MOBY

【グーグルストリートビュー 撮影車を目撃】仕組みやナンバーの削除依頼についても

グーグルストリートビュー撮影車とは車の屋根にカメラが搭載された特殊な車で、世界中の道や建物を撮影しています。グーグルストリートビュー車の種類や目撃方法、グーグルストリートビューにのせたくない情報を見つけたときの報告方法も紹介!

グーグルストリートビュー撮影車とは?

グーグルストリートビュー撮影車とは?

出典:http://ascii.jp/

グーグルストリートビューとは、グーグルが2007年に開始した、世界中の道路沿いの風景をパノラマ写真で撮影した画像の閲覧サービスのことです。
写真は専用に開発された自動車の屋根に、360度パノラマ写真が撮れる全方位カメラを搭載しています。

自動車では入れない場所は自転車や徒歩で撮影をしているため、今や全世界の都市や郊外、離島や登山道まで、幅広い範囲までカバーしています。
初めての場所に行く前に街並みをチェックしたり、これまで行ったことのない場所に行った気持ちになれたり、さまざまな使い方で楽しむことができます。

また、現在のグーグルストリートビューでは、「タイムマシン機能」がついています。
撮影された場所によっては、過去のその土地の様子も見ることができます。
その利用方法の1つとして、被災地の撮影をすることで復興の過程・状況がわかる、というものです。

楽しむ目的から、復興といった社会的な役割もありますが、プライバシーの問題も心配といった声も多く挙がっています。

グーグルストリートビュー撮影車の仕組み

出典:https://www.google.co.jp/

では、一体どのような仕組みで撮影しているのでしょうか。
もっとも有名なものは「ストリートビュー撮影車」という、自動車の屋根に全方位カメラを搭載しているものです。
見慣れない機材が載っているため、見つけたら一目でわかるでしょう。
全方位カメラでの撮影、それと同時に、GPSで撮影位置の記録、レーザースキャナーで建物の形状を記録する、という仕組みになっています。

車種は国によって異なり、日本ではトヨタ プリウススバル インプレッサ、北米ではシボレー・コバルト、トヨタ・プリウス、ヨーロッパではオペル・アストラといった情報があります。

グーグルストリートビュー撮影車が入れない場所は「ストリートビュー トライク」

出典:https://www.google.co.jp/

自動車の通行できないような場所は「ストリートビュー トライク」が活躍します。
三輪自転車(トライク)に機材を取り付けたものです。
自動車では入れないような狭い路地や世界遺産、大学のキャンパス、遊園地といった場所は世界中にたくさんあり、それらの場所を撮影するために開発されました。
三輪自転車のペダルを踏むたびに、自動的に画像を収集します。

グーグルストリートビュー撮影車・トライクでは絶対無理な場所の撮影は?

グーグルストリートビュー撮影車・トライクでは絶対無理な場所の撮影は?

登山道では「ストリートビュー トレッカー」

車がダメなら人力で!バックパック型の「ストリートビュー トレッカー」なら、山道も自由自在に撮影できます。
初めて撮影した場所はアリゾナ州のグランドキャニオンでした。
また、ゲレンデには「ストリートビュー スノーモービル」があります。
他と同じようにカメラがついているのはもちろん、極寒の環境に機材が耐えられるような工夫をしています。

美術館などの屋内で撮影したいときは「ストリートビュートロリー」

美術館などの屋内で撮影したいときは「ストリートビュートロリー」の出番です。
美術館の入口もすんなり通ることができ、作品の周囲をぐるりと一周することができます。
必要な機材はコンパクトな手押し車(トロリー)にまとめられているので、他の作品に当たる、通路が通れないといったことがありません。

グーグルストリートビュー撮影車はどうしたら目撃できるの?

グーグルストリートビュー撮影車の目撃

出典:https://www.google.co.jp/

グーグルストリートビューの公式サイトでは、ストリートビューの撮影をした地域とこれからの撮影予定が確認できます。
山間部や地域によっては、まだ撮影されていない場所もありますが、都市部の道の多くは撮影済のようです。
これからの撮影予定についても、大まかな都市と撮影日は公開されていますので、「自分の住んでいる場所にも来るかな?」と思ったら、公式サイトで確認してみてはいかがでしょうか。
ただ、詳細は不明のため、目撃できたらラッキーですね!

グーグルストリートビュー撮影車に撮影されてしまった!削除してもらえる?

グーグルストリートビュー撮影車に撮影されてしまった!ぼかし処置依頼方法は?

グーグルストリートビューで自宅周辺を見ていたら、自分や家族が写っていたということも多いようです。
画像そのものの削除は難しいようですが、ぼかし(モザイク)処理であれば処理依頼ができます。
顔や車のナンバープレートには、既に処理されていますが、表札や家を隠したいとき、ぼかしの位置がずれている場合などはグーグルに依頼が必要です。
犯罪などに利用される心配など、気になるときは以下の方法でできます。

(1)グーグルストリートビューで問題のある画像を表示する
(2)画面下にある「問題の報告」をクリックする
(3)ぼかし処理をしたい場所と問題点を選択、メールアドレス等を入力して送信する

処置後は特に連絡はないようなので、処置が行われたか、時々チェックすることをおすすめします。

グーグルストリートビュー撮影車は今日も世界中で撮影している!

毎日世界中を撮影しているグーグルストリートビュー撮影車。
最新の技術が詰まったグーグルストリートビューは、とても便利ですが、プライバシーが心配ですね。
自分の行動範囲をチェックして、気になるときはグーグルに問題の報告をしましょう。

車のIT化に関連するおすすめの記事

未来の車に関連するおすすめの記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す