MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > ミッションオイルは交換不要?しないとどうなる?交換時期・費用
役立つ情報

更新

ミッションオイルは交換不要?しないとどうなる?交換時期・費用

ミッションオイルとは?

©pongmoji/stock.adobe.com

ミッションオイルとは、トランスミッションに使われているオイルで、ギアの潤滑剤です。

そのため、ミッションオイルがなくなってしまうと、ギアの損傷に直結します。つまりオイル漏れなどを放置し続け、適切な量を確保できないと知らぬ間に故障の原因になるのです。

MT車の場合、トランスミッションの中には、歯車の形をしたギアが入っています。

大きさの異なる歯車のかみ合わせを変える際、オイルによりギアの動きをスムーズにさせています。

AT車のオイルでも間違いではありませんが、AT車の場合、オイルではなく「フルード」と呼ばれることが多いです。そのため、ミッションオイルとは一般に、MT車で使われているものを指すと考えましょう。

AT車の場合はオートマチックトランスミッションフルード

AT車の場合、ミッションオイルではなく「オートマチックトランスミッションフルード」と呼びます。

名前が長いので、アルファベットの頭文字を取り「ATF(エーティーエフ)」と呼ぶことがほとんどです。

ちなみにCVTを採用している車の場合、「CVTF(シーブイティフルード)」と呼びます。

オイルとフルードの大きな違いは、油圧により装置を動かしているかどうかです。オイルは潤滑剤の役割を持ちますが、フルードは潤滑性能に加え装置自体を動かす役割を持ちます。

ミッションオイルの交換時期

©Dmitry/stock.adobe.com

ミッションオイルも長く使い続けると劣化するので交換が必要になります。無交換のまま乗り続けると、ミッションの故障につながることもありますし、なによりオイルが劣化し本来の役割を果たせなくなってしまいます。

メーカーが奨励するミッションオイルの交換時期は、主に10万キロ前後ですが、シビアコンディションでは4万キロごとの交換が奨励されています。

しかし、ミッションオイルは無交換でよいとされている車もあったりと、いろいろな意見や情報があります。

なにが正解ということはいえませんが、この記事では定期的に汚れ具合を確かめ、必要であれば交換することをオススメします。

10万キロ程度なら無交換でも壊れない?

確かに10万キロ程度なら無交換でも壊れない可能性もあります。しかし、どんなオイルでも必ず劣化します。

オイルが劣化すると、当然オイル性能も低下し続けますし、古いオイルを新品のオイル性能まで戻すことはできません。また、ミッション内で発生した鉄粉はオイルを交換しなければ絶対に排出することはできません。

ミッションに限らずどんな装置でもそうですが、症状が出るほど末期状態であれば、オイル交換程度では直りません。例えば、最近変速ショックが大きくなったからといわれても、オイルの交換では直らないことも多いのです。

そのため、何か症状が出る前にきちんとオイル管理する必要があります。街乗りの車はシビアコンディションで走行していることがほとんどです。

そのため、メーカーで定められている4万キロごとの交換を行い、長く安全に走行できる状態にしておくことをオススメします。

執筆者プロフィール
山北吏(つかさ)
山北吏(つかさ)
1989年生まれ。現役整備士(整備士3級)webライター。webライター歴は1年半。愛車はインプレッサ(GH8)。車に乗るなら絶対MT!実家が田舎だったこともあり山道は得意!整備士として働き始め3年目。前職は輸入業...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード