MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > エンタメ > エンタメ総合 > メジャーリーガー大谷翔平の愛車は1000万円以上!選ぶ車も二刀流だった?
エンタメ総合

更新

メジャーリーガー大谷翔平の愛車は1000万円以上!選ぶ車も二刀流だった?

野球界の常識を打ち破る「二刀流」を実現

©Africa Studio/stock.adobe.com

メジャーリーガー・大谷翔平は、投手と野手の二刀流で日本球界だけでなく、メジャーリーグの世界をも席巻している野球選手です。

ピッチャーとしては100マイル(約160km/h)を超える速球を投げ、バッターとしては日本人メジャーリーガー最多のホームラン数を記録するなど、野球漫画でも描かれないような活躍を見せています。

そんな大谷選手は、現在所属しているロサンゼルス・エンジェルスと2年で850万ドル、日本円で8.9億円の契約を結んでいると発表されていて、今後はさらに高額になる模様です。大谷選手の評価がどこまで伸びるか、楽しみにしているファンの方は多いでしょう。

見る人に夢を与える一流のスポーツ選手は、乗る車も一流なもの。安全性の高い大きなSUVや、スターだからこそよく似合う高級スポーツカーなど、プレーだけでなく選ぶ車でもファンに夢を見せてくれます。

常識を打ち破る「二刀流」を実現している大谷選手は、やはり常識を打ち破るような愛車を持っているのでしょうか?

大谷選手の愛車はテスラ モデルX!

大谷選手が車に乗ってスタジアムから離れる瞬間がYouTubeにアップロードされました。

動画0分26秒付近から現れる車に大谷選手が乗っていて、車の中からファンたちに手を振っているのが分かります。

マットブラックがカッコいいこの車は、テスラ モデルXという車種です。

テスラ モデルX

「ファルコンウィングドア」と名付けられたガルウイング形状のリアドアが特徴の、ピュアEVが大谷選手の愛車のようです。

前側のドアは通常のヒンジ式ドアで、ガルウイング式ドアなのはリアのみ。…ヒンジ式とガルウイング式の「二刀流」ですね!

ガルウィングドア・シザードア・バタフライドアの車11選

イーロン・マスクも反応

大谷選手がテスラ モデルXに乗る様子を撮影した映像を、テスラの社外取締役の水野弘道氏がTwitterでツイート。これにテスラのCEOであるイーロン・マスク氏もリプライで反応を示しています。

大谷選手が選んだ車として、テスラ人気はより加速するかもしれませんね。

大谷選手の愛車はコーティング済み!

マットブラックがカッコいい大谷選手のテスラ モデルXは、アメリカのカーラッピング業者が3M製の「デッドマットブラック」というカラーのラップフィルムでラッピングをおこなったようです。

さらに、窓やホイール、ブレーキキャリパーにもセラミックコーティングを施工。

もし大谷選手と同じ車が欲しい!という方は、ラッピングとコーティングもお揃いにしてみるとより彼に近付けるかもしれません。

大谷選手の公道デビューはアメリカ

©Alicja Wójcik/stock.adobe.com

大谷選手は日本では免許を取得していませんでした。日本時代の移動手段はもっぱらタクシーか同僚の車だったようです。

メジャーリーグへ移籍後、左膝の手術をした2019年後半に、療養中の時間を利用して運転免許の取得を開始。オフシーズンに晴れて免許を取得し、2020年のキャンプから自ら運転して球場入りするようになったと米メディアで報じられています。

前述の動画では大谷選手は助手席に座っていますが、運転をしているのは公私ともに仲が良い通訳の水原さんという方だそうです。

激レア!最強の免許証「フルビット免許」とは?取得方法や費用を徹底解説

大谷選手が後部座席に座らない理由は?

大谷選手が運転免許を取得する前は、通訳の水原さんが運転手を務めていました。

運転を水原さんに任せた大谷選手は、後ろの席でゆったりと、プレーの疲れを癒やしていた…というわけではありません。

大谷選手は基本的には助手席に座るようで、その理由は後部座席で偉そうに座っているのが嫌だからだとか。

プロ野球選手ですら一目置くような偉業を達成していながら、謙虚な姿勢を忘れない大谷選手の人柄が伝わってきますね。

大谷選手の夢実現には人間性も欠かせなかった

大谷翔平が作成した夢実現シート
大谷選手が高校生のときに作成した「夢実現シート」
出典:www.nytimes.com

高い実力でお金も地位も手に入れている大谷選手ですが、彼が常に謙虚な姿勢でいるのには理由があります。

それは、大谷選手が野球選手としての夢を実現するためには、人間性を磨くことも重要視していたからです。

大谷選手が高校生のときに作成した「夢実現シート」には、8球団からドラフト1位指名を受けるという夢を実現するために必要な72個の言葉が書かれています。

それには、コントロールや体作りといった野球に関わる言葉のほか、「礼儀」「思いやり」「感謝」といった言葉もありました。その他にも、「あいさつ」「ゴミ拾い」といった言葉もあり、運を呼び込むためにすべきことも挙げられています。

実際に大谷選手は、プレー中にグラウンドでゴミを見かけたら拾ってポケットにしまっているそうです。

技術や体力以外にも、こうした人間性もひとつひとつ積み重ねてきた大谷選手。プレーだけでなく、そうした面に惹かれてファンになったという人は少なくないでしょう。

これからも大谷選手の活躍に目が離せませんね!

その他の最新情報

次期型が遂に発表!今最も注目されているトヨタのフラッグシップSUV

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

マツダの大本命!最も売れたマツダのSUV、CX-5のモデルチェンジは近い?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード