MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スバル > XV > スバル XVがマイナーチェンジで発売!ハイブリッドの「e-BOXER(eボクサー)」追加で変更点は?
XV

更新

スバル XVがマイナーチェンジで発売!ハイブリッドの「e-BOXER(eボクサー)」追加で変更点は?

スバル XVがマイナーチェンジして10月19日発売!

スバル 新型XV

スバル新型XV

新たに追加されたe-BOXER

スバル新型XV

2018年10月11日、スバルのコンパクトクロスオーバーSUV「スバル XV」のマイナーチェンジが発表され、同月19日に発売されました。

今回のマイナーチェンジの最大のトピックは、新グレード「アドバンス」の追加。このグレードには、新開発ハイブリッドパワートレインである「e-BOXEReボクサー)」が搭載されます。新型フォレスターに続く2車種目の採用となります。

また、新グレード「アドバンス」では、専用ボディカラー「ラグーンブルー・パール」の採用に加え、外装の専用装備やブルー内装の採用など、特別感を感じさせるスタイルに仕上がっています。

新車で買えるスバルのハイブリッドカー【2019年最新情報】

他の主な改良ポイント

「アドバンス」の追加以外にも、後退時自動ブレーキシステムの標準装備(一部のグレードを除く)や、アイサイトセイフティプラスにサイドビューモニター機能の追加、オートビークルホールド機能の追加など「総合安全性能」が一層高められています。

ただ、全体的に他に目立った変更点はなく、今回は若干の年次改良にとどまりました。

新型XVの新車車両価格

新型XVの車両価格は最安価グレードの「1.6i アイサイト」で約214万円〜、今回新たに追加され最上級グレードである「アドバンス」が約283万円〜となります。

「アドバンス」の車両価格は、新開発のハイブリッドユニットが搭載されることを踏まえると、妥当であると言えます。

スバルの新型車についてはこちら

スバルの新型車・モデルチェンジ全情報【2018-2019年最新版】

スバル初!ミッドシップ新型ハイブリッドスポーツカーの外装デザイン予想CG!噂を徹底検証

スバル新型レガシィB4 2019年にフルモデルチェンジか!新開発ターボエンジンを搭載?

すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード