MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 車検・メンテナンス > ブレーキローター(ブレーキディスク)の交換方法と交換時期|交換には資格が必要?
車検・メンテナンス

更新

ブレーキローター(ブレーキディスク)の交換方法と交換時期|交換には資格が必要?

ブレーキローター(ブレーキディスク)とは?

©Aleksei/stock.adobe.com

ブレーキローターとは、ディスクブレーキが採用されている車に取り付けられたブレーキ装置の一部です。ディスクローターなどとも呼ばれます。ローターの形状は円盤型です。

タイヤを回すシャフトに取り付けられており、車が動くとタイヤと同じように回転します。そして、タイヤが止まるとローターの回転も止まる仕組みです。

ブレーキローターの外周には、キャリパーが設置されています。キャリパーはローターの表面を前後で挟み込む形で設置されています。そして、ブレーキを踏むとキャリパー内に取り付けたブレーキパッドがローターを両サイドから押さえつけ摩擦力によりタイヤを止めるのです。

ブレーキローターを採用しているディスクブレーキの構造

ディスクブレーキは、キャリパー内に設置されたピストンを使いタイヤを止めます。先ほども伝えたように、ブレーキパッドがローターの表面を前後から押さえつけることで、摩擦力によりブレーキをかけます。

ブレーキキャリパーは油圧式を採用しているため、作動はブレーキフルードによって行われます。ブレーキペダル→ブレーキフルード→キャリパーの順に力が加わります。本来はもっと細かな装置があるのですが、大まかには上記の流れだと覚えておきましょう。

ブレーキフルードからキャリパーに力が加わることで、キャリパー内のピストンを動かし、パッドをローターに押さえつけます。ブレーキペダルを踏めば瞬時にブレーキがききはじめますが、実はこのような流れをたどっているのです。

ディスクブレーキは、家庭用の車ほぼ全てに採用されている装置です。構造や仕組みを知り、どのように作動しているか理解することで、今以上に安全な走行を心がけましょう。

ブレーキローターの寿命・交換時期

©DedMityay/stock.adobe.com

サビによるブレーキ鳴きが発生したら交換タイミング

一般的な交換のタイミングは、サビや鏡面化によるブレーキ鳴き、段付きが発生したときです。しかし数値的なブレーキローターの寿命や交換時期に関しては、乗り方や車の管理方法で変わるので走行距離や年数などではお伝えできません。

ただすぐにでも交換した方がいい状態もあります。後述しますが、ローターの限界を超えて使い続けるのはとても危険なので、サビがひどい場合や亀裂が発生しているなら交換しましょう。

摩耗限界値も目安になるが……

その他に、交換時期として一つの目安となる数値が摩耗限界値です。摩耗限界値とは、ローターが摩耗つまり、すり減ることのできる限界の数値を指します。

例えば新品で28㎜のブレーキローターがあったとしましょう。そのローターの摩耗限界値が仮に26㎜であれば、2㎜すり減った時点で交換すべきだと判断できます。

ただ、街乗りの乗用車で摩耗限界値を確認する方はほとんどいません。定期的に点検を受けている方であれば、点検者からオススメされることで交換する方がほとんどでしょう。

そのため、自分で交換時期を判断できないのであれば、一度整備工場に行き劣化具合を確認してもらうことをオススメします。

クラックが発生しているならすぐにでも交換を

ブレーキローターにクラック(亀裂やひび割れ)が発生しているのであればすぐに交換が必要です。

このような症状が出ている場合、使っているブレーキローターはかなり劣化しています。街乗りに使われている車のブレーキローターがここまで劣化することはあまりありません。

しかし、サーキット走行する車両ではこのような劣化が起こります。割れてしまうとブレーキがきかなくなり事故を起こしてしまうので、すぐにでも交換しましょう。

劣化したローターを使い続けるのは危険!

クラックが発生していなくても、劣化したブレーキローターを使い続けるのは危険です。劣化したローターを使い続けていると、制動力の低下やパッドの異常摩耗、ブレーキ鳴きの原因になったりとさまざまなトラブルが発生します。

ブレーキローターの劣化は表面がデコボコしたり、外周だけ出っ張りが発生する段付きなどとサビ以外の劣化も含まれます。加えて、表面はきれいに見えるけど、裏、つまり車の内側はサビが進行していたなんてことも。

また、サビも交換の目安とお伝えしましたが、比較的年式の新しいローターであっても、雨の影響などでサビは発生します。そのため、サビの発生=交換ということではありません。

このようにいろんな劣化具合を判断し、総合的に見て交換時期を判断する必要があります。そして、明らかに劣化がひどい場合はすぐに交換する必要があります。

しかし、長年使っているけど、見た目はきれいなのであれば一度タイヤを取り外しローター全体の劣化具合を確認しましょう。

ブレーキローター(ブレーキディスク)の交換方法

©Oleg/stock.adobe.com

ブレーキローターの交換方法は2種類あります。自分で交換する、もしくはお店にお願いする方法です。それぞれ詳しく見ていきましょう。

交換方法交換費用メリットデメリット
工場や店舗に依頼ローター代(約5000円~5万円)
+工賃(1輪約3000円~1万円)
プロに頼むので安心費用が高くつく
自分で交換するローター代のみ(約5000円~5万円)費用が安く済む取り付け方などを間違うと
事故を起こす可能性がある

①工場や店舗に依頼する

ブレーキローターの交換は、車の整備をしている認証工場、もしくは指定工場でお願いできます。最近では、ガソリンスタンドやカーショップなども車検作業を行っているので、以下に依頼できます。

  • ディーラー
  • カーショップ
  • ガソリンスタンド
  • 民間整備工場

交換費用

交換費用は以下2つが発生します。

  • 工賃・・・1輪約3,000円~1万円
  • 部品代・・・約5,000円~3万円

ここに書いている数字はあくまで目安ですが、この数字をみても幅が広いことが分かると思います。

部品代に関しては、安い汎用品であれば数千円から、ブレンボなどの有名メーカーであれば数万円する商品です。そのため、自分の予算や品質などを考えて購入しましょう。

工賃に関しても、店により値段の幅があります。例えば、カー用品店であるオートバックスに絞ってみても、1輪3,000円で作業してくれる店舗から、1輪8,000円かかってしまう店舗もあったりと、地域や店によってさまざまです。

また、ディーラーでお願いする場合も、カー用品店よりも高いものの、店により違いがあります。そのため、具体的な工賃や総額を知りたいのであれば、一度店に出向き見積もりを出してもらいましょう。

見積もりを出してもらったからといって、必ず作業しなければならないわけではないので安心してください。

メリットやデメリット

ブレーキローターの交換をお店にお願いする際のメリットやデメリットは以下のとおりです。

  • メリット・・・プロの整備士にお願いできるので安心
  • デメリット・・・工賃が発生するので交換費用が高くなる

整備工場では、プロが作業を行うため失敗がありません。しかし、工賃が発生するので交換費用の総額は万単位で高くつきます。

ブレーキローターのサビは研磨することも可能

ブレーキローターのサビは研磨することで一時的に取り除けます。整備工場では、ローターの研磨を行う専用の研磨機を持っています。そのため、表面にサビが発生し揺れの原因になっているなどの場合、研磨することで解決します。

また、ブレーキ鳴きが発生したときに、表面を研磨することでパッドとローターのあたりを変え、鳴きを止める効果も。

ただし、表面を研磨したからといって新品の状態に戻るわけではないので注意しましょう。一時的にサビなどを取り除くことはできますが、時間が経てばまた発生します。

このように、交換以外にも対処法はあります。交換か研磨、どちらにするのかはローターの状態や費用面に関わってくるので、不安なのであればプロに相談することをオススメします。

②自分で交換する

©be free/stock.adobe.com

ブレーキローターの交換は自分で行うこともできます。交換するためには、タイヤを外す作業が必ず必要になるため、車をジャッキアップする際は安全を確保して行いましょう。間違ってもジャッキだけで作業するのはNGです。

交換費用

交換費用は以下が発生します。

  • 部品代・・・約5,000円~3万円

部品代は先ほどお伝えしたように、どんなローターを選ぶかによって幅があるので、自分が納得できるブレーキローターを探しましょう。

メリットやデメリット

ブレーキローターの交換を自分で行った場合のメリットやデメリットは以下のとおりです。

  • メリット・・・工賃が発生しないので費用が安い
  • デメリット・・・交換に失敗した場合事故につながる可能性が高い

自分で交換した場合のメリットは、費用の安さですが、ただし作業に使用する工具など全て揃っている場合に限ります。もしくは、友達から借りることができるなどの場合です。

一から揃える場合、お店で頼むより割高になる可能性もあるので注意しましょう。しかし、工具は何度でも使えるので、一度購入すれば今後は買う必要がありません。この部分をメリットと考えるのか、デメリットと考えるのは自分次第です。

正解はありませんが、私はプロにお願いする方法をオススメします。その理由は後述するので、ぜひ読んでおいてください。

ブレーキローターとブレーキパッドは同時に交換したほうがいいの?

©Oleg/stock.adobe.com

ブレーキローターとブレーキパッドは、必ずしも同時に交換しなければならないわけではありません。ローターやパッドがどのような状態なのかによって変わります。

例えば、5年以上ブレーキパッドを交換せずに使い続けているのであれば、残量があったとしても熱によってパッドが劣化している可能性は高いです。熱によって劣化したパッドは、焼けてもろくなっています。エアブローするだけで割れてしまうこともあります。

いくら硬い素材のパッドでも、劣化によって強度が下がることを覚えておきましょう。このようなブレーキパッドをそのまま使い続けるのは、あまりオススメできません。そのためこのような状態であれば、ローターとパッドを同時に交換します。

また、ブレーキパッドを1年前に変えたばかりでも、ローターの状態が悪すぎて交換しないといけないこともあります。どんな場面かというと、ローターの表面のサビがひどすぎて、パッドの表面もデコボコしてしまっているなどの場合です。

いくらローターを新品にしても、ブレーキパッドのデコボコは直りません。さらにいえば、ローターを新品に変えたことで、逆にブレーキがききづらくなってしまうこともあります。

デコボコしているということは、平らな面に接触する面積が減っているということだからです。接地面積が減ると摩擦力が低下し、制動力を低下させます。

このように、ブレーキの状態によって交換した方がいいかどうかは変わるので、心配なら一度、整備工場で見てもらうといいでしょう。

ブレーキローターの交換には資格が必要?

©pongmoji/stock.adobe.com

愛車のブレーキローターを自分で交換する場合は不要

愛車のブレーキローターを自分で交換する場合、資格は必要ありません。

ブレーキローターの交換は、分解整備(現在では特定整備)に該当します。分解整備は整備士の資格が必要だと思っている方もいるかもしれませんが、資格が必要なのは仕事として賃金が発生する場合に限ります。

そのため、「自分の車の分解整備に関して資格は不要」ということだけ覚えておきましょう。

しかし、大切なことは、なぜ分解整備に作業者の条件を定めているかという点。分解整備はエンジンの分解やタイヤ脱着など、安全面に影響のある箇所の作業が該当します。

ただし、分解整備に該当するので慣れない人は止めておこう

つまり、適当に作業してしまうと、走行中に命の危険を伴う可能性があるということです。タイヤ脱着に関しても、ホイールナットを軽く締めていれば、走行中にタイヤが外れてしまうかもしれません。

ブレーキ装置に関しても、ブレーキホースを雑に扱い穴をあけてしまった場合、オイルが漏れブレーキがきかなくなってしまいます。ドライバーの安全、そして周囲の安全を守るためにこのような厳しい法律が定められていることをしっかりと理解しましょう。

自分で交換するのはとてもいいことだと思います。しかし、たかがブレーキローターなどと軽い気持ちで作業するのだけは絶対にやめてください。作業する場合、作業方法を調べ安全を確保しながら行いましょう。

ブレーキローターの交換はできればお店にお願いしよう!

