MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 車検・メンテナンス > 車のエンジンオイルが早く減る時の原因と対策
車検・メンテナンス

更新

車のエンジンオイルが早く減る時の原因と対策

エンジンオイルはエンジンブレーキが原因でも減る

オイル交換

エンジンオイルは密閉されたエンジンの中で循環していますので、基本的には減ることがない設計となっています。急にオイル量が減ってしまった場合はオイル漏れの疑いがありますが、長期間乗っていると徐々に減っていくことがあります。

オイルが少しずつ減ってしまう原因の1つには、エンジンブレーキが挙げられます。エンジンブレーキをかけると、エンジンの燃焼室内部の負圧が高まってオイルが吸い上げられてしまう現象が起こります。燃焼室内に吸い上げられたオイルはガソリンと一緒に燃えてしまうので、エンジンオイルが減るのです。

この減り方は自然なものですので、定期的にエンジンオイルの量を確認し、オイルの補充・交換を行っていれば問題ありません。

しかし、この他に「オイル上がり」と「オイル下がり」という現象には注意が必要です。

オイル上がりとは?その原因

オイル上がりとは、エンジン内部の燃焼室にオイルが入ってしまう(=上がってしまう)現象のことをいいます。 オイルランプ(オイル警告灯)が点灯してマフラーから白い煙が出てしまったら、「オイル上がり」の状態である可能性が高いです。

エンジンオイルの役割は、エンジン内部金属同士を潤滑に動かす手助けをすることで、通常は燃焼室に入らないように設計されています。特に、一番激しく動く部品・ピストンには「ピストンリング」がついており、エンジンオイルの燃焼室への侵入を防いでいます。このピストンリングが摩耗すると、エンジンオイルが燃焼室に入る原因となります。

摩耗したピストンリングは交換が必要です。オイル上がりと診断され、修理が必要になった場合、エンジンを下ろして分解し、ピストンリングを交換しなければならないため、修理代がかさみます。

ピストンリングの摩耗は、 汚れたエンジンオイルをそのままにしておくことが原因。オイル上がりは、こまめにエンジンオイルを交換することで防ぐことが可能です。

オイル下がりとは?その原因

オイル下がりとは、吸排気バルブからエンジン内部の燃焼室にオイルが入ってしまう(=下がってしまう)現象のことをいいます。

吸排気バルブからエンジン燃焼室内部にエンジン内部が侵入しないようにする部品・「 ステムシール(バルブシール )」が劣化すると、燃焼室にオイルが侵入してしまいます。この場合、エンジンを掛けたときと、アイドリング時に一瞬、マフラーから白い煙が出ますが、白煙が出続けるわけではないので、異常に気づきにくい傾向があります。

また、気候の変化などによって燃焼室にエンジンオイルが侵入してしまうこともあります。

ステムシールの劣化は、汚れたエンジンオイルによって部品が傷つくことが原因です。オイル下がりも、こまめにエンジンオイルを交換することで防ぐことができます。

エンジンオイルの減りが早いときの対策は?

エンジンブレーキを多用しているなら、こまめにオイル量点検を

エンジンオイルはエンジンブレーキによって自然に減っていきます。エンジンオイルの減りが早いのは、頻繁にエンジンブレーキを使っているからかもしれません。その場合、こまめにオイル量の点検を行い、適正量を下回らないようにしましょう。

おかしいな?と思ったらオイル上がり・下がりかも

エンジンブレーキはほとんど使わない状況で「オイルの減りが早いな」と思った場合、「オイル上がり」または「オイル下がり」が起きている可能性があります。早めにディーラーや整備工場に相談しましょう。

急にエンジンオイルが減っている場合はオイル漏れかも

急激にエンジンオイルの量が減っている。不自然な減り方をしている場合、オイル漏れの可能性があります。早めの修理が必要ですので、 ディーラーや整備工場に相談しましょう。 オイル漏れを放置すると、エンジン内部の部品の同士の摩擦が大きくなり、車両故障や車両火災の期間があります。

定期的なエンジンオイル交換で防げることも

新しいエンジンオイルを入れる

オイル上がりとオイル下がり、どちらもエンジンオイルの交換を怠ることが原因で引き起こされるトラブルです。つまり、エンジンオイルの早減りは、定期的なオイル交換で防ぐことができるといえます。

車に応じて適正なエンジンオイルの交換時期は異なりますが、走行距離と経過月数の両方で定期的に交換するようにしましょう。また、車の走行距離が少なくても一定の月数が経過したらオイル交換をすることも重要です。

エンジンオイルの量はこまめに確認しておくと、異常な減り方にも気づきやすくなります。

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

関連キーワード