MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ハリアー > トヨタ新型ハリアーvs日産 エクストレイル|SUVライバル車比較
ハリアー

更新

トヨタ新型ハリアーvs日産 エクストレイル|SUVライバル車比較

2020年に発売開始となったトヨタ新型ハリアーと、日産 エクストレイルを比較。先進安全・予防安全装備の違いや、3列シート車、エンジンスペック、ファミリーにおすすめのポイントなど、車選びのポイントを紹介する。

トヨタ新型ハリアーvs日産 エクストレイル|ファミリー向けはどっち?

ハリアー Z レザーパッケージ(ホワイトパールクリスタルシャイン)
ハリアー Z レザーパッケージ

トヨタ新型ハリアーはスタイリッシュなデザインや高級感がカッコイイ。編集部調査では女性陣の支持も熱いことがわかり、家族でのドライブにもおすすめのSUVとして推せるモデルだ。

エクストレイル 20Xi エクストリーマーX
エクストレイル 20Xi エクストリーマーX

日産 エクストレイルもファミリーユースカーとしても人気だ。3列シートモデルはミニバンのような使い方もでき、ドライブだけでなくアウトドアでも活躍できる。

トヨタハリアーと日産エクストレイルの主要装備・注目装備を比較

純正ナビ・オーディオ

トヨタ新型ハリアーがグレードによって「ディスプレイオーディオ」か、純正ナビ「T-Connect SDナビ」が選択できるのに対し、エクストレイルはナビやオーディオ本体自体はオプションとなる。純正ナビ「NissanConnectナビシステム」はオプションであるし、何も選択しない場合はオーディオも付属しない。

ハリアー T-Connect SDナビ
ハリアー T-Connect SDナビ。ダッシュボードからはみ出る大型モニターだ

日産はナビを取り付けることを前提とした、「日産オリジナルナビ取付パッケージ」というセット商品をエクストレイルの標準装備としている。バックビューモニター(リアカメラ)をオプション選択する場合は必須オプションだ。

エクストレイルのインテリア
エクストレイルのフロンシート。ナビ・オーディオはインパネ内に収まる

駐車支援オプションには、さらに手厚いインテリジェント アラウンドビューモニターやインテリジェント パーキングアシストがあるので「先進安全装備・予防安全性能を比較」の見出しで詳しく解説する。

本革シートは両車選択可能

本革シートの選択はどちらもグレード選択時に可能。新型ハリアーは「レザーパッケージ」が「Z」「G」で、エクストレイルは「レザーエディション」が「20Xi」で選択できる。

ハリアー Z レザーパッケージ(ブラウン内装)
ハリアー Z レザーパッケージ(ブラウン内装)
エクストレイル 20Xi レザーエディション(4WD) 内装色 タン〈Z〉
エクストレイル 20Xi レザーエディション(内装色 タン〈Z〉)

サンルーフは両車オプション設定

新型ハリアーはハイグレード「Z」のみ「調光パノラマルーフ」を選択できる。

ハリアー 調光パノラマルーフ(調光状態/透過状態)
ハリアー 調光パノラマルーフ(調光状態/透過状態)

これはサンシェードを開けたままでもガラスの透過程度を調整できる、トヨタ初採用のサンルーフ。調光状態に切り替えることで、障子越しのようなやわらかな光を取り入れることができる。

エクストレイルはハイグレード「20Xi」のみ「パノラミックガラスルーフ」を選択できる。

トヨタハリアーと日産エクストレイルのボディサイズを比較

ハリアーエクストレイル
全長(mm)4,7404,690
全幅(mm)1,8551,820
全高(mm)1,6601,730~1,740
車両重量(kg)1,530~1,7501,510~1,660
定員(人)55/7

