MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > トヨタのスポーツカー21車種!現行モデルやGRスポーツ、名車・旧車まで
トヨタ

更新

トヨタのスポーツカー21車種!現行モデルやGRスポーツ、名車・旧車まで

新車で買えるトヨタのスポーツカー

1837年の創業以来、多くの実用車を生産・販売してきたトヨタは、同時に多くのスポーツカーも生み出してきました。現在トヨタの本格的なスポーツカーは、すべてGRブランドから販売されています。

86/GR 86

初代トヨタ 86

スバルとの共同開発で誕生したトヨタ 86は、低重心かつ吹き上がる水平対向エンジンと、後輪駆動を組み合わせることで、高い運動性能と操る楽しさ、カスタムする楽しさを前面に押し出したスポーツカーです。

往年の名車AE86型トヨタ カローラレビン/スプリンタートレノのコンセプトであった小型・軽量・低価格を引き継ぎ、車名もその型式番号を由来としています。

2代目GR 86

2021年10月登場の2代目は排気量が2.0Lから2.4Lに引き上げられ、高回転までしっかりと回るエンジン特性はそのままに、旧型で不足気味だった低・中回転での加速力を大幅に強化。

プラットフォームは旧来のものを流用しつつも、大幅な剛性アップと大胆なエアロダイナミクスにより操縦安定性が飛躍的に向上しています。

最新「86」中古車情報
本日の在庫数 1135台
平均価格 221万円
本体価格 88~840万円

GRスープラ

5代目トヨタ スープラとして2019年に登場したGR スープラは、BMW Z4の姉妹車として開発されたトヨタのフラッグシップスポーツカー。スープラのアイデンティティであるロングノーズ・ショートデッキスタイルはそのままに、機敏な運動性能を発揮する2シーターモデルとして生まれ変わりました。

トップグレードのRZは、伝統の直列6気筒エンジンモデルであり、搭載されたBMW製3.0L直6ターボエンジンの最高出力は387PSで、0-100km/h加速タイムは4.1秒。そのほか、出力特性が異なる2種類2.0L直列4気筒ターボエンジンを搭載したSZ・SZ-Rグレードがラインナップし、スポーツカーとしての間口が広げられています。

最新「スープラ」中古車情報
本日の在庫数 158台
平均価格 583万円
本体価格 139~1,980万円

GR ヤリス

2020年9月に登場したGR ヤリスは、世界ラリー選手権(WRC)のスーパー2000規定に準拠させて開発された生粋のラリーカーです。3ドアボディの採用に加え、溶接方法の変更などによりボディ剛性の徹底的に強化。

さらに、後方に行くほど絞り込まれた形状につくり直されたキャビンは、高速ラリーでの空力性能向上に寄与し、全幅1,805mmまで拡大された前後ブリスターフェンダーが、ラリーカーらしいワイドローフォルムと高い走行性能を生み出します。

RZおよびRCグレードに搭載される1.6L 直列3気筒ターボエンジンは、ラリーでの使用回転域の焦点を合わせて設計された専用エンジン。272PSの最高出力を発揮し、そのパワーを余すことなく路面に伝えるために、ターボモデルには電子制御センターデフと前後トルセンデフが搭載されます。

最新「GRヤリス」中古車情報
本日の在庫数 66台
平均価格 431万円
本体価格 259~572万円

トヨタ車の「GRスポーツシリーズ」

GRスポーツシリーズは、トヨタのモータースポーツチーム「GAZOO レーシング」のレース技術を応用し、市販車にスポーツチューニングを施したモデルシリーズ。パワートレインはノーマルのまま、パーツの追加・換装によって、ベース車の性能と魅力を高められているのがGRスポーツシリーズの特徴です。

ラインナップ全車に共通するのは、黒を基調としたスポーツカーらしい内装の仕立てと、空力性能とスタイリングを高めるエアロパーツの装着。車種によってはサスペンションの変更や、ボディ剛性を高める補強が施され、走行安定性能やハンドリング性能が引き上げられています。

トヨタ ハイラックス GR SPORT

トヨタ 8代目ハイラックス Z”GR SPORT” フロント

ダカールラリーに参戦しているとはいえ、スポーツとは縁遠いピックアップトラックであるトヨタ ハイラックスにも、GRスポーツモデルがラインナップしています。

ハイラックス GRスポーツは、専用デザインの前後バンパーとグリルに加え、迫力を高めるオーバーフェンダーを装着。内外装の各部に備わるGRロゴやエンブレムがスポーツモデルらしい特別感を演出します。

サスペンションは、乗り心地を高めつつステアリング応答性を高めるモノチューブショックアブソーバーを装着。別売りのバーサイドステップとスポーツタイプのカーゴケージの装着することで、さらにスポーティで個性的なハイラックに仕上がります。

最新「ハイラックス」中古車情報
本日の在庫数 428台
平均価格 362万円
本体価格 38~714万円

トヨタ ランドクルーザー GR SPORT

2021年に14年ぶりのフルモデルチェンジを果たした新型トヨタ ランドクルーザーにも、GRスポーツモデルがラインナップしました。メッキ加飾が目立つ標準ランドクルーザーに対し、GRスポーツは専用グリルやエアロパーツの装着により、スッキリとしたオフロードスポーツの雰囲気が引き出されています。

内装は、各部にGRのロゴがエンブレムがあしらわれた専用のブラック内装で、ガソリンモデルは、ブラック&ダークレッドのおしゃれな内装も選択可能です。足回りは、専用スタビライザー・コイルスプリングを装着することで、オンロード性能に特化した味付けにチューニングされています。

最新「トヨタ ランドクルーザー」中古車情報
本日の在庫数 183台
平均価格 581万円
本体価格 249~999万円

ダイハツ コペン GR SPORT

ダイハツのみならず、カスタム元であるGRでも取り扱われるコペン GRスポーツは、スポーティな雰囲気が高められたエアロパーツと、専用カラーのBBS製16インチ鍛造アルミホイールによる迫力ある外観が特徴です。さらに、専用デザインのヘッドライトおよびテールランプによって全体のスタイリングが引き締められています。

標準モデルでもオプション装着できるレカロ製シートとモモ製ステアリングは、GRロゴ入りの専用品。エンジンには一切手を加えずとも、専用サスペンションと補強パーツ、空気の流れ整えるエアスパッツのハンドリングチューンによって、コペンの魅力がさらに引き出されています。

最新「コペン」中古車情報
本日の在庫数 1063台
平均価格 111万円
本体価格 22~338万円

トヨタ C-HR GR SPORT

トヨタ C-HRには、ハイブリッドのSグレードと、ターボエンジン+6速MTのS-Tグレードの両方にGRスポーツモデルが設定されています。バンパーやアンダーガードなどの外装は、ノーマルのイメージを大きく変える大胆な造形に改められ、別売り追加エアロパーツとマフラーの装着すれば、チューニングカーのような雰囲気がさらに際立ちます。

内装は、ブラック&シルバーステッチの専用シートに加え、各部にピアノブラック加飾が追加されたスポーティなデザインに。ニュルブルクリンクで鍛えられたC-HRの走りをさらに高める、サスペンションキットとスタビライザー、補強パーツも装着されます。

最新「C-HR」中古車情報
本日の在庫数 2685台
平均価格 212万円
本体価格 125~440万円

トヨタ プリウス PHV GR SPORT

標準でもスポーツカーのようなスタイリングが特徴のトヨタ プリウス PHVではあるものの、GRの手にかかれば、さらに精悍なスタイリングに変わります。専用デザインのエアロバンパーは、プリウス PHVのシャープなヘッドライト形状と非常によくマッチしたマッチした優れたデザインです。

内装は、ブラックを基調にシルバーステッチが施された専用シートとステアリングが装着され、各部にピアノブラックとダークメッキの加飾が追加。さらに、GRロゴ入り専用タコメーターも装備されます。足回りは13mmローダウンする専用サスペンションと、フロアの補強によって、スタイリングに劣らないシャープなハンドリングが与えられています。

最新「プリウスPHV」中古車情報
本日の在庫数 587台
平均価格 237万円
本体価格 40~425万円

トヨタ ノア GR SPORT/ヴォクシー GR SPORT

トヨタ ノア GRスポーツ

ファミリー向けミニバンであるノアとヴォクシーのGRスポーツモデルは、スポーティな走りと雰囲気引き出ししつつ、ミニバンとしての使い勝手を損なわないように配慮された専用チューニングが特徴です。

外観はアグレッシブなデザインの大型前後バンパーとサイドステップパネルを装備。内装はドア内張りまでもが高級感あるスエード調に変更され、内装各部がブラック内装&シルバーステッチで統一された一貫性のあるデザインに改められます。

トヨタ ヴォクシー GRスポーツ

フロアの補強と専用ローダウンサスペンションキットにより走りを改善したうえで、ブレーキもしっかりと強化。とくに走行フィーリングを大きく変える、パワーステアリングとマフラーサウンドのリセッティングはGRでなければなしえない仕事です。

最新「ノア」中古車情報
本日の在庫数 3520台
平均価格 156万円
本体価格 9~389万円

トヨタのスポーツカーの名車・旧車

トヨタ スポーツ800

トヨタ スポーツ800は、1965年から1969年まで製造されたトヨタ初のスポーツカーです。車名は搭載された790ccの空冷水平対向2気筒OHVエンジンに由来し、ヨタハチの愛称で親しまれました。

スポーツ800の小さく、卵のような曲面ボディは、航空機の空力理論を応用した結果の産物です。1966年の第1回鈴鹿500kmレースでは、最大のライバルであるホンダ S600よりも非力ながら、徹底した空気抵抗の低減と軽量化による燃費性能の高さで圧勝しました。

最高出力がわずか45PSしかないスポーツ800が記録した最高速度155km/hは、当時のライトウェイトスポーツカーとしては世界トップクラス。トヨタ スポーツ800の栄光は、パワーロスを抑えてパフォーマンスを高める考え方がまだ珍しかった時代の逸話です。

最新「スポーツ800」中古車情報
本日の在庫数 3台
平均価格 525万円
本体価格 478~598万円

トヨタ 2000GT

1967〜1970年までの間で337台が製造されたトヨタ 2000GTは、日本初のスーパースポーツカーといえる存在です。

ダブルウィッシュボーンサスペンションや4輪ディスクブレーキなど、当時最新の技術が惜しみなく投入され、空気抵抗を徹底的に低めた曲面ボディと、150PSを発揮する2.0L直列6気筒DOHCエンジンによって、最高速度は当時の世界記録となる220km/hをマークしました。

インパネにはピアノ材として使われるローズウッドが使用するなど、楽器メーカーでもあるヤマハを強調する豪華な内装もスーパースポーツカーに相応しく、新車価格は現在の物価換算で2,000万円ほどでました。1967年公開の『007は二度死ぬ』でジェームズ・ボンドが乗った唯一の日本車としても2000GTは有名です。

{"status":404,"message":"NotFound \u63b2\u8f09\u7d42\u4e86."}

AE86型 トヨタ カローラレビン/スプリンタートレノ

トヨタ カローラレビン

ハチロクことAE86型トヨタ カローラレビン/スプリンタートレノは、1983〜1987年まで生産されていたスポーツクーペ。高出力を誇った1.6L直列4気筒DOHCエンジン搭載に加え、FFに移行しかけていた時代に登場したFRであったこともあって、AE86はレース・ラリー・ジムカーナ・ドリフトなど、多くのモータースポーツで大活躍しました。

さらに、漫画「イニシャルD」にハチロクが登場したことで爆発的に人気が高まり、中古車価格はさらに高騰。ハチロクは名車として、現在でも異常ともいえるほど高い人気を維持しています。軽量・安価で運転が楽しめるうえ、アフターパーツが多くカスタムしやすいハチロクのコンセプトはトヨタ 86に受け継がれています。

最新「86」中古車情報
本日の在庫数 1135台
平均価格 221万円
本体価格 88~840万円

A80型 トヨタ スープラ

トヨタ スープラとして独立したのは1986年に登場した3代目A70型スープラからです。それ以前は6気筒エンジンを搭載したトヨタ セリカXXとして販売され、スープラという車名は北米モデルの名称でした。

歴代スープラのなかでも名車と呼ぶに相応しいのは、1993年に登場した4代目A80型スープラ。とくに2JZ-GTE型3.0L直列6気筒ツインターボエンジンを搭載したRZグレードはモンスターマシンと呼ぶに相応しい性能を発揮しました。

また、その大出力を受け止められるシャシーのポテンシャルや、流麗なスタイリングによる空力性能の高さもA80型スープラの特筆点です。A80型は全日本GT選手権や、映画「ワイルド・スピード」での活躍もあって、新型が登場した現在でも世界中で大人気です。

最新「スープラ」中古車情報
本日の在庫数 158台
平均価格 583万円
本体価格 139~1,980万円

ST185型 トヨタ セリカ GT-FOUR

©herraez/stock.adobe.com

世界ラリー選手権(WRC)で戦うために生み出されたトヨタ セリカ GT-FOURは、スペシャリティクーペとして誕生したセリカの4〜6代目に設定されたフルタイム4WDモデルです。

なかでも、1989年に登場した5代目セリカは、ニューエアロフォルムと呼ばれる曲面を多用した斬新なデザインが話題を呼んだことに加え、WRCで2年連続でマニュファクチャラーズおよびドライバーズタイトルの二冠を獲得。5代目セリカは、90年代のトヨタWRCの栄光を飾った名車です。

ラリーベース車両の元となった5代目ST185型セリカ GT-FOURは、225PSを発揮するヤマハ製3S-GTE型2.0L直列4気筒ターボエンジンを搭載。リアデフには日本初のトルクセンシングLSDを装備したことで、FFベースながら後輪を駆使して曲がり込む4WD特性を実現していました。

最新「セリカ」中古車情報
本日の在庫数 189台
平均価格 108万円
本体価格 17~500万円

AW型・SW20型 トヨタ MR2

AW11型 トヨタ MR2
SW20型 トヨタ MR2

日本初の量産型ミッドシップスポーツカーとして誕生した初代AW型トヨタ MR2は、カローラのシャシーを流用することで、安価ながら優れたハンドリングを実現したスポーツカーとして評価された名車。初代は1984年に日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

一方、1989年に登場した2代目SW20型は、エンジンのパワーアップとボディの大型化を果たすも、貧弱な足回りにより危険なスポーツカーとして酷評をうけた迷車です。しかし、2度のマイナーチェンジを受けた3型以降のモデルは相応しい性能にアップデートされ、見事スポーツカーとしての復権を果たしました。

ミッドシップレイアウトならではの、シャープなハンドリングと独特なスタイリングを低価格で実現したトヨタ MR2は、AW型・SW型ともに現在でもファンが多い人気のスポーツカーです。

最新「MR2」中古車情報
本日の在庫数 76台
平均価格 213万円
本体価格 73~600万円

今後登場が期待されるトヨタの新型スポーツカー

トヨタ 86に続きスープラの復活、そして世界ラリー選手権への復帰と、現在のトヨタはスポーツカー開発に意欲的です。トヨタではスープラ・セリカ・MR2を「ザ・スリーブラザーズ」と呼んでおり、市場の状況が許すなら、これら3台の車はセットでの復活が濃厚でしょう。

事実、トヨタのチーフエンジニアを務める甲斐将行氏は「スープラの次はセリカとMR2」と海外のニュースインタビューでコメントしており、スープラが登場した現在は、次期MR2とセリカの登場が期待されます。

MR2

次期MR2予想CG

トヨタはミッドシップスポーツカーの開発に意欲的であり、以前からMR2の復活が噂されています。GR スープラの開発責任者を務めたトヨタの多田哲哉氏は「MR2ではポルシェとパートナーシップを組むことが理想だ」とコメントしており、MR2復活計画案の存在をほのめかしていました。

また、スバルが計画している新型ミッドシップスポーツカーと車体共有をしてMR2が復活するという噂がある一方、かつてトヨタがエンジン供給を行っていたミッドシップスポーツカーの名門ロータスとの関係も見落とせません。

セリカ

次期セリカ予想CG

「スープラの次はセリカとMR2」というトヨタの甲斐将行氏の発言を裏付けるように、トヨタは米国特許商標庁に、失効していた「セリカ(Celica)」の商標を再登録しています。

現在のGRラインナップには、FFスポーツモデルの空きがあります。また、世界ラリー選手権の2022年新レギュレーションではハイブリッドシステムが導入されるため、GR ヤリスの後を受け継ぐハイブリッドスポーツカーとしてセリカ GT-FOURが登場しても不思議ではありません。

ヤリス GRMN

出典:autoevolution.com

スポーツカー開発の聖地ドイツ・ニュルブルクリンクで、大型リアウウィングやフロントカナードが装着されたGR ヤリスが目撃されています。このヤリスは、過激なチューニングが施された限定生産モデルGRMNのテスト車両である可能性が高いでしょう。

MNとは「マイスター・オブ・ニュルブルクリンク」の略称で、これまでにもターボやスーパーチャージャーが追加されたヴィッツや、エンジン内部まで手が加えられたマークX、樹脂ウィンドウやカーボンパーツが多用された86などが登場しています。

ヤリスGRMNの最高出力は300PS程度と予想され、登場は2022年になると見込まれています。

最新「ヤリス」中古車情報
本日の在庫数 511台
平均価格 173万円
本体価格 100~339万円

日産スポーツカーは世界に挑戦し続けている

トヨタの高級車を価格順ランキング!

トヨタの新型車、モデルチェンジのスクープ、最新リーク情報!

執筆者プロフィール
伊藤友春
伊藤友春
1981年生まれ。自動車専門Webライターとして執筆活動中。自動車の構造に明るく、ほとんどの整備や修理をDIYでこなす。輸入車・コンパクトカー・変わったデザインやコンセプトの車が好きで、現在の愛車はその最た...
すべての画像を見る (21枚)

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード