MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 「2022年ヒット商品」TOP10入り日産 サクラがピンチ?!忍び寄る中国EVの影
ニュース

更新

「2022年ヒット商品」TOP10入り日産 サクラがピンチ?!忍び寄る中国EVの影

好調なスタートを切った日産 サクラ、売れすぎて受注停止に

日産 サクラ

発表直後から大きな話題を集め、受注台数も好調と幸先の良いスタートを切った日産 サクラですが、2022年10月31日から一時的に受注停止となっています。

日産の公式サイトでは「販売好調により商品のお届けまでに長期の時間を要しております。」と記載されているため、受注増加によるこれ以上の納期の長期化を避けるための措置であるようです。

日産 サクラ、どんな層に人気なの?

2023年初頭から中国EVが本格進出

また、日経トレンディは「2022年ヒット商品ベスト30」とあわせて「2023年ヒット予測ランキング」も公開しました。

この中で、「ダークホース」として紹介されているのが中国最大手の自動車メーカー「BYD」のEVです。

BYDは、2022年7月21日に日本市場へ導入するEVとして「ATTO 3」、「DORPHIN」、「SEAL」の3車種を発表。

2023年にこれらの車種を日本市場で発売し、第1弾として2023年1月に航続可能距離485kmのミドルサイズSUV「ATTO 3」を発売する予定だとしています。

好調なスタートを切った日産 サクラが受注停止という状況にあるなかで、2023年1月から本格的に、ダークホースとして日本への進出を果たす中国の自動車メーカーBYD。日本のEV市場にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

トヨタとBYDが共同開発したBEVセダンとは?

気になる日産の新型車!

三菱の新型車情報はこちら!

EV社会では車種差別がある?新たな問題って?

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!
執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード