MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > 車の水垢を落とす方法!水垢取り用アイテムランキングなど紹介
MOBY[モビー]

更新

車の水垢を落とす方法!水垢取り用アイテムランキングなど紹介

雨などの影響で車のボディやガラスには水垢が発生します。洗車をせず放置しておくと頑固な汚れとなりなかなか落ちません。

特に黒い車であれば、汚れはとても目立ちます。車のボディやガラスに発生した水垢の落とし方や予防方法などをご紹介します。

車の水垢は水性と油性の2種類

水性の水垢はわりと簡単に落とせる

©naka/stock.adobe.com

チリやホコリを含んだ雨水がボディやガラスに流れ、乾くことで、水性の水垢が発生します。油性の水垢に比べて、簡単に落とすことができます。

洗車で取り除ける水垢のほとんどが水性です。たくさんの水垢が発生し、一見汚れているように見えても洗車できれいにすることができます。

油性の水垢は頑固に付着しがち

©西部 幸夫/stock.adobe.com

洗車をしても跡が残ってしまう場合は、油性の水垢です。油性の水垢は、雨水の中に排気ガスなどの油分が含まれることで発生します。水性よりも落としづらい水垢です。

車に施工したワックスやコーティングが雨により流れ落ちることでも油性の水垢が発生します。

車のボディが白でも黒でも水垢の落とし方は同じだが…

車のボディの色が違ったとしても水垢の落とし方は同じです。

水垢はどんな車でも発生する汚れですが、ボディの色によって見た目が変わります。黒い色の車であれば水垢が白く見え、白い色の車であれば黒ずんで見えます。

また、黒は汚れが目立ちやすいカラーです。洗車キズもすぐついてしまうので、黒い車に乗っているならきれいな状態を維持するため、丁寧でこまめな洗車が必要でしょう。

カーシャンプーによってはボディ色を限定しているので注意

洗車をする際はあらかじめ水を十分にかけ、表面に付着した小石などを落とさなければなりません。

そしてカーシャンプーの種類によっては、ボディ色を限定しているタイプも存在します。黒限定のカーシャンプーや白限定のもの、そしてどんなカラーの車にも使えるカーシャンプーなどシャンプーの種類も豊富です。

自分で洗車をする場合、車の色に合ったカーシャンプーを選ぶようにしましょう。

ボディについた水垢の落とし方

©seksanpk/stock.adobe.com

水垢取り用カーシャンプーで落とす

普通のカーシャンプーで落ちない場合、水垢用のカーシャンプーを使ってみましょう。一般的なカーシャンプーより水垢を落としやすくなります。洗い方はいつもしている洗車と同じ。シャンプーだけを変更すればOKです。

水垢取り用カーシャンプーで水垢が付いていない場所を洗っても問題ありません。ただ長期間放置した水垢はシャンプーでは落とせないことがほとんどです。その場合、次項で紹介する方法を試してみましょう。

カーシャンプーを水垢専用に変える方法は、もっともお手頃で簡単です。水垢が気になる方はまずこの方法を試してみることをオススメします。

コンパウンドを使って落とす

水垢専用のカーシャンプーを使っても取り除けない頑固な水垢は、コンパウンドを使えば落とせます。コンパウンドは研磨剤なので、極端にいえばボディ塗装ごと水垢を削ってしまう方法です。

使用するコンパウンドは、研磨力の最も弱い「超微粒子」を使用しましょう。

コンパウンドは塗装が落ちてしまう?

コンパウンドはボディ表面を研磨するので、「塗装を削ると色が落ちてしまうのでは?」と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。しかし手作業程度では、塗装を剥がすことはほぼ不可能だと考えて大丈夫でしょう。

なぜなら、手作業で研磨してもそこまで研磨力はないからです。同じ箇所を何時間も研磨すれば、最終的に塗装が無くなってしまうでしょうが、水垢を落とすために研磨する程度ならそこまでの研磨力はないでしょう。

また、コーティングしている車であれば、コーティングの表面は多少落ちますが塗装までたどり着くことはほぼありません。そのためシャンプーでも取り切れない水垢の場合、コンパウンドの使用を検討するのも選択肢のひとつです。

バンパーの水垢には脱脂剤も有効

余談ですが、車のボディは金属で作られている面がほとんどですが、バンパーなどは樹脂でできています。樹脂部分にできた水垢には、脱脂剤なども有効です。

ただしドアやボンネットなど金属でできたボディには使用できないので、参考程度に覚えておきましょう。

ガラスコーティングしているならコンパウンドはやらない方がいいかも

©romaset/stock.adobe.com

ガラスコーティングなどを車に施工している場合、コンパウンドの使用はあまりオススメできません。

例えば新車から半年程度しかたっていない車の場合、コンパウンドで研磨すれば塗りたてのコーティングが削れてしまいます。結果、コーティングの寿命が縮まってしまう恐れもあるからです。

さらに、手作業での研磨ダメージはそこまで気にする必要はないでしょうが、ポリッシャーなどを使ってしまうと研磨力が強いのでその分、コーティングのダメージは大きくなります。

そのため、コンパウンドを使用して水垢を取り除く場合、コーティングがはがれかけている、もしくはコーティングがほぼ残っていないような車での使用をオススメします。

コーティングしたての車であれば、カーシャンプーなどのようなできるだけボディ表面を傷めない方法を検討しましょう。

ガラスについた水垢の落とし方

©d_zheleva/stock.adobe.com

ガラス用の水垢アイテムで落とす

ガラス面にはガラスクリーナーを使い、水垢を含む汚れを落としましょう。ガラスクリーナーはガラス専用の洗車アイテムです。

ボディの水垢も一緒に落としたいなら先ほどお伝えしたようにカーシャンプーでガラス面の汚れも落ちます。

ただ、ガラスに発生した水垢は、なかなか落とせない場合がほとんどです。また、洗車後すぐに拭き取らなければ水跡がついてしまい、なかなか落ちません。

そのため、洗車後の拭き取りはガラス→ボディの順番に拭き上げることをオススメします。

油膜取りを使って落とす

頑固な水垢は油膜取りを使い落としましょう。ガラス面に発生した頑固な水垢は「油膜」と呼ばれ、普通の洗車では絶対に落とせません。そのため、油膜取りなどの油膜を取るためのアイテムが売られています。

油膜取りは根気のいる作業です。液剤をつけガラスをこすり洗いしますが、一度こすっただけでは落ちず落ちるまで何度もスポンジを往復させる必要があります。

一見きれいに見えても、拭き上げると油膜が残っていることもあるので、きれいになるまでしっかりこすりましょう。

撥水コーティングが剥がれるので注意

油膜取りを行うと撥水コーティングは剥がれます。そのままでは雨が降った際、雨水が玉にならずダラダラと流れてしまいます。(このように水玉を作らずにガラス面を流れていく状態を親水と呼びます)

撥水加工をしたいのであれば、油膜取りが終わりきれいに吹き上げた後に施工することをオススメします。

クエン酸やお酢が効果的との声も

©klepach/stock.adobe.com

水垢は販売されているアイテムで取る方法だけではありません。日用品で売られている商品でも取り除くことができます。クエン酸やお酢がガラスの水垢に効果的だといった声もあります。

基本的に水垢はアルカリの属性を持ちます。アルカリ性に対して効果的なのが酸性です。真逆の属性を持つ物質を合わせると中和され、それぞれの特徴はかき消されてしまうことを利用できます。

ただし、汚れ具合によってはなかなか落とせないこともあります。

酸性のお酢やクエン酸は絶対にボディに付着しないように注意!

酸性であるお酢やクエン酸を使用し、水垢を落とす場合、絶対にボディに付着させないよう注意しましょう。お酢やクエン酸は塗装を痛めてしまうからです。

車のボディに酸性は天敵です。塗装だけでなく金属に対しても悪影響を及ぼします。特に塗装はデリケートな部分なので、少量でも付着したまま放置すれば塗装がはがれてしまいます。

もしボディ面に付着した場合、すぐに水で洗い流すようにしてください。お酢やクエン酸を使って水垢取りをするなら、このようなリスクもあることを理解しておきましょう。

カーシャンプーなど専用グッズで落とす

お酢よりも強力な効果で手短に車のガラスについた水垢を落としたいなら、カーシャンプーをはじめとした専用グッズを使うのもおすすめです。

お酢で水垢を落とす方法では、軽度の汚れであれば対応できるものの、長く放置されていた水垢には効果がない可能性があります。困った場面で、専用グッズを使えばしつこい汚れも時間をかけずに落とせるでしょう。

専用グッズを使うなら、あらかじめ洗車でその他の汚れを落としてから使うのが適しています。商品パッケージや付録の取扱説明書に作業の手順が示されているため、初めて車のガラスについた水垢を落とそうとしている人でも安心です。

ガラスについた汚れを落とす専用グッズの種類をリサーチしてみると以下の種類が存在します。

  • ワックス・コンパウンドタイプ
  • スポンジパッドタイプ

スポンジに液状のワックスを含ませて、ガラスの表面を磨く「ワックス・コンパウンドタイプ」と、スポンジ自体にワックスの液剤が含まれている「スポンジパッドタイプ」の2種類です。

前者はスポンジを洗えば何度も使えますが、後者は一回限りの使い捨て形式となっています。

使用する頻度や目的に合わせて、専用グッズを選んでみるとよいでしょう。

水垢取り用カーシャンプー人気おすすめランキング

5位:ウィルソン 洗う水アカシャンプー

コーティング用ワックスやメンテナンス用アイテムなどカー用品を市販している「ウイルソン」の水垢取り用カーシャンプーです。

ウイルソンが市販している商品の特徴は、ボディカラーごとに別々のカーシャンプーを用意している点です。

「ホワイト車」「ダーク&パールメタリック車」「パールホワイト&ライトメタリック車」と3種類に分かれており、ボディカラーを劣化させる心配を抑えてシャンプーを使えるメリットがあります。

4位:カーメイト 車用 水アカ鉄粉シャンプー

カーメイト(Carmate)が販売するカーシャンプーです。水垢に加え、鉄粉も除去することができます。チオグリコール酸アンモニウムという特殊な成分が鉄粉と化学反応を起こし、除去してくれます。

反応中は紫色に変色し、効果を目視できる点も魅力の一つ。全色対応しているのでどの車にも安心して使えます。

3位:プロスタッフ 水アカとり撥水WAXシャンプー

1つのグッズで洗車からワックス施工まで可能となっているシャンプーです。

「CS-T洗浄剤」「マイクロパウダー」が水垢取りに効果を発揮して、汚れを一気に落とせるとの評価を得ています。

また、「高撥水レジン」がボディに密着して被膜を作り、ボディについた水気をはじく効果が1ヵ月程度あるなど、水垢取り以外にもプラス要素が付帯しているのも注目です。

2位:CCI スマートミスト 水アカ取りシャンプ

ボディに直接スプレーするだけで洗車が楽にできるのが強みのカーシャンプーです。

泡状で見た目がわかりやすくなっており、スポンジを使って力を入れずに手を動かすだけでボディが清潔になる優秀さが魅力。

440mlの内容量で、中型サイズの車を洗車するなら約20台分使えるボリュームも強みとなっており、コストパフォーマンスの高さも注目です。

1位:シュアラスター クリーナーシャンプー S-32

シュアラスターが販売する水垢落としカーシャンプーです。軽い水垢であれば簡単に落とせます。また、ワックスや簡易コーティングをリセットするために落とす際にも効果的です。

コンパウンドも含まれているのでスポンジで洗ったあと、ボディにシャンプーが残らないようしっかりと洗い流しましょう。

水垢取り用ガラスクリーナー人気おすすめランキング

5位:リンレイ 油膜とりガラスクリーナー

リンレイの販売するガラスクリーナーです。ガラスに吹きつけ吹き上げるだけと簡単に水垢を落とせます。水垢だけでなくガラスについた手アカやタバコのヤニ汚れにも効果的です。

4位:ウィルソン ガラス用ウォータースポットクリーナー

ウィルソンが販売するガラス用のクリーナーです。クリーナーを専用のスポンジにつけ、ガラスをこすり汚れを落とします。ウロコ状の雨じみなど軽い水垢に対して効果的です。

3位:CarZoot 油膜取り ガラスクリーナー 車

CarZootが販売する油膜取りガラスクリーナーです。頑固な水垢である油膜に対して効果的であり、完全プロ仕様となっています。

水垢取り効果だけでなく、コート剤の乗りをよくする効果もあるので、「撥水コーティングがはがれてきたから、そろそろ新しくコーティングしようかな」と考えている方にピッタリな商品です。

2位:CARALL 窓ガラス用水アカとりパッド

カーオールが販売する水垢取りパッドです。従来の水垢取りと違い、専用のパッドに液剤を染み込ませているので、パッドに水をつけ軽くこするだけで水垢を落とせます。

ウロコ状の水垢に対応している商品であり、頑固な油膜にはあまり効果は期待できないので注意しましょう。車だけでなく浴室の鏡などにも使えて便利です。

1位:プロスタッフ ガラス油膜&被膜落とし剤 キイロビンゴールド

プロスタッフが販売する油膜落としです。キイロビンは油膜落としで最も有名な商品であり、従来のキイロビンよりも高い性能を持つキイロビンゴールドを販売しています。

頑固な油膜をしっかりと落とせるので、ギラギラの視界を良好にしてくれます。

[/feed-ignore]

執筆者プロフィール
長谷川 優人
長谷川 優人
1990年生まれ。30代突入と同時期にライター業を開始。日常系アニメと車好き。現在所有はワゴンR(MH95S)。アニメ作品の聖地巡礼などで、各地へドライブに出かける。
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事