MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スバル > XV > スバル クロストレック(XV)新型2021年型、マイナーチェンジで顔付き変わる
XV

更新

スバル クロストレック(XV)新型2021年型、マイナーチェンジで顔付き変わる

米国スバルは6月9日にクロストレック(日本名:XV)の2021年モデルを公式発表しました。

フロントマスクにデザイン変更

2021年型 クロストレック
フロントとボディサイド
2021年型 クロストレック

2021年モデルは、フロントグリル、バンバー、フォグランプまわりのデザインが変更されました。下の画像は2021年モデル。比較してご覧ください。

スバル クロストレック 2020年モデル
スバル クロストレック 2020年モデル
2021年モデルは、フロントグリルのメッキの部分が少し太くなった。

下の画像は日本国内で販売されている「XV」現行モデル。クロストレックと比較すると若干マイルドな印象です。

スバル XV 現行モデル

パワートレイン

北米仕様のメインモデルでは、最高出力152馬力、最大トルク20kgmを発生する水平対向4気筒エンジンを搭載、6速MTが標準、オプションでリニアトロニック(CVT)が選べるようになっています。

ちなみに国内モデル「XV」の2.0Lエンジンの最高出力は145ps、最大トルク19.2kgf·mと北米仕様の方が若干ハイパワー、トランスミッションはリニアトロニック(CVT)のみの設定という違いがあります。また、XVには、1.6Lエンジンがラインナップされています。

クロストレックの上級グレードには、国内モデルではアウトバックに搭載されている水平対向2.5Lボクサーエンジンが搭載されています。このエンジンの最高出力は182馬力となっており、XVにはないラインナップとなります。

最新版アイサイト、「STARLINK」インフォテインメントシステムを装備

2021年モデルのクロストレックには、バージョンアップされた予防安全技術「アイサイト」に、「STARLINK 8.0インチマルチメディアシステム」を採用、Apple CarplayAndroid AUTOが使用可能なインフォテインメントシステムを装備されるようになりました。

「SUBARU XV」のマイナーチェンジはいつ?

今のところ、XVのマイナーチェンジについての情報は入ってきていません。新型クロストレックは、北米市場向けのみのマイナーチェンジで日本仕様のマイナーチェンジとは直接的な関係性がなさそうですが、時期的に2021年中に何らかのマイナーチェンジが実施されても不思議ではないでしょう。

※スバルの新型車デビュー予想、スクープ情報をこちらの記事からまとめてご覧ください。

*この記事等で使用されている業界専門用語解説はこちら
スパイショットワールドプレミア次期新型・改良新型・フルモデルチェンジ・マイナーチェンジ

「ディーラーで聞いたよ!」など読者からの新型車情報提供はこちらから。

すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード