MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > エンタメ > 映画 > 【シネマカー#2】ワイルド・スピード ICE BREAKがもう一度観たくなるトリビア
映画

更新

【シネマカー#2】ワイルド・スピード ICE BREAKがもう一度観たくなるトリビア

ワイルド・スピード ICE BREAKがもう一度観たくなるトリビアをご紹介。本記事は映画情報サイト「PLOTWIST」より提供を受けています。

「ワイルド・スピード ICE BREAK」の作品紹介

  • 原題:The Fate of the Furious/Fast 8
  • 制作国:アメリカ
  • 制作年:2017年
  • 上映時間:136分
  • ジャンル:アクション
監督F・ゲイリー・グレイ
脚本クリス・モーガン
出演ヴィン・ディーゼル、ジェイソン・ステイサム、ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス、タイリース・ギブソン、リュダクリス、シャーリーズ・セロン、カート・ラッセル、ナタリー・エマニュエル、ルーク・エヴァンス、エルサ・パタキー、スコット・イーストウッド、クリストファー・ヒヴュ、パトリック・セント・エスプリト、オレク・クルパ、レックス・アルバ、ドン・オマール、テゴ・カルデロン、ヘレン・ミレン

あらすじ

誰よりも仲間を愛し大切にしてきたドミニク(ヴィン・ディーゼル)の裏切りにより、彼らの結束は崩れようとしていた。だが、彼の行動には謎のサイバーテロリスト(シャーリーズ・セロン)が関与していることがわかる。レティ(ミシェル・ロドリゲス)やローマン(タイリース・ギブソン)らはドミニクを取り戻すため、最大の敵デッカート・ショウ(ジェイソン・ステイサム)と手を組むが……。

シネマトゥデイ

抜けた7番

ミスター・ノーバディ(カート・ラッセル)が「最重要指名手配トップ10」のリストを説明し、ローマン(タイリース・ギブソン)が11番だったことを説明する際、部屋にいる人は6、8、9、10番だと言います。

欠けている7番は、ブライアン・オコナーへのオマージュになっています。

ポールの愛車

ポール・ウォーカーが演じたブライアン・オコナーは、かつて日本車を運転していました。

彼の後任であるリトル・ノーバディ(スコット・イーストウッド)は、実生活でも彼の親友でしたが、この映画でもスバルBRZとスバル・インプレッサWRX STiを運転しています。

これはスコットが故ポール・ウォーカーに敬意を表したもので、『ワイルド・スピード』のブライアン・オコナー役や実生活でもこういった車種に載っていたからです。

GT-R

軍用戦車を含むすべての車のガレージの、3段のラックの1つに、ブライアン・オコナー(ポール・ウォーカー)が『ワイルド・スピード7』(2015年)で乗っていた日産 GT-Rが積まれています。

ドムの息子の名前

ドムは息子に “ブライアン “と名付けているのは、ポールへの敬意を表すだけでなく、サーガを通してドムと一緒に乗り越えてきたブライアンというキャラクターに敬意を表し、ブライアンがドムの人生をどれほど変えたかに敬意を表したのものです。

また、ディーゼルは実生活で2015年3月に生まれた娘をポール・ウォーカーにちなんで、『ポーリーン』と名付けています。

ポールからの作品

2015年のMTVムービー・アワードのバックステージにいたヴィン・ディーゼルは、インタビューで本作の舞台がニューヨークになることをほのめかしました。

彼は「『ワイルド・スピード7』はポールのための作品で、『ワイルド・スピード8』はポールからの作品になる」と述べています。

ポール・ウォーカーは悲劇的な死の前に、ディーゼルに「『ワイスピ8』は必ず作られる」と語っていました。ディーゼルは、本作のプロモーション中、他の数多くのインタビューでこの献身的な言葉を繰り返しました。

このことは、本作の冒頭がストリートレースで始まる理由を説明しており、ポール・ウォーカーのキャラクターが登場するストリートレースがオープニングシーンに含まれていたシリーズの前2作へのオマージュとなっています。

アイスランドで最も大規模な爆発

アイスランドでの爆発は、アイスランド史上最も大きな爆発だったそうです。

ニューヨークでの撮影

この映画のかなりの部分がニューヨークを舞台にしているにもかかわらず、実際にニューヨークで行われた撮影は、ほんの一部でした。ニューヨークのシーンでは、主役の俳優や女優は誰も撮影に立ち会っていないそうです。

実際のアクションシーンは、マンハッタンの主要道路を長時間封鎖することができないため、クリーブランドやアトランタで撮影されたものでした。

デイム・ヘレン・ミレンの役

前作を観たデイム・ヘレン・ミレンは映画を絶賛し、もし続編が作られるなら出演したいと希望しました。この話はヴィン・ディーゼルにも伝わり、本作で彼女のために新しく役を書いたそうです。

ヘラクレス

本作では、デッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)がホブス(ドウェイン・ジョンソン)を「ヘラクレス」と呼ぶ場面があります。これは、ジョンソンの主演映画『ヘラクレス』(2014年)にちなんだものです。

16年目の休暇

ホブスは仕事に戻ることを提案されますが、16年経った今、彼は休暇を取りたいと思っています。『ワイルド・スピード』の一作目は本作の16年前に公開されています。

予告編

ワイルド・スピード ICE BREAKを配信している動画配信サービス一覧

Amazonプライムビデオ定額見放題
U-NEXTレンタル
dtv定額見放題
ビデオマーケットレンタル
TSUTAYA TVレンタル

ワイルド・スピード ICE BREAKの作品情報(PLOTWIST)

ワイルド・スピードシリーズに登場する車種一覧はこちらから

執筆者プロフィール
PLOTWIST
PLOTWIST
PLOTWIST(プロットツイスト)は、予想外の結末を迎える「どんでん返し映画」を紹介する映画情報メディア。公開年やジャンル、製作国を問わず、多岐にわたる作品の中から厳選した名作情報を掲載している。
すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード