MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > スターレット > 国民車からレースで活躍!?パブリカのスポーティ&上級モデルことトヨタ スターレット【推し車】
スターレット

更新

国民車からレースで活躍!?パブリカのスポーティ&上級モデルことトヨタ スターレット【推し車】

小さくて安くてよく走った「スターレット」の初代モデル

2ドアしかなかった2代目パブリカの上級派生版として、4ドアセダンが設定された初代スターレット(パブリカスターレット)

2023年現在、トヨタの国内向け自社製エントリーモデルは「ヤリス」ですが、改名前に3代続いた「ヴィッツ」よりさらに前には、1999年に廃止されるまで5代続いた「スターレット」が、トヨタの主力エントリーモデルでした。

単に小さくて安いだけでなく、モータースポーツでも活躍したこともあって、MOBY編集部がAIに聞いた、「30〜50代のクルマ好きが気になる名車」にも歴代スターレットはノミネートされています。

今回紹介するのはそれらのごく初期、2代目パブリカの上級版として登場した初代モデルです。

2代続いた国民車「パブリカ」のスポーティ&上級モデル

4ドアセダンといっても単純なノッチバックセダンではなく、2ドアファストバッククーペのルーフを延長、後席ドアを追加したようなスタイルだった

通産省の一部が提唱した安価で必要十分な性能を持つ「国民車構想」に対し、従来から同様のコンセプトで小型大衆車の開発を進めていたトヨタによる回答として1961年に発売された、初代「パブリカ」。

発売当初こそ、既に高度経済成長期にあって所得に余裕の出てきたユーザーに嫌われ、販売は苦戦したものの、装備や内外装を充実させたデラックス路線の改良で次第に持ち直し、1969年にはパブリカ店改めカローラ店向けエントリーモデルの2代目が登場しました。

一方、1968年に若者・女性・スポーティ層向けの新販売チャンネルとして立ち上がったトヨタオート店(現・ネッツ店)では、カローラ姉妹車の「スプリンター」よりも売りやすいエントリーモデルが求められたようです。

そこで1973年、トヨタオート店向けに2代目パブリカ派生の上級車種として登場したのが、初代「スターレット」でした。

最初はクーペ、ついで4ドアセダンも追加

セダンより数ヶ月早く登場したのは2ドアクーペで、これもパブリカにはなかったモデル

1973年4月、まず「パブリカスターレット」として登場したのは2ドアのファストバッククーペ版で、同年10月には4ドアセダンを追加、いずれもエンジンはパブリカと同じ1,000cc直4OHV(セダンKP40/クーペKP45)、同1,200cc(セダンKP42/クーペKP47)。

クーペが先行したのは、もともと初代カローラのクーペ版「カローラスプリンター」の発売から始まったトヨタオート店らしいところですが、4ドア版も単純なセダンというより、クーペのルーフを伸ばした「ファストバックセダン」といいう出で立ちでした。

そもそも2代目パブリカの方は2ドアのセダン/バン/(3ドア)/ピックアップというラインナップだったので、カローラより小さい4ドアセダンというのは、1970年発売の2代目でカローラ/スプリンターが上級移行したトヨタにとって、魅力的なモデルだったでしょう。

なお、2代目パブリカの生産を委託されていたダイハツでも、2代目パブリカの姉妹車「コンソルテ」を販売しており、パブリカスターレットと同時に2ドアクーペ、4ドアセダンを追加していますが、こちらは特に別名称を追加していません。

TSレースをはじめ、各種モータースポーツで活躍!

レースでは名車B110サニークーペGXと激闘を繰り広げたスターレットクーペだが、歴代唯一のクーペでもあった

エンジンなどメカニズムや構造面では2代目パブリカに準じた初代スターレット(発売からしばらくして「パブリカ」が外れ、独立した)ですが、一回り大きくて使い勝手がよく、直線的なデザインもウケて、まもなくパブリカに代わるヒット車種となります。

特にスターレットクーペはレースやラリー、ジムカーナにダートトライアルなどモータースポーツ向けエントリーモデルとして活躍し、TSレースでは1.2リッターOHVの3Kをベースにした1.3リッターDOHCエンジン「137E」(※)搭載車も登場!

(※通称3K-R…1.3リッター化しているため4K-Rと呼ぶ場合もあるが、137Eは3Kのボアアップ&DOHC4バルブ版であり、ボア/ストロークとも3Kから拡大した4Kとは排気量も全く異なる)

TSレースで不動の王者だった日産のB110サニークーペGXを相手にしない高性能を誇り、あまりの性能差からサニーユーザーのレースボイコットまで起きたとすら言われていますが、サニー用のA型エンジンチューンが進歩して以降は苦戦したようです。

ともあれ、この初代スターレットから始まった「小型で安価なトヨタ車でモータースポーツへ参戦する」という流れは、歴代スターレットと歴代ヴィッツを経て、現在のヤリスまで続くこととなるのでした。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】メーカー別に《推し車》を見たい方はコチラ

【推し車シリーズ】スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

【推し車シリーズ】「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード