MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

ヤリス クロス

更新

トヨタ新型ヤリスクロスおすすめグレードは「G」!4WDがスゴイ?違いを比較

「ヤリスクロス X」はバックガイドモニターを選ぶと◎

ヤリスクロス HYBRID X(グレイッシュブルー)
HYBRID X(グレイッシュブルー)

エントリーグレード「X」は選べるオプションの数がぐっと少なくなる。車両本体価格を抑えつつ、最低限の使いやすさや安全性を担保したいのであれば、バックガイドモニター(16,500円)を選んでおこう。

駐車が苦手な人は、パノラミックビューモニター(「X」は49,500円)も検討してもいいかもしれない。

ただし、「G」とミドルグレード「X」との価格差は11万~12.4万円。前述したアルミホイールなども欲張ると、価格差が埋まってしまうので注意しよう。

「X」でおすすめのオプション

  • バックガイドモニター(16,500円)
  • パノラミックビューモニター(49,500円)

新型ヤリスクロスのエンジン、駆動方式のオススメは?

ヤリスクロス プロトタイプ

新型ヤリスクロスは、1.5Lガソリンと1.5Lハイブリッドがラインナップする。どちらも2WDと4WDを選べる仕様だ。

この1.5Lパワートレインはトヨタ初となる「1.5Lダイナミックフォースエンジン」と「1.5Lハイブリッドシステム」で、ヤリスの1.5L仕様に搭載されているものと同じ。ちなみに、ヤリスにあった1.0L仕様はヤリスクロスにはない。

街乗りメインで速い走りを求めないなら、1.5Lガソリン2WDで十分

直列3気筒1.5Lガソリンは「TNGA」に基づいた、トヨタの新世代の「ダイナミックフォースエンジン」。最高出力は120PS、最大トルクは145N・mだ。

生活の足としてならこの1.5Lガソリン&2WDでじゅうぶんだろう。後述するが、燃費性能も高い。

燃費や走りを重視する人は、1.5Lハイブリッド2WD

直列3気筒1.5Lハイブリッド専用エンジンに加え、最高出力80PS、最大トルク141N・mのモーターが追加される2WDハイブリッドは、燃費性能がとても高い。

加えて、追い越し車線での加速や高速道路走行も重視したい人にも、ハイブリッドによるパワーはおすすめできる。

雪国ドライバーやウインタースポーツ派は4WDやE-Fourもおすすめ

ヤリスクロスの4WDモデルには、駆動力・4WD・ブレーキを最適にコントロールする機能が備わっている。

これはミドルサイズSUV「RAV4」にも採用されているもので、雪道を走る機会が多いドライバーには心強い。もちろん、未舗装の道路を走るという人にもおすすめだ。

ヤリスクロスは四駆性能がスゴい!?侮りがたいトルクコントロール機能

ヤリスクロスはコンパクトなサイズから、都市型SUVと思われがちだ。

もちろん都市での使い勝手はよく、平日は街乗りメインで、週末にアウトドアに出かけるというユーザーにマッチしている。

しかし、4WD車には本格的な四駆性能が備わっている点にも注目したい。

これにより、これまではスズキ「ジムニー」「ジムニーシエラ」や、三菱「パジェロミニ」などのコンパクトオフローダーの独壇場ともいえたジャンルに、ヤリスクロスでトヨタが参戦したことがわかる。

ガソリン4WD車の主な機能

  • ダイナミックトルクコントロール
  • マルチテレインセレクト
  • SNOWモード
  • ダウンヒルアシストコントロール
ヤリスクロスのマルチテレインセレクト
マルチテレインセレクト。左右に捻ってモードを切り替える。左側には見切れているが「SNOWモード」のスイッチがある

ガソリン車は「マルチテレインセレクト」と「SNOWモード」によって、「MUD&SAND(泥や砂など滑りやすい地面)」「ROCK&DIRT(岩場や砂利など凸凹の多い地面」「SNOW(氷や雪道)」それぞれに適したトルクコントロールを実現する。

https://youtu.be/u8X4Bss1gls
動画ではマルチテレインセレクトとダウンヒルアシストコントロールの機能を確認できる

ハイブリッド車E-Fourの主な機能

  • E-Fourシステム
  • TRAILモード
  • SNOWモード
  • ばね上制振制御
  • ダウンヒルアシストコントロール
ヤリスクロスのモードスイッチ(E-Four)
モードスイッチ(E-Four)。 左右に捻ってモードを切り替える。

ヤリスクロスは、コンパクトカー用の1.5LハイブリッドパワートレインにE-Four(ハイブリッド用四駆システム)を採用。これによりハイブリッド車は「TRAILモード」と「SNOWモード」によって、滑りやすい雪道や凍った道に適したトルクコントロールを実現する。

降雪地域では4WD車が人気だが、燃費性能の高いハイブリッド4WDに悪路走破性を持たせたことで、さらに実用的な車選びができるようになったといえる。

動画ではTRAILモードとSNOWモードを確認できる

ヤリスクロスの燃費はどのくらい?

WLTCモード燃費
*km/L
ハイブリッド
FF
ハイブリッド
E-Four
ガソリン
FF
ガソリン
4WD
平均27.8
~30.8
26.0
~28.7
18.8
~20.2
17.4
~18.5
市街地モード29.4
~31.4
26.4
~29.5
14.4
~15.3
13.5
~14.2
郊外モード29.9
~33.5
27.2
~30.9
19.7
~21.3
18.0
~19.3
高速道路モード26.1
~29.0
25.1
~27.1
21.1
~22.5
19.3
~20.6

ヤリスクロスのWLTCモード燃費を記載した。ガソリン車であっても燃費は優秀だ。実燃費でも13~20km/Lが期待できる。

もちろん、ハイブリッドFF車は実燃費でも30km/Lに近い数値が期待できる。 しかし、ガソリン車との価格差は約38万円。燃料代だけで車両本体価格差の元を取ることは難しい。

ヤリスクロスの外装色は8色&グレード限定の7種類のツートーン

新型ヤリスクロスはモノトーンカラーとツートンカラー、合計15種類のボディカラーを選べる。

ヤリスクロス ボディカラー(モノトーン)

全グレードで選べるのはモノトーンカラー。全8色だ。

左列上より、

  • プラスゴールドメタリック
  • センシュアルレッドマイカ
  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • シルバーメタリック

右列上より、

  • ダークブルーマイカメタリック
  • グレイッシュブルー
  • ベージュ
  • ブラックマイカ
ボディカラー(ツートーン)

「Z」「G」ではツートンカラーも選択できる。全7種類だ。基本的には各色と黒との組み合わせ。ボディが黒の場合はルーフがゴールドとなる。

左列上より、

  • ブラックマイカ×プラスゴールドメタリック
  • ブラックマイカ×センシュアルレッドマイカ
  • ブラックマイカ×ホワイトパールクリスタルシャイン
  • ブラックマイカ×シルバーメタリック

右列上より、

  • ブラックマイカ×グレイッシュブルー
  • ブラックマイカ×ベージュ
  • プラスゴールドメタリック×ブラックマイカ

リセールバリューが高いのは「Z」だろう

トヨタ内のSUVで見ると、コンパクト路線かつ車両本体価格の安いヤリスクロスは、ハリアーやRAV4ほどはリセール価値が高くはならない。

3~5年後のリセール前提でグレードを選ぶなら、最上位グレード「Z」がおすすめだ。有利なボディカラーは、白、シルバー、黒。なかでも売れ筋カラーの「ホワイトパールクリスタルシャイン」はリセール価値が高い。

コンパクトSUVという性格上、ヤリスクロスは数年後の買い替えを視野に入れやすい車だ。家族が増えたり、子供が大きくなったりする3~5年後に、ミドルサイズSUVやミニバンに買い換えることを前提として、残価設定型クレジットを検討するのもおすすめだ。

新型トヨタ ヤリスクロスのおすすめグレードやオプションをおさらい

おすすめは「G」+リアクロストラフィックオートブレーキ

ヤリスクロス HYBRID G(ブラックマイカ×ベージュ)
HYBRID G(ブラックマイカ×ベージュ)

実用性と車両本体価格とのバランスがよいのは、ミドルグレードの「G」だ。

車内のオーディオとスマホを連携させて、カーナビや音楽を利用するのであればディスプレイオーディオ仕様でじゅうぶんだろう。

MOBY編集部は、リアの予防安全を高められるブラインドスポットモニター+リアクロストラフィックオートブレーキをおすすめする。

おすすめオプションを含む参考価格

グレード名車体本体価格オプション価格参考合計額
G ハイブリッド2,394,000円49,500円2,443,500円~
G ガソリン2,020,000円49,500円2,069,500円~

「X」おすすめのオプション:バックガイドモニター

ヤリスクロス HYBRID X(グレイッシュブルー)
HYBRID X(グレイッシュブルー)

エントリーグレード「X」は選べるオプションの数が少ない。

購入費用を抑えつつ、使いやすさや安全性を手に入れたいのであれば、バックガイドモニターだけでも選んでおくのがおすすめだ。

おすすめオプションを含む参考価格

グレード名車体本体価格オプション価格参考合計額
X ハイブリッド2,284,000円16,500円2,300,500円~
X ガソリン1,896,000円16,500円1,912,500円~

「Z」おすすめのオプション:リヤクロストラフィックオートブレーキ

ヤリスクロス HYBRID Z(ブラックマイカ×ホワイトパールクリスタルシャイン)
HYBRID Z(ブラックマイカ×ホワイトパールクリスタルシャイン)

運転席パワーシートがほしいなら、最上位グレード「Z」を選ぼう。

数年後のリセールを考えている場合は、「Z」のホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、ブラックマイカがおすすめだ。

オプションは「G」と同じく、リアの予防安全を高められるブラインドスポットモニター+リアクロストラフィックオートブレーキをおすすめする。

また、「Z」と「G」の差額は19万円なので、ライトのフルLED化や18インチアルミホイールを望むなら、「Z」を選ぶのが英断だ。

おすすめオプションを含む参考価格

グレード名車体本体価格オプション価格参考合計額
Z ハイブリッド2,584,000円49,500円2,633,500円~
Z ガソリン2,210,000円49,500円2,259,500円~

ヤリスクロスを検討している人におすすめの記事

注目の新型車情報はこちら!

最新「ヤリスクロス」中古車情報
本日の在庫数 1791台
平均価格 267万円
支払総額 169~386万円
執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード