MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 車検・メンテナンス > ウォッシャー液の入れ方と補充方法|ウォッシャータンクの洗浄・交換は必要?
車検・メンテナンス

更新

ウォッシャー液の入れ方と補充方法|ウォッシャータンクの洗浄・交換は必要?

ウォッシャー液の入れ方と補充方法

減った分だけ補充する

減った分だけ補充する方法が最も一般的で簡単に行えるやり方です。手順は次の通り。

  1. ボンネットを開ける
  2. ウォッシャータンクのフタを開ける
  3. ウォッシャー液を補充する

ウォッシャータンクのキャップには、フロントガラスに水をかけているようなマークがあるのですぐ分かります。

車 ウォッシャータンク
©tarou230/stock.adobe.com

ただし、エンジンルーム内にはウォッシャー液だけでなく、ブレーキフルードやクーラントなどの液体も入っているため間違わないように注意しましょう。

ブレーキフルードのリザーバータンクに誤って入れないよう注意!

特に、ウォッシャー液を補充しようとして、ブレーキフルードのリザーバータンクに間違って入れてしまったというトラブルが発生しているため、初めて補充する際には十分に注意しましょう。

ブレーキフルードのリザーバータンクは、フロントガラスの真下に固定されていることが多く、位置が近いからと間違って水を入れてしまうと危険です。ブレーキフルードは水溶性なので、水に溶ける性質があります。万が一水を入れてしまうと、フルードが水に溶けてしまい本来の機能を果たせなくなってしまいます。

ブレーキフルードは黄色い色をしています。よく確認すれば間違うことはないので、どこへ補充すればいいのかしっかりと確認しておくことをオススメします。

ウォッシャータンクを空にして補充する

ウォッシャー液の種類を変えたかったり、汚れを落としてから補充したいのであれば、一度ウォッシャータンクを空にする必要があります。

ウォッシャータンクを空にする方法は、次の二通り。

  • ウォッシャーホースを外して補充する
  • ウォッシャー液を出し切って補充する

簡単なのはウォッシャー液全てを出し切って行う方法です。ホースを外すということは、タンクの底にアクセスしなければなりません。場合によってはバンパーやフェンダーを外さなければならず、1人では難しい場合も考えられます。

ただし、、ウォッシャー液を出し切ってしまうと、逆にノズルにゴミが詰まってしまう可能性もあります。そのような場合、ホースかタンクを外しキレイに清掃を行い補充するようにしましょう。

補充方法は先ほどお伝えしたように、ウォッシャータンクのフタから入れる方法でOKです。

車の後ろにウォッシャータンクがあることも

気を付けなければいけないのは、リアにウォッシャータンクがある車種です。

例えば、スポーツカーのような排気量が大きくパワーのある車の場合、前後の重量バランスの関係で、リアにウォッシャータンクが取り付けられている場合もあります。トランク内にウォッシャータンクがある車種で補充するなら液をこぼさないよう注意が必要です。

ウォッシャータンクの位置は車によって違います。そのためウォッシャー液を補充する際は、どの場所へタンクがあるのかを事前に確認しておきましょう。

ウォッシャー液の補充はどこでお願いできる?

ガソリンスタンド
©littlewolf1989stock.adobe.com

ウォッシャー液の補充は、車の整備などを取り扱っている店舗であればどこでもお願いすることができます。ただし値段はバラバラで、同じ種類の店でも各店舗によって対応が違う場合があります。

ディーラー

ディーラーでは、一般的に点検時、ウォッシャー液を補充します。値段としては点検内容に組み込まれているので、別途で費用はかかりません。ただしディーラーで販売しているウォッシャー液を使いたいのであれば、液を購入する必要があります。

また、ウォッシャー液を補充してほしいと伝えれば、点検以外でも無料で補充を行ってくれるでしょう。もし気になるようであればひと言伝えてみてはどうでしょうか。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドでもウォッシャー液の補充を行っています。無料で行っている店舗から300円ほど金額が発生する店舗、店で販売しているウォッシャー液を購入してもらう店舗など店によってさまざまです。

また、大手のガソリンスタンドであれば、会員に入ればサービスしてくれる店舗もあります。

高くても500円程度なので、自分で補充するのがめんどくさいのであれば頼んでみてはどうでしょうか。

カー用品店

カー用品店はカー用品を販売している店舗なので、基本的に、店のウォッシャー液を購入してもらい補充するという店舗が大半です。しかしなかにはガソリンスタンドと同様に、会員に入れば補充サービスを行っている店舗もあります。

ウォッシャー液やタンクに不具合があると車検に通らない?

ウォッシャー液
©otoduets/stock.adobe.com

ウォッシャー液の噴霧状態は車検時に確認される項目です。つまり、ウォッシャー液がフロントガラスに正常に噴霧できていなければ、車検で落とされてしまう可能性があるということです。

前方の視界がしっかりと見えていないと、事故を起こす危険性があります。そのため、車検時にウォッシャー液の噴霧状態やワイパーの拭き取り具合を確認するのです。

また、タンクが割れていればウォッシャー液を溜めることができないので、こちらの場合も車検には通りません。

日ごろウォッシャー液を使わないという方は、知らない内にノズルが詰まり、水が出ないこともよくあります。また、自分でワックスがけを行なった際、ノズルにワックスが付着し水の出が悪くなることも少なくありません。

たまには水を出してノズルのつまりや液の量、タンクの損傷がないかを確認しておきましょう。

ウォッシャー液が出ない場合は?

ウォッシャー液が出ない、最も可能性の高い原因はウォッシャーノズルの詰まりです。

ウォータータンク内に水垢が発生し、その汚れがノズルに詰まってしまうと水が出づらくなります。そのような場合、清掃が必要です。

簡単に行えるのは、ノズルに細い棒状の物を挿し込むという方法です。しかしウォッシャーノズルはかなり細く、丁度よいものはなかなか見つかりません。

もし手頃な棒がなければ、ウォッシャーノズルを清掃、調整するための専用工具を使用してみてはどうでしょうか。

古い車はウォッシャーノズルが詰まるというトラブルに加え、ウォッシャーノズルの向きが変わり、フロントガラスにあたらないということも少なくありません。こちらの商品を使えば清掃、調整どちらも行うことができオススメです。

注意することは、無理やり挿し込まないという点。無理に挿し込んでしまうと、ホースを傷つけてしまうかもしれないからです。角度が適切であれば、スッと入っていくので調節しながら清掃を行いましょう。

また、ウォッシャー液が出ない理由は、ノズルのつまりだけではありません。その他にも考えられる原因はあります。こちらの記事で原因や確認方法を紹介しています。

リアワイパーを取り外しているなら後ろは不要

フロントにはウォッシャー液の噴霧状態や、ワイパーの拭き取り具合の保安基準を設けていますが、リアにはありません。そのため、リアのウォッシャー液が詰まっていても車検には通ります。

また、車種によってはリアワイパーがはじめから付いていないものや、リアワイパーは使わないからと取り外している車もあります。

使わないワイパーは汚れの元ですし、ワイパーが破れた状態で動かしてしまうと、ガラスを傷つけてしまう恐れもあるのです。もしほとんどリアワイパーを使わないのであれば、取り外してみるのもいいかもしれません。

ウォッシャー液を補充するときにウォッシャータンクの洗浄は必要?

©Rawpixel.com/stock.adobe.com

ウォッシャー液を補充する場合、ウォッシャータンクの洗浄は必要なのでしょうか。答えは汚れ具合によります。

当たり前ですが、汚れていないなら洗浄は必要ありません。また、すごく汚れがひどいのであれば使用する前に洗っておいた方が、ノズルの詰まりを防ぐことができるでしょう。

洗浄をした方がよい車は、年式が古い車やウォッシャー液の使用頻度が極端に低い車です。

ウォッシャータンクのなかには常に水が入っています。時間が経てばどうしても水垢が発生してしまいますし、使用頻度が極端に少ない場合も、タンク内のウォッシャー液が劣化し、汚れが発生しやすくなります。

汚れたウォッシャー液は使えば使うだけ、ノズルやホースのつまりの原因になります。そのため、ウォッシャータンク液が汚れていると感じた場合、洗浄しウォッシャー液を全て交換しましょう。

ウォッシャータンクの洗浄方法

ポンプ給水口に黒い汚れやタンク内に汚れなどが付着していることがあるので、奥まで届く最適な細いブラシで磨きながら水道水で全体を洗いましょう。

特に、ポンプの給水口が汚れていると、ウォッシャー液の出が悪くなりやすくなるため、しっかりと落とす必要があります。

大きなウォッシャータンクなら細いブラシでキレイにすることができますが、車によってはウォッシャータンクの入り口が極端に細い場合もあります。

もしブラシが入らない場合は、水ですすぐだけでも十分です。また、ホースの頭につける散水用ノズルのストレートで、思いっきり水を入れ中身を出してあげるという方法もあります。

シャワーのストレートで洗浄する場合、タンクが劣化し強度が低くなっていれば割れてしまう可能性もあるので注意が必要です。タンクを取り外すのは難しそうという方は、このような簡単な方法もあるので試してみてはどうでしょうか。

ウォッシャータンクの容量は?

ウォッシャータンクの容量は車種によって異なりますが、平均で約2〜3リットルです。

  • フロントガラスのみのウォッシャー:約1リットル
  • フロント+リアガラス兼用のウォッシャー:約2〜4リットル
  • 寒冷地仕様の場合、ヘッドライトウォッシャーも含めるため約5〜10リットル

欧州市場のような寒く雪が多く降り、霧が発生しやすい場所では、ヘッドライトウォッシャーの設置が義務付けられているので、寒冷地仕様は基本的にウォッシャータンクの容量が他の地域の自動車よりも多い傾向にあります。

平均はこのような数値ですが、全ての車に当てはまるわけではありません。もし自分の車のウォッシャータンクの具体的な容量を知りたければ、車に積んでいる説明書のメンテナンスデータにあるウォッシャータンク容量の記載を確認してみましょう。

ウォッシャータンクが割れていたら交換が必要

©yamasan/stock.adobe.com

ウォッシャータンクが割れていた場合、交換が必要です。ウォッシャータンクはプラスチックで作られており、年式が古くなるにつれ強度が下がります。

また、洗浄しようと思い、ホースを外した際、ホースの付け根の部分が割れてしまうことも考えられます。少しでも割れてしまうとすぐに水漏れが発生し、タンクとしては使用できません。

ウォッシャータンクの交換方法

  1. ウォッシャータンクを外す
  2. 新品のウォッシャータンクを取り付ける

ウォッシャータンクの交換方法はこの2ステップだけ。

しかし、ウォッシャータンクを取り外そうと思った場合、バンパーを外すことが多いですし、リアに取り付けられていた場合、内張りなどのような内装を外す必要もあります。

どんな車種でも必ず行わなければならないのは、ホースの取り外しやポンプのカプラーを抜く作業でしょう。

ホースとはウォッシャーノズルまで水を運ぶために取り付けられているもの、ポンプは水を循環させる装置です。

一般的にはウォッシャータンクにポンプが取り付けられているので、カプラーを抜けばタンクとポンプがセットで取り外せます。古い車の場合、ホースが劣化し引っ張った衝撃で穴が開いてしまうこともあるので注意しましょう。

後は外した手順と逆の手順で組み付けていくだけです。最後に、ウォッシャー液が出ているかどうか確認しておきましょう。

ウォッシャータンクの交換費用はいくら?

ウォータータンクの交換費用は車種や修理交換の条件によりますが、バンパー/フェンダーまたは両方脱着が必要な場合は工賃4,000円前後+ポンプなどの部品代3,000〜5,000円の費用が発生します。

また、ウォッシャータンク修理交換の総額は1万円前後となります。

車種によっては相場よりも工賃が高くなる場合も考えられます。そのため、お願いする予定があるなら事前に整備工場へ出向き見積もりを出してもらいましょう。

ウォッシャータンクを小型化してもいいかも

ウォッシャー液をあまり使わないなら、ウォッシャータンクを小型化するという方法もあります。

小型化することでエンジンルームのスペースを広く使えますし、大きなウォッシャータンクがついているなら車両重量を少し軽くすることもできます。

しかしメーカー純正品で、小型のウォッシャータンクは売られていないので社外品、もしくは自作する必要があるでしょう。

ウォッシャータンクを自作するには?

ある程度自分で加工できるのであれば、自作するという方法があります。保安基準にウォッシャータンクの決まりがないので、どんなものでも構いません。

ただし最低限の決まりとして、ホースとポンプがタンクに取り付けられるようにしておきましょう。また、モータ用として他の配線と分岐して電気を使うなら、ショートしないようしっかりと対策をする必要があります。

自作すれば費用をかなり抑えることができますが、初心者では少し難易度が高い方法です。ではもう少し難易度の低い方法をご紹介しましょう。

汎用品のカンガルータイプのウォッシャータンクを使う

汎用品のウォッシャータンクとして、カンガルータイプのタンクがあります。

こちらの商品はタンク部分が袋になっており、狭い場所にも入れ込むことができます。また、袋状なので純正のタンクより場所も取りません。自作タンクのようにノズルを挿し込む場所を作ったり、ポンプを取り付ける手間も不要なので比較的簡単に小型化することができます。

ただし取り付けサポートなどは行っていないようなので、どうやって取り付けるのかをしっかりと調べておきましょう。

こちらの動画では実際にカンガルータイプのウォッシャータンクを取り付けているので、参考程度に見ておくことをオススメします。

また、取り付けた後に、初期不具合を見つけると再度取り外さなければならないので、取り付ける前に初期不具合の有無を確認することも大切です。

車のエンジン冷却水とは?何のためにあるの?

クーラント(LLC)とは?単なる冷却水?

車の警告灯(ランプ)の種類・意味ぜんぶ知ってる?

執筆者プロフィール
山北吏(つかさ)
山北吏(つかさ)
1989年生まれ。現役整備士(整備士3級)webライター。webライター歴は1年半。愛車はインプレッサ(GH8)。車に乗るなら絶対MT!実家が田舎だったこともあり山道は得意!整備士として働き始め3年目。前職は輸入業...
すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事