エクストレイルは新型ハリアーよりもコンパクトだが、3列7人乗りがラインナップする。

エクストレイル 20X 3列シート
エクストレイル 20Xの3列シート

エクストレイルの方が車内が広く、ファミリーユース向け

ハリアーエクストレイル
室内長(mm)1,8802,055~2,555
室内幅(mm)1,5201,535
室内高(mm)1,2151,220~1,270

エクストレイルは全高が高く、車内が広い。大人数や大荷物を乗せるならエクストレイルがおすすめだ。新型ハリアーよりもファミリーカーとしての使い勝手がよいだろう。

エクストレイル 20X 2列シート
エクストレイル 20X 2列シートに荷物を詰め込んだ様子。

トヨタハリアーと日産エクストレイルの先進安全装備・予防安全性能を比較

新型ハリアーはトヨタの先進安全装備「トヨタセーフティーセンス」を標準装備としている。エクストレイルは日産の先進安全技術「プロパイロット」を採用しているが、全グレード標準装備ではない。

以下に、両車の主な安全装備をまとめた。

※◯=全車標準搭載、△=一部グレードではオプション、×=純正オプションなし

ハリアーエクストレイル
アクセル&ブレーキ&ハンドル制御
先行車への追従走行
はみだし抑制
ふらつき検知
衝突軽減ブレーキ
低速時・近距離衝突軽減ブレーキ×
ブラインドスポットモニター
前方 誤発進抑制制御×
後方ブレーキ支援×
後退時警戒支援
防眩ハイビーム自動制御×
スマートミラー
アラウンドビューモニター

標準装備の手厚さ、オプションによるさらなる安心感があるのは新型ハリアー

ハリアー Z レザーパッケージ(プレシャスブラックパール)
ハリアー Z レザーパッケージ(プレシャスブラックパール)

新型ハリアーは安全機能、運転支援システムの両方で、エクストレイルよりも安心感があると言える。

さらに、表内で△となっている装備・機能は、防眩ハイビーム自動制御機能「アダプティブハイビーム」以外は全グレードでオプション選択が可能だ。(「S」のみ選択不可)

特に、後方安全性を高める「リアクロストラフィックオートブレーキ」の選択がおすすめだ(最上位グレードの「Z」では標準装備)。上表の「ブラインドスポットモニター」「後方ブレーキ支援」「後退時警戒支援」をカバーできる。

エクストレイルはプロパイロット標準装備の20Xiがおすすめ

エクストレイル 20Xi(4WD) ボディカラー シャイニングブルー(PM) 〈#RAW・スクラッチシールド〉 内装色 ブラック〈G〉
エクストレイル 20Xi

日産の先進安全技術「プロパイロット」は、エクストレイルのエントリーグレード「20S」には非搭載。オプション選択も不可なので、プロパイロット標準装備の「20Xi」がおすすめだ。

20Xiは、それ以外にも車線逸脱防止支援システムや、後方&後退時車両検知警報が標準装備となる。

また、エクストレイルのプロパイロットは手放し運転には対応していないので注意しよう。ハンズオフ走行可能な「プロパイロット2.0」についてはこちらで解説している。

エクストレイルはセットオプションをうまく選ぼう

エクストレイルは安全機能や運転支援機能がセットになったオプションがお得。中でも以下2セットのうち、どちらかを選択するのがおすすめだ。(セット名は編集部命名)

クルコン+手厚い駐車サポートセット【初心者ドライバーにもおすすめ】

  • インテリジェント アラウンドビューモニター
  • インテリジェント パーキングアシスト
  • インテリジェント ルームミラー(スマートミラー)
  • クルーズコントロール+ステアリングスイッチ
  • NissanConnectナビシステム
  • ふらつき警報

最低限のセット【ナビは欲しいけどそれ以外はなくてもOKな人】

  • インテリジェント パーキングアシスト
  • NissanConnectナビシステム
  • ふらつき警報
エクストレイル インテリジェント パーキングアシスト
エクストレイルのインテリジェント パーキングアシストは、駐車スペースを指定すると車がハンドル操作を自動制御してくれるもの。ドライバーはアクセルとブレーキ操作のみを行う。新型ハリアーにも同様の機能がある。

すべての画像を見る (15枚)

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

関連キーワード