイヤよりもコスパが優秀ですが、ナンカンタイヤのハイグレードモデルをブリヂストンなどの日本製ハイグレードタイヤと比較した場合、やはり一日の長がある日本製タイヤの方が性能面で優れているのです。

そのため、高級車やスポーツカーといった、ユーザーのこだわりがタイヤの細かい性能にもおよぶ車種の場合、ナンカンタイヤよりもブリヂストンやミシュラン製タイヤの使用をおすすめします。

ナンカンタイヤは日常生活でこそ輝くタイヤであり、低価格の消耗品だと考えましょう。

ナンカンタイヤのおすすめ商品を紹介!口コミも!

ナンカン(NANKANG) スタッドレスタイヤ ESSN-1 195/65R15 91Q

ナンカン スタッドレスタイヤ ESSN-1

出典:https://www.amazon.co.jp/

■Amazon価格:5,508円(一本、2017年現在の価格)

■仕様
サイズ:15インチ
外径:635mm
幅:195mm
推奨リム幅:6J
タイヤ規格:ETRTOスタンダード

ナンカンが日本市場のために開発した左右非対称パターンのスタッドレスタイヤです。
一本あたりの価格が5,500円と非常に安く、アジアンタイヤのメリットを体現した、コストパフォーマンスに優れたナンカンタイヤとなっています。

Amazonレビューでの評判や口コミ

このタイヤを履いて、3度、スキー行き、東京の二度の大雪も走りました。クルマは2WDステップワゴンですが、ダイヤゴムが指で押すと凹むほど、とても柔らかく、やや硬めのアイスバーンも不安なく走れました。雪のない高速走行も、これまで履いてた夏タイヤとそう、変わりません。全く問題無く、気に入ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp/

長野県塩尻市での使用(新雪より圧雪・氷結)。
アイスバーンでも問題なく、C/Pは非常に良いと思う。
残念なのは、ロードノイズが国産品に比べて大きいこと(通常は問題ないが、高速ではうるさく感じる)。
これが解消されれば。。。
耐久性に関しては、次シーズンになってみないとわかりません(現状は国産品と大差ない減り具合)。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このナンカンタイヤの購入はこちらから!

ナンカン(NANKANG) サマータイヤ AS-1 165/55R14 72V

ナンカン サマータイヤ AS-1

出典:https://www.amazon.co.jp/

■Amazon価格:3,250円(一本、2017年現在の価格)

■仕様
サイズ:14インチ
幅:165mm
偏平率:55

ナンカンのサマータイヤ(ベーシックタイヤ)です。
一本3,000円という低価格でありながら、タイヤとして十分な実用性を備えています。
コンフォートタイヤなのでロードノイズも少なく、セダンユーザーにおすすめです。

Amazonレビューでの評判や口コミ

購入後1年を経過しました。通常走行にはまったく問題ありません。ナンカンのタイヤは初めて使用しますが安くても今まで使用していた国産タイヤメーカーと比べても燃費もほとんど同じ。若干走行音がうるさいような気もしますが気にならない程度。1年を経過してタイヤのローテーションを行いましたが片減りも見られずこのまま愛用です。コストの割にいいタイヤだと感じます。→その後交換より22000km走行でそろそろスリップサインが気になり始めました。前回取り付けていた国産メーカーだと35000km走行で気になり始め45000kmで交換しましたがちょっとちびるのが早い気がします。45000kmは無理そうです。30000kmでは交換しないとダメでしょうね。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このナンカンタイヤの購入はこちらから!

コスパで選ぶならナンカンタイヤ!

コスト イメージ

ナンカンタイヤの性能や評判、おすすめ商品のについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

タイヤは自動車を構成する最も重要な要素の一つであると同時に、最も消耗する部品でもあるので、できることなら価格が安くて性能も十分なものを使用したいですよね?
ナンカンタイヤは、そんな要望を叶えてくれるタイヤメーカーですので、コストパフォーマンスでタイヤを選ぶなら迷わずナンカンタイヤを選びましょう!

タイヤのおすすめランキングに関する情報はこちらの記事

タイヤの修理・メンテナンスに関する情報はこちらの記事

この記事の執筆者

しんどうこの執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す