MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ガルウィングドア・シザードア・バタフライドアの車11選
メーカー・車種別

更新

ガルウィングドア・シザードア・バタフライドアの車11選

ドアが跳ね上がり翼のように開く「ガルウィングドア」。しばしばシザードア、バタフライドアと混同されてしまっていますが、本記事ではそれらの違いとともに歴史上の名車、人気モデルから珍車を11車種厳選。さらに、中古車の値段や改造された日本車までもお届けします。

メルセデス・ベンツ 300SL
「カモメの翼」の意味はご覧のとおり。

全7種類の跳ね上げ式ドア(まとめ一覧表)

名称形状・構造代表車
ガルウィングドアカモメ(Seagull:シーガル)が翼を広げた形状メルセデスベンツ SL300
デロリアン DMC-12
シザードア
シザーズドア
シサースドア
ジャックナイフドア
ポップアップドア
ハサミ(Scissors:シザー、シザース等)のように1点を中心に斜め前方に開く。
Aピラー底部にある車体と垂直方向に開く1つのヒンジで保持、開閉する。
ランボルギーニ アヴェンタドール
バタフライドア蝶(Butterfly:バタフライ)が羽を広げたように開く。
開いたドアはシザードアと異なり地面と水平になる。
Aピラーに沿って2つ以上のヒンジがあり、車体の上方外側へと開く。
BMW i8
マクラーレン 720S
ラ・フェラーリ
ラプタードア一旦ドアは外側へ開いた後、上下にドアが回転する2段階開閉方式。
ケーニグセグのみが採用。
正式名称は「ディヘドラル・シンクロ・ヘリックス・アクチュエーション・ドア」
キャノピードア戦闘機のようにキャノピー(天蓋)が大きく開くドア。
ルーフ、サイドウィンドウも同一構造物となり大きな開口となる。
市販車に採用されたことはない。
スワンウィングドア白鳥(Suwan:スワン)が優雅に翼を少し開いて佇むかのように、少しだけドアが上に上がる。
アストンマーチンが採用。
ファルコンウィングドアガルウィングドアとよく似ているが、ドアの上部や側面が分かれ、
別々に動きながら開閉する複雑な動きをする構造になっている。
狭い場所でも楽に車の乗り降りができるように設計されたもの。
テスラ モデルX にのみに採用。

「ガルウィングドア」は跳ね上げ式ドアの総称の意味として認識されていることが多いですが、実際は、シザードア、バタフライドアなど多種多様な跳ね上げ式ドアがあり、その構造、動きはガルウィングドアとは異なっています。

自動車の歴史、市場を広く見渡すと、ガルウィングよりバタフライドアを採用した市販車の方が多い傾向があります。これは、ドアを支えるヒンジの数を多くすることでき、強度を保てることが要因となっています。

① ガルウィングドア|石原裕次郎の愛車「メルセデス・ベンツ 300SL」

自動車の歴史を語る上で「ガルウィングドア」の筆頭に「メルセデス・ベンツ 300SL」を挙げて異を唱える人は少ないでしょう。

1954年にデビューし、かの石原裕次郎の愛車でもありました。美しいガルウィングを持ったボディのみならず、世界初の直噴エンジンを搭載し類まれなる性能も発揮していました。

② ガルウィングドア|デロリアン DMC-12

映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」のタイムマシンになったのが「デロリアン DMC-12」。むき出しのステンレスで覆われたボディが特徴的なガルウィング車。

デロリアンという自動車メーカーはこの1車種のみで倒産、販売台数も振るわず決して人気車だったとは言えませんでしたが、デロリアンの倒産後に公開された「バック・トゥー・ザ・フューチャー」で人気に火がついたという稀有な経歴を持つ車です。

デロリアンや2000GT、謎のフェラーリが出展された四国自動車博物館に突撃!【画像あり】

③ シザードア|ランボルギーニ アヴェンタドール

V12エンジンを搭載したスーパーカー、アヴェンタドール。ランボルギーニは、伝統的にシザードアを有するスーパーカーを生産しています。アヴェンタドールの前身を辿ると、ムルシエラゴ、ディアブロ、カウンタック、ミウラとなりますが、カウンタック以降のランボルギーニV12エンジン搭載車は、すべてシザードアが採用されています。新車車両価格は余裕の4,500万円オーバー。

④ バタフライドア|マクラーレン 570S

イギリスのスポーツカーメーカー、マクラーレンのエントリースポーツカーとなるのが「570S」。この他、BMW i8 などにも採用され、意外にもガルウィングドアよりバタフライドアの方が市販車に多くなっています。これは、強度面でバタフライが有利となるからでしょう。

マクラーレン 570Sの新車車両価格は約2700万円~。

⑤ ラプタードア|ケーニグセグ レゲーラ

スウェーデンのスーパーカーメーカー、ケーニグセグのレゲーラは「ディヘドラル・シンクロ・ヘリックス・アクチュエーション・ドア」と呼ばれる独特な開き方をするドアを採用しています。略称は「ラプタードア」。ラプターとは猛禽類を意味しています。

レゲーラの生産台数は極めて少なく、その価格は余裕の2億円超え。

世界一速い車ランキングTOP21!世界最高速度&0-100km加速でランキング

⑥ キャノピードア|サーブ エアロ X(コンセプトカー)

今は乗用車の生産から撤退してしまった、スウェーデンの自動車メーカー、サーブが2006年開催のジュネーブモータショーで公開したコンセプトカー「エアロ X」がキャノピードアを採用していました。

キャノピードアの市販車は未だ世にでていません。

⑦ スワンウィングドア|アストンマーチン ラピード

イギリスの高級スポーツカーメーカー、アストンマーチンの主要モデルに採用される、スワンウィングドアは、ドアオープン時に少しだけ跳ね上げて乗員の乗り降りをしやすくしてくれます。

ラピードは、アストンマーティンでは唯一となる4ドアサルーン。ドア4枚すべてが開いたときは美しい。新車車両価格は約3,000万円~。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード