MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 車の上がるドア5種類の違い!ガルウィングやバタフライドア、シザードアなど…
メーカー・車種別

更新

車の上がるドア5種類の違い!ガルウィングやバタフライドア、シザードアなど…

ガルウィングを勘違いしていませんか?

ガルウィングドアのメルセデス・ベンツ SLS AMG

メルセデスベンツ SLS AMG 給油

一般的な車に採用されているのは、車体左右の外側に向かって開くドアやスライド式のドアですが、それ以外の方向に開く個性的なドアがいくつかあります。最も有名なものは、車体上部に向かって開く「ガルウィング」でしょう。

しかし、ガルウィング以外にも上に向かって開くドアがあり、それらのドアの名前はガルウィングほどポピュラーではありません。例えば、ランボルギーニは「シザードア(シザーズドア)」、フェラーリは「バタフライドア」というのが正式な名称です。

5種類の「上がるドア」を例に挙げ、違いや特徴を紹介します。

ガルウィングとは?

後で詳しく解説しますが、ガルウィングとは「カモメの翼」を意味します。ガルウィングドアを開くと、前から見てカモメが翼を広げているようなシルエットになります。このシルエットにならない車は、ガルウィング車とは呼びません。

では、ガルウィング以外にどのようなドアがあるのか、次からみていきましょう。

{"status":404,"message":"NotFound \u63b2\u8f09\u7d42\u4e86."}

【今買えるガルウィングドア車とカスタム方法】メリット・デメリットは?

シザードア(注目度:★★☆☆☆)

ランボルギーニ ムルシエラゴ LP640

ムルシエラゴLP 640

「シザー(ハサミ)のようなドア」ということで、ドアがハサミのように縦に開く構造となっています。ドアを開放した時に正面から見ると、バンザイしたような形になります。「シザーズドア」とも呼ばれます。

シザードアはカウンタックやムルシエラゴ、アヴェンタドールなど、ランボルギーニの有名モデルに採用されているため知名度も高いがゆえに、ガルウィングとよく混同されがちです。

実際の乗り降りは不便との声も聞かれますが、高級車らしい派手さが魅力的です。

最新「ムルシエラゴ」中古車情報
本日の在庫数 18台
平均価格 1,938万円
本体価格 1,580~2,580万円
ムルシエラゴの中古車一覧へ

高い車についてはこちら

【世界一高い車ランキング31】最高額は56億円&日本一高い車TOP3も紹介!

ランボルギーニの現行車についてはこちら

ランボルギーニ現行車種一覧!ウラカン、アヴェンタドール、ヴェネーノ、ウルス

ラプタードア(注目度:★★★☆☆)

ケーニグセグ アゲーラOne:1

ケーニグセグ アゲーラone:1

ドアが外側前方に移動しつつ、縦に向きを回転するタイプです。「ラプター」は猛禽類という意味で、ハヤブサやワシなどの鳥の翼を連想させるため、その名がつけられました。「ラプタードア」は通称で、正式名称は「DIHEDRAL SYNCHRO-HELIX ACTUATION DOOR」です。

スーパーカーならぬハイパーカーを手がけるケーニグセグが採用しているドアで、なかなか街中ではお目にかかれないでしょう。開口部がシザードアより大きいため、乗り降りはかなり楽そうです。

ケーニグセグ アゲーラについて詳しくはこちら

ケーニグセグ アゲーラ驚異の性能、特徴紹介と価格!中古車って買えるの?

ガルウィング(注目度:★★★☆☆)

メルセデス・ベンツ SLS AMG

メルセデス・ベンツ SLS AMG GT

前述した通り「カモメの翼」の意味の通り、ドアを開けた姿が翼を広げたカモメに似ている所から名前がついたドアです。個性的なスタイルですが、実はレーシングカー向けの効率的な設計となっています。

レーシングカーは車体剛性を確保するため、サイドシル(ドア下に位置する敷居部分)を太く設計する場合があります。また、走行性能を高めるために車高も低くするケースが多いです。その場合、横開きドアよりも真上に開くドアの方が乗り降りがしやすいのです。

ガルウィングが世界で初めて採用された車は1954年式メルセデス・ベンツ 300SLです。そのほか、ガルウィングで有名な車は映画 バック・トゥー・ザ・フューチャーの「デロリアン DMC-12」でしょう。最近では、スーパーカーの「パガーニ ウアイラ」や、最新EV「テスラ モデルX」にも採用されています。

【メルセデス・ベンツ 300SL総合情報】ガルウィングドアを初採用!中古価格からレプリカまで

【メルセデス・ベンツ SLS AMG総合情報】スペックや中古車価格からライバルまで

デロリアン DMC-12

デロリアン

グンベルト アポロ

グンペルト アポロ

パガーニ ウアイラやテスラ モデルXについて詳しくはこちら

価格2億8000万円!ゾンダ後継「パガーニ ウアイラBC」の性能は?

テスラの新型SUV「モデルX」を徹底解説!価格・特徴・予約金など最新情報まとめ

バタフライドア(注目度:★★★★☆)

ラ フェラーリ

フェラーリ ラ フェラーリ

「バタフライドア」はドアが外側斜め前方に持ち上がり、内面が下向きに開くタイプです。シザードアと混同されがちですが、前から見るとドア側面が蝶の羽のような形に見えます。近年ではラ フェラーリにバタフライドアが採用されています。

シザードアをランボルギーニが採用しているのに対し、バタフライドアはフェラーリが採用しています。そのほかのメーカーでは、マクラーレンやメルセデス・ベンツなど。

BMWのEVスポーツ「i8」もバタフライドアを採用しています。日本車ではトヨタ セラが有名です。

{"status":404,"message":"NotFound \u63b2\u8f09\u7d42\u4e86."}

トヨタ セラ

トヨタ セラ
最新「セラ」中古車情報
本日の在庫数 3台
平均価格 93万円
本体価格 64~116万円
セラの中古車一覧へ

ラ・フェラーリやi8、トヨタ セラについて詳しくはこちら

ラ・フェラーリ の価格と性能、中古車で買えるの?スパイダー版アペルタが世界初公開!

BMW i8&新型i8 ロードスター日本発売開始!スペックや価格とi8sについても

トヨタ セラの歴史と現在の中古車価格は?【日本の名車】

キャノピードア(注目度:★★★★★)

スターリングノバ

スターリング ノバ

車の上半分が「パッカーン!」と持ち上がるタイプです。あまりにド派手な開閉をするので、もはやドアと呼ぶべきなのか疑う程の豪快さ。天井を含め大きく開放されますが、足元は開かないので乗り降りは多少難しそうではあります。

番外編その1:キャノピードア+シザードア

サーブ エアロX

少々遡りますが、2006年に行われたジュネーブモーターショーで、ド派手な開閉動作をするコンセプトカーが発表されました。サーブ車の2シーター・スポーツクーペのコンセプトカー「サーブ エアロXコンセプト」です。

このエアロXコンセプトは、航空機メーカーだったサーブの伝統を受け継いだもので、キャノピードアとシザードアを組み合わせたような開閉の様子を見ることができます。デザインの派手さとは裏腹に、足元から天井まで大きく開くので乗り降りが簡単にでき、実用性も高そうです。

番外編その2:スワンウィングドア

アストンマーチン DB9ヴォランテ

アストンマーチン DB9ボランテ

「スワンウィングドア」はドアを開く方向に角度があり、少しだけ上向きに上がるドアです。ガルウィングやシザードアほど華やかではありませんが、その名の通り白鳥が羽を広げたような姿は見た目にも美しいです。

このドアは美しさを目的としたドアというより、側道への駐車時に縁石などでボディを傷つけてしまう危険性回避するためのもの。特に車高の低い車への恩恵は並々ならず、アストンマーチンは積極的にこのドアを取り入れています。

アストンマーチンの注目モデルはこちら

アストンマーチン新型DBSスーパーレジェーラ「ヴォランテ」最上級オープンカー復活!発売日と価格は?

【アストンマーチン新型ラゴンダ】世界初高級EVブランドの市販車は2021年発表へ!スペックと価格予想

「スワンウィングドア」をマツダも搭載?

マツダ「スワンウィングドア」の特許を出願!新型RX-9に採用?

増えつつあるのはバタフライドア?

BMW i8 Concept Spyder(2012年)

ガルウィング以外にも個性的なドアがあることをおわかりいただけたでしょうか。ドアタイプによっては、採用しているメーカーが限定される場合もありますので、メーカーやブランドを結びつけて観察してみると面白いかもしれません。

最近の自動車メーカーの傾向としては、バタフライドアが人気のようです。最新モデルやコンセプトカーが発表されたら、ぜひドアにも注目してみてください。

個性的な車についてはこちらの記事もおすすめ!

日本車スポーツカーBEST25!世界で人気の国産スポーツカーの歴史

面白い車?変な車?メーカーが作った個性的なヤバい車ランキング25

世界の最強マッスルカー7選!アメリカンでワイルドな大排気量車をご紹介

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