この記事ではブレーキローターの交換は、プロに任せることをオススメします。理由としては、分解整備に該当する作業だからです。また、車を安全にジャッキアップできる場所をきちんと確保できるのかどうかもポイントになります。

借りている駐車場は、砂利などでデコボコしていることも多いです。そのような場所でジャッキアップしてしまうと、馬が安定せず転倒してしまう可能性もあります。

また、常に愛車をいじっている人なら、ある程度車に関して詳しいでしょうが、はじめて車を触る方がローターの交換は難易度が高すぎます。分解して元に戻せなくなることも十分に考えられますよね。

知識が不十分で、しっかり締め付けなければならないボルトを軽く締めてしまうなんて失敗も考えられます。自分一人で作業するなら、失敗しても気づきませんし確認してくれる人もいません。

なかには「定期的に点検を受けているから失敗していれば分かるだろう」と思う方もいるかもしれませんが、初心者が起こしたトラブルほど原因を探るのは難しくなります。なぜなら、普通の壊れ方をしないから。本来、絶対に触らない部分まで確認するのはプロであっても至難の業です。

そのため興味本位で作業するのはオススメしません。また、自分で交換するのであれば、事故を起こした場合も自分の責任になるということを理解しておきましょう。

どうしても交換したいのであれば、交換方法をきちんと調べ正規の方法で交換することが大切です。

【おまけ】ブレーキローターの寿命を延ばすポイント

©LIGHTFIELD STUDIOS/stock.adobe.com

ブレーキローターは、管理やブレーキの踏み方によって交換時期や寿命が変わります。ではブレーキローターの寿命を延ばすポイントを2つお教えします。

ブレーキの踏み方に注意する

常に軽くブレーキを踏んでいるようなブレーキングをしている人は、ブレーキローターの寿命を大幅に縮めているかもしれません。急ブレーキが嫌だからと、常にブレーキペダルに足をかけながら運転している人いますよね。

そのような操作では、常にパッドとローターが軽く接触している状態になっています。つまり、ブレーキがずっと熱を持っているということです。熱は劣化を加速させます。

また、鏡面化という本来ある程度、細かなデコボコが必要な部分をキレイに平らにしてしまうことで、ブレーキ鳴きの原因を発生させます。

  • ブレーキを踏むときはきちんと踏む
  • 不要な時はブレーキペダルに足を置かない
  • 下り坂ではエンジンブレーキを積極的に使う

これを意識することで、ブレーキローターの寿命を延ばすことができます。もし無意識にブレーキペダルに足を置いてしまっている人は、ぜひ今日から意識して運転するようにしましょう。

定期的に清掃を行う

ブレーキの定期的な清掃も大切です。通常、ブレーキの分解、清掃は車検時や法定点検時に行います。

しかし、車検作業をしない車検代行業者にいつも車検をお願いしていたり、ユーザー車検を通している方はブレーキの清掃を行わない人もいるでしょう。そのようなブレーキはとても汚れています。

ブレーキダストはもちろん、雨の汚れやサビなどでブレーキ自体も汚れますし、キャリパーのスライドピンの動きも悪くなってしまうのです。こうなってしまうと、簡単な清掃では汚れは落ちませんし、キャリパーやパッドの動きが悪くなることでローターのサビも加速します。結果的に、ローターの寿命を大幅に縮めてしまうのです。

そのため、もし車検時にどうしてもブレーキの清掃ができないのであれば、点検のタイミング関係なく、どこか時間を作りブレーキの清掃を行うようにしましょう。清掃は自分でもいいですし、お店でお願いしてもいいです。

ブレーキは車を安全に停止させるための重要な装置です。そのため、劣化状態を確認しながら安全に走行できるように意識しておきましょう。

ポンピングブレーキの必要性とは

エアブレーキの踏み方のコツとは?

ブレーキホースとは?

執筆者プロフィール
山北吏(つかさ)
山北吏(つかさ)
1989年生まれ。現役整備士(整備士3級)webライター。webライター歴は1年半。愛車はインプレッサ(GH8)。車に乗るなら絶対MT!実家が田舎だったこともあり山道は得意!整備士として働き始め3年目。前職は輸入業...
すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード