MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 車検・メンテナンス > 【簡単】車の水垢はなぜできる?原因やおすすめの落とし方
車検・メンテナンス

更新

【簡単】車の水垢はなぜできる?原因やおすすめの落とし方

水垢やウロコ汚れはなぜできる?

車の水垢 ウロコ 落とし方 水滴

晴れた日に車に乗ろうと近づいたら、縦に黒くついた水垢が付着していることがあります。ガラス面に水滴の輪郭のまま白くこびりついたウロコと言われる汚れがあることも。それらはせっかくの愛車の外観を損なう大敵です。

いつもきれいに洗車していても発生する水垢ですが、そもそもなぜできるのでしょう。

水垢の種類は大きく2つ

水垢の種類は「水性」と「油性」の2つがあります。水性か油性かは発生した原因や性質によって分類でき、それぞれ対策方法も異なります。まずはこれらを理解することで、効果的な対策を講じることができます。

水性の水垢

水性の水垢は空気中のチリや埃などによって発生し、簡単な洗車や水を流すことで落ちる汚れです。

車に付着した雨水が晴れて蒸発した際に、その中に含まれていたチリ・埃が残って水垢になります。油分を含まない汚れのため、水洗いなど比較的簡単な方法で落とすことができます。

油性の水垢

油性の水垢は、空気中の油分・水滴に含まれるばい煙・ミネラルといった成分が渇きこびりついた汚れです。車のドアに縦じま上に入った水垢汚れや、窓ガラスの水垢汚れなどがこれに該当します。

塗布してから時間が経ったワックスなども油性水垢の原因のひとつ。撥水加工がなくなったワックスに雨などの水滴が付着すると、水分中に含まれるばい煙などがワックスと結びついて黒い水垢になります。

油性水垢の一つ「ウロコ」とは

ウロコとはガラス面に白くこびりつく水垢のことを指します。洗車時の拭き上げが不十分だったり、雨の日に着いた水滴をそのままにしていると、油分・ばい煙・ミネラル成分などが残って水垢になります。それをさらに放置するとウロコ汚れになります。

ウロコは油分を含んでいるため、水洗いなどでは水を弾いてしまい、簡単には落ちません。

おすすめの水垢の落とし方

車 洗車 ボディ

水垢は表面だけを拭っても汚れのフチが残ってしまうように、非常に頑固な汚れです。落とそうとして力任せに擦ると、傷をつけてしまう恐れもあります。注意して落とさないと外観を損ねるだけでなく、場合によっては塗装も傷めることになるので、効果的な方法で落としていきましょう。

洗車で落とす

代表的な水垢落としはやはり洗車です。カー用品店やホームセンターなどでは数多くの洗車用洗剤が販売されています。鏡面コーティングや水垢取りをうたった商品もあり、それを使用するのも良いでしょう。

ただ、そういった商品はコンパウンド(研磨剤)が入っていることもあり、多用すると塗装に影響を及ぼすこともあります。まずはコンパウンドが入っていない洗車用洗剤を選ぶと失敗のリスクを軽減できます。

食器用洗剤を使って落とす

水垢 裏技 食器用洗剤 油汚れ

水洗いでは落ちにくい油性の水垢を落とすのに活躍するのが、意外なことに食器用洗剤です。

使用方法としては、バケツなどで10倍ほどに希釈してそれをカーシャンプーのように使用します。油汚れに強く、汚れを落としやすいことから、しっかりと水垢を落とします。

ただし、食器洗いの際にスポンジからどんどんと泡が出てくるイメージの通り、泡切れが悪いのが難点です。そのため、せっかくきれいになっても、すすぎ残しがあるとそこから汚れが発生します。ゴムなどに付着したままになると劣化を速めてしまうので、食器用洗剤を使用する際はきちんと洗い流す作業が重要です。

ガラスに付着した水垢・ウロコを簡単に取る裏技

車 水垢 ガラス ウロコ

ガラスについた水垢はボディとは違った洗浄方法があります。ウロコになってしまっても簡単に落とせます。

お酢で落とす

水垢 裏技 ウロコ取り お酢

ガラスのウロコ取りにおすすめの方法です。ガラスに付着した水垢は、油汚れや水分中のミネラル分が残っている状態です。

ミネラル分はアルカリ性なので、酸性であるお酢を使用し中和させることで汚れを落ちやすくできます。ティッシュにお酢をつけ、窓ガラスのウロコのある所に貼り、15分ほどしたらティッシュをはがし、しっかり拭き取ります。

付着して間もないガラスのウロコはこれでとることができます。ただし、ボディに付着すると、お酢の成分が塗装を痛めてしまうので気をつけてください。

メラミンスポンジで落とす

ホームセンターなどで販売しているコップの茶渋などを取るためのスポンジです。細かい繊維が汚れに絡みつき、水垢汚れやウロコを落とすことができます。

ポイントはケチらずに使うこと。メラミンスポンジを購入するときはは、大判のもので自分で好きな大きさにカットできるものを選ぶことをおすすめします。スポンジが黒ずんでくると汚れを落とす効果が弱まるので、小さくカットしてどんどん新しい面を使用していくなどしましょう。

この繊維は比較的硬く、ボディに使用すると塗装に傷をつけてしまいやすいので、ガラス面のみに使用するようにしてください。

水垢を未然に防ぐ対策も必要

車 水滴 防ぐ

水垢は落とすことはできますが、やはりそもそも水垢がつくのを防ぎたいものです。水垢やウロコの付着を防ぎ、きれいな愛車を保つための方法をご紹介します。

カバーの使用や屋内での保管

車用カバーや屋内駐車場を利用することで、水垢の原因である雨から車を保護できます。特に車用カバーは誰でも使える水垢対策であると言えます。

屋内駐車場の他にカーポートを設置するという選択肢もありますが、風向きによっては雨が吹き込んでしまう可能性があります。

定期的な洗車で水垢を防ぐ

撥水効果のおちたワックスは水垢汚れの原因となります。月に1回や雨が降ったら洗車するなど、ルールを決めて定期的に洗車するように心がけましょう。洗車のたびにワックスを塗り、光沢と共に撥水を維持することで水垢汚れを防ぐことができます。

油膜取りでガラスのウロコを防ぐ

ガラスに付着する汚れは、まず空気中の油分が付着し、それが蒸発することで、水垢やウロコとなって現れます。流れ落ちることが望ましい水滴ですが、油分が油膜となってガラスに残り、水滴が流れ落ちるのを阻害します。

そのため、洗車のたびに専用の洗剤を使用し油膜取りをすることで汚れの固着を防ぐことができます。雨の日にフロントガラスにギラギラとした模様の様な汚れが目に着いたら、すでに油膜が付着しています。すぐに洗剤で除去しましょう。

コーティングして水垢を防ぐ

市販のカー用品店のピットサービスなどには、カーコーティングといって車の光沢が長持ちするサービスを行っているお店もあります。これも水垢防止にはとても効果的です。

しかし、カーコーティングには撥水効果はとても高いのですが、水垢の原因のひとつである油への対策、いうなれば撥油効果はコーティング内容によります。このサービスを利用する場合の効果の持続性や、洗車の必要性の有無など、しっかりとお店の人と相談しましょう。

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